植物企画展

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。

ホームページはただいま準備中となっております。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお待ちくださいませ。
お問い合わせ先 043-277-8776

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1712006 三陽ミュージアム 見頃の花(12月21日)

三陽ミュージアムでは、現在「フローラルクリスマス」を開催しております。クリスマスの飾りつけもいよいよ24日(日)まででおしまいです。この機会に、花でいっぱいのクリスマス空間をご覧くださいませ。

 なお、館内では土・日曜日の夕方にキャンドルを点灯しています。16時ごろ、薄暗くなってから点灯を始めますので、ぜひお楽しみください。

 外の花壇では、ビオラやパンジーのほかに、冬咲きの菜の花が咲き始めました。宿根草の花壇などはどうしても寂しくなってくる季節ですが、散策するとエリカやギョリュウバイ、ヒイラギナンテンなど、冬に咲く低木の花々がご覧いただけますので、この時期に咲く花を探してみてください。



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムの花壇は、「フラワーアンティークチャペル」というテーマで展示を行っています。乗って写真が撮れる、木製のトナカイが引くソリや、トナカイの飾り、白い木の教会など、クリスマスらしく素敵な展示です。
 171221_01

 171221_02

 171221_03

 171221_04
 花壇では、ポインセチアやシクラメン、クリスマスベゴニアなど、この季節らしい植物が、クリスマスの飾りと一緒に楽しめます。
 


[植物企画展]
 アトリウム中庭側の窓際で、植物企画展の「ポインセチア&クリスマスフラワー展」を開催しています。
 ポインセチアのたくさんの園芸品種や、クリスマスにちなんだ名前の植物、植物を使った飾りなど、解説とともにご覧いただけます。
 171221_05
 ポインセチアだけでも20種ほどを展示中です。色あい、苞の形など、同じポインセチアでもさまざまです。見比べてお楽しみいただけます。

 171221_06
 クリスマスの飾りなども紹介しているこのコーナーから、品種名にクリスマスとつく植物をひとつご紹介しましょう。

【エリカ "クリスマスパレード"】 ツツジ科 エリカ属
 エリカの交雑種「エリカ・ヒエマリス(Erica × hiemalis)」の園芸品種とされるエリカです。株は横には広がらず、コンパクトにまとまります。針葉樹のように、細くとがった葉が茎を囲むようにつきます。横向きに、3cmほどの細長い筒型の花をつけます。花色は桃色です。細かい毛が生えており、柔らかそうな印象です。
 171221_07



[中庭]
【ビオラ "バニーイヤーズ"】 スミレ科 スミレ属
 品種名のとおり、上の花弁が細長く、ウサギの耳のような形になるビオラです。丸みのある花が多いビオラの中では特殊な形で、近くで見ると面白いです。
 171221_10
 
 171221_08
 園路沿いで見られます。
 このほかにも中庭では、プリムラ、ストック、ハボタン、キンギョソウなどなど、冬の寒さに負けない花々や、前回ご紹介した「ハイカンツバキ」などが見頃です。

 171221_09
 花壇のハボタンとプリムラです。内側のハボタンは草丈が高いため、足元にプリムラが植わっているような形になり、立体的にも楽しめる植栽です。

 171221_11
 温室内で咲き始めた花が、中庭からよく見えます。「ドンベヤ」と「ウコンラッパバナ」、どちらも冬に咲く花々です。



[温室]
【メディニラ アラタ】 ノボタン科 メディニラ属
 メディニラはノボタン科の低木です。この「アラタ」種(Medinilla alata)は、図鑑にも詳細が載っておらず、最近になって日本に導入された花かと思います。当館では、数年前に植えた小さな株ですが、花をつけました。花序(花のあつまり)は15cmほどの長さで、垂れ下がります。ひとつずつの花の直径は2cmほどで、白色、透明感があります。
 171221_12

 171221_13
 温室1階、階段のそばの通路沿いで咲いています。これから咲き進むのが楽しみですね!



[キッチンガーデン]
 キッチンガーデンでは、普段目にすることのない野菜の花が見られます。
 171221_14
 こちらの花ですが、さて何の花でしょう。

 葉っぱはこちら
 171221_15
 答えは、「リーフレタス」です! 
 レタスはキク科の植物で、花もキク科らしい花なのでした。なかなか見られないと思いますので、お越しの際にはぜひ見てください。
 
 171221_16
 写真では右奥の青い囲いの中に植えてあります。 



[前庭]
 前庭では、冬咲きの菜の花が咲き始めています。
 171221_17
 冬でも元気に咲く菜の花、見頃は1月になりそうです。

 171221_18
 早咲きのスイセンや、晩秋から冬にかけて咲く「レオノチスセージ」も近くの花壇で見られます。

【ギョリュウバイ】 フトモモ科 レプトスペルマム属
 オーストラリアやニュージーランドが原産の常緑の低木で、それほど耐寒性は強くないようですが、当館では庭植えでそのまま越冬し、通常、晩秋から春に開花します。八重咲きの園芸品種が「ギョリュウバイ」の名前で流通します。株いっぱいに小さな花をつけるので、株全体が色づいたようになり、冬になって花が少なくなった時期に、特に楽しめます。
 赤、桃、白などの花色がありますが、前庭では桃花と赤花の品種が一緒に植えてあります。
 171221_19
 
 171221_20
 前庭のものは2mをこえるような大きさに育っています。

1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)

 三陽ミュージアムでは、現在フェア「フローラルクリスマス」を開催中です。
 クリスマスミュージックが流れる館内で、たくさんの花に囲まれたクリスマスの空間をどうぞお楽しみください。
 
 今回は、現在の館内の様子を中心に、写真でご案内します。
 週末にはコンサートや体験教室の予定もあります。たくさんのお客様のお越しをお待ちしております!



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムでは「フラワーアンティークチャペル」のテーマでクリスマスの花壇を展示中です。
 白い教会を中心に、美しい花々で飾られた花壇をお楽しみください。
 
 DSC_0002

 DSC_0004
 季節の花々が花壇を彩っています。

 DSC_0006
 教会と白い木でできたトナカイが今回の展示のポイントになっています。

 DSC_0007
 夕方5時まで開館していますが、暗くなってきた時間帯には、また違った表情の花壇を楽しめますよ!!

 また、花壇ではありませんが、アトリウム2階の常設展示室や通路の広くなったコーナーにも、クリスマスの装飾がしてあります。
 DSC_0069

 DSC_0076
 たくさんのサンタさんと、記念撮影をどうぞ! 

[植物企画展]
 アトリウムの窓際で「ポインセチア&クリスマスフラワー展」を開催中です。たくさんの種類があるポインセチアや、その他この時期を彩る花々を、解説と合わせてお楽しみください。
 DSC_0011
 


[中庭]
 中庭では、冬の花々が見られます。
 DSC_0013

 DSC_0014
 これからの季節も咲き続ける、ビオラ、ストック、キンセンカなどが花壇の主役です。

 DSC_0017
 今年は中庭の「ハイカンツバキ(這寒椿)」がとてもたくさんの花をつけています。低木ながら、株いっぱいに花をつけて、目を引きます。



[温室]
 熱帯、亜熱帯地域のいろいろな植物が楽しめます。
 DSC_0026
 緑がいっぱいで、癒される空間です。

 DSC_0035
 現在は、階段の一番上のあたりで、「ウナズキヒメフヨウ」が咲いています。赤い花のトンネルのようで、オススメのスポットになっています。お越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてください。
 

1712002 三陽ミュージアム 見頃の花(12月6日)

 三陽ミュージアムでは、「フローラルクリスマス」を開催しております。12月に入り、街中もクリスマスの飾りでいっぱいになる季節になりましたが、当館では花でいっぱいのクリスマス花壇を館内でご覧いただけます。
 館内はお天気に関わらず暖かくなっていますので、どうぞごゆっくりお過ごしください。

 屋外の花壇はビオラやパンジーの花がどんどん咲いてきて、色鮮やかで香りの良い花々が楽しめるようになりました。ローズガーデンでは秋のバラがまだ少し見られます。

 それでは、今回は屋外花壇の様子から、見頃の花々をご案内します。



[前庭]
 噴水花壇はビオラやパンジーを使って、水玉模様になっています。
 花が咲きそろってきて、上からみると模様がくっきりとわかるようになってきました。
 171206_01
 近くに寄ると良い香りがします。

 171206_02
 館内2階の展望デッキからは、模様がよく見えます。


 171206_03
 こちらは前庭のレストラン側にある丸花壇です。ビオラを使って、大きなビオラの花のデザインになっています。 

 171206_04
 エントランスからもきれいな花をご紹介しましょう。

【シコンノボタン】 ノボタン科 ティボウキナ属
 ペルー原産の常緑低木で、直径7cmほどの紫色の花が咲きます。茎や葉に軟毛があるのが特徴で、長さ10cmほどの葉はやや肉厚です。大きな、あでやかな花が目を引きます。
 171206_05



[ローズガーデン]
 秋のバラが、まだいくらか咲いています。
 171206_06
 花数はずいぶん減ってきましたが、美しい花もまだちらほら見られます。

 171206_07
 運動広場に近いほうの、葉を落とした桜の木のうしろでは、マホニア(ヒイラギナンテン)の黄色い花が見られるようになりました。

 171206_08
 温室側の斜面ではハゼノキが真っ赤に紅葉し、散り始めています。


 
[アトリウムフラワーガーデン]
 館内のアトリウムでは、クリスマスの花壇を展示中です。写真撮影にぴったりのフォトスポットもたくさんありますよ!どうぞ、お楽しみください。
 171206_09
 花壇にはクリスマスの時期ならではのポインセチアや、シクラメン、ハボタンなど冬の花々が植わっています。
 写真の花壇は、裏側からソリに乗れるようになっています。

 171206_10
 通路沿いの花壇にも白いトナカイが並びます。シラカバの枝から雪が降るような飾り付けです。

 171206_11
 中央の花壇には白い教会があり、中に入れます。

 171206_12
 モミの木の飾りは温かみのある赤や金色です。この花壇も、足元はポインセチアやシクラメンで彩られています。

【クリスマスベゴニア "ピーターソン"】 シュウカイドウ科 ベゴニア属
 1891年に発表されたベゴニアの交配種が最初になったベゴニアで、花の時期から「クリスマスベゴニア」、また古くは作出者の名前から「ローレーン系ベゴニア」と呼ばれていた時期もあります。冬に鉢花として出回ります。花色が赤、桃、白などの園芸品種があります。この「ピーターソン」は、花色は濃桃色、葉の色も赤いのが特徴です。
 171206_13

 171206_14
 2階の通路から見下ろしても教会の花壇をお楽しみいただけます。上から見ても、雰囲気が違ってきれいですよ!

[植物企画展]
 アトリウムの中庭側の窓際で、「ポインセチア&クリスマスフラワー展」を開催しています。たくさんの種類のポインセチアや、クリスマスの時期の花や飾りなど、解説とともにご紹介している展示です。
 171206_15

 171206_16
 ポインセチアだけでも20種類以上あります。ぜひお楽しみください。
 

[中庭]
 冬の花々が中心の花壇です。
 171206_17

【ノボタン "コートダジュール"】 ノボタン科 ティボウキナ属
 上でエントランスの「シコンノボタン」をご紹介しましたが、中庭でもノボタンが見られます。「コートダジュール」は園芸品種で、シコンノボタンよりもひとまわり小さい花をつけます。葉も小ぶりです。シコンノボタンが雄しべや雌しべまで紫色なのに対し、こちらは花びらの付け根や雄しべ、雌しべが白いのが特徴です。
 中庭の所々で見られます。草丈が50cmほどです。
 171206_18


[温室]
 先週ご紹介したウナズキヒメフヨウやランはまだまだ見頃です。他にもハイビスカスの花、コーヒーの実など、熱帯や亜熱帯の花や実が見られます。
【エクメア ガモセパラ】 パイナップル科 エクメア属
 別名「ブルーシャンデリア」。当館では毎年、11月の後半頃から咲き始めることが多いです。ピンク色のがくと、そこから出る花弁の青色のコントラストが目を引く花で、花茎は30cmほどの高さになります。丸い花がとてもかわいいです。
 171206_20

 171206_19
 温室2階で見られます。エアープランツの下で咲いています。

1711008 三陽ミュージアム 見頃の花(11月29日)

 三陽ミュージアムでは、現在フェア「フローラルクリスマス」を開催しております。館内のアトリウムは大きな花壇の教会を中心に、クリスマスの花壇を展示中です。本物のモミの木に飾り付けしたクリスマスツリーの足元は花でいっぱいで、とても華やかな空間です。そりに乗って写真を撮ったり、教会の鐘を鳴らしたりと、大人の方だけでなくお子様も楽しめる花壇となっております。イルミネーションの光が映える夕方もオススメですよ!どうぞ、ごゆっくりお過ごしください。
 今週から、植物企画展「ポインセチア&クリスマスフラワー展」を開催しております。あわせて、ぜひご覧ください。

[アトリウムフラワーガーデン]
 171129_01
 白い木でできたトナカイが引くそりや木の教会がきれいなアトリウム花壇です。ポインセチア、シクラメンなどをたくさん使って、花でいっぱいのクリスマスの花壇になっています。

 171129_02
 教会は中に入ることができ、鐘をならせます。

 171129_03
 内側にも花壇があり、この花壇は白が基調の大人っぽいデザインです。

 171129_04
 教会入り口の通路の脇はクリスマスカラーの花でいっぱいです。

【ウラジロモミ】 マツ科 モミ属
 日本で「モミの木」としてクリスマスの時期によく流通するのが、「ドイツトウヒ」や、この「ウラジロモミ」です。
 ウラジロモミは福島県以西から四国にかけての高山に自生し、高さは40mにもなる高木です。名前のとおり葉の裏が白いのが特徴です。クリスマスツリーは本来、森から切ってきた木を飾るそうですが、当館のものは根のついた状態で花壇に植えています。
 171129_05
 葉のつけ根が緑色なのが、ドイツトウヒと見分けるポイントのひとつです。

【ユーフォルビア "白雪姫"】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
 白い苞がレースのように広がり、華やかな園芸植物です。ユーフォルビア属はとても大きなグループで、たくさんの種類がありますが(ポインセチアもユーフォルビア属の植物です)、この「白雪姫」は草丈は40cmほど、コンパクトな形で鉢花として秋から初冬に流通します。
 この花だけで楽しむというよりは、寄せ植えや花壇で他の花と合わせると、より魅力が増すように感じます。
 171129_06


 171129_07
 アトリウムの奥にある多肉植物の花壇もクリスマスになりました。小さなコニファーとポインセチアがクリスマスらしさを演出しています。


[植物企画展]
 植物企画展の「ポインセチア&クリスマスフラワー展」が始まりました。アトリウムの中庭側で、たくさんの種類のポインセチアやシクラメン、クリスマスの名前のある花々などを展示しています。
 171129_08

 171129_09

【ポインセチア "プリメーロ ジングルベル"】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
 赤い苞に白い模様が入り、雪が降っているような色になる人気の品種のひとつです。葉はそれほど大きくならず、コンパクトにまとまります。葉の色は濃い緑色で、苞の色とのコントラストもきれいです。
 171129_10

【シクラメン "アイスプリンセス"】 サクラソウ科 シクラメン属
 反り返らずに下向きに花弁のつく「ベル咲き」の品種です。花は白ですが、花弁のふちが淡い黄緑色になって細かく波打ち、フリルのようになります。ひとつひとつの花がドレスのようで、なんとも上品でかわいらしいです。
 171129_11
 


[温室]
【デンドロキラム アンカタム】 ラン科 デンドロキラム属
 デンドロキラムはランのひとつで、原種は東南アジアからニューギニアにかけて150種ほどが分布します。地生(地面に直接生える)種、着生(木の幹などにくっつく)種がありますが、この種類は着生種です。当館では温室のヒカゲヘゴの幹につけて育てています。
 秋咲きで、小さな花がひも状に連なった花序をつけます。花色は黄緑色で控えめですが、かわいい花です。
 171129_12

 171129_13
 温室に入ってすぐの通路沿い(左側)にある、ヘゴのやや高い位置で咲いています。

【ウナズキヒメフヨウ】 アオイ科 マルバビスカス属
 メキシコからコロンビアにかけて分布する低木で、ハイビスカスに似たつぼみに見えますが、花が開ききらないこれが咲いてる状態です。「ウナズキ(頷き)」と名前につくように、下向きに垂れ下がって咲きますが、つぼみは上を向いているのが面白いです。
 温室2階、階段の上のあたりでたくさんの花が見られます。
 171129_14

 171129_15



[前庭]
 カワヅザクラの葉が紅葉して、赤や黄色に染まっています。
 例年より寒暖差がきついせいか、色が鮮やかなように感じます。
 171129_16

【クレマチス シルホサ 】 キンポウゲ科 センニンソウ属
 地中海地方が原産の冬咲きの種類のクレマチスです。ベル型の白い花を咲かせます。花の大きさは3cmほどで、10月下旬頃から3月頃まで開花します。
 花のない時期に咲いてくれ、花もかわいい種類なのですが、夏に休眠し、茎だけになるため、枯れたと間違えて切ったりしないよう、注意が必要です。
 171129_17

 171129_18
 ジュウガツザクラのそばで、トレリスにからんで咲いています。



[ローズガーデン]
 花の数は多くありませんが、秋のバラが咲いています。コスモスなど、秋の花や紅葉と一緒に楽しめます。
 171129_19

 171129_20

1711001 三陽ミュージアム 見頃の花(11月1日)

 三陽ミュージアムでは、秋の草花の花壇が美しい時期になっています。
 前庭は、コリウスや宿根サルビア類などが主役で、ローズガーデンでは秋のバラも咲き始めています。館内アトリウムでは引き続き「鶴の恩返し」の花壇を展示しています。徐々に色づき始めた木々も合わせ、この時期ならではの植物の姿をお楽しみください。
 なお、現在前庭の横にある通用路沿いで、千葉秋芳会さんが主催の千葉市菊花展を開催しております。あわせてご覧ください。開催期間は11月11日(土)までです。

 では、今回は外の庭から見頃の植物をご案内します。

[前庭]
 前庭では、コスモスの花壇が終わり、菜の花を植栽しました(花の見頃は1月になる予定です)。現在は、噴水周辺にある花壇で、コリウスなど、秋の色鮮やかな植物がお楽しみいただけます。
 171101_01
 
【ムベ】 アケビ科 ムベ属
 別名「トキワアケビ」といい、常緑性のつる植物です。開花期は5月ごろ、果実は10月頃に実ります。現在、前庭で実が見られます。アケビの仲間ですが、実は開かず、紫色です。
 171101_02

 171101_03

 171101_04
 前庭のレストラン脇では、ツツジの紅葉も始まっています。



[通用路脇花壇]
 菊花展を行っています。愛好家の方が育てた見事なキクの花をこの機会にどうぞご覧ください。
 171101_06

 171101_05



[脇庭]
 花時計そばの門では、赤い実と青い実が競演中です。
【ピラカンサ】 バラ科 ピラカンサ属
 バラ科の常緑低木で、赤や黄、橙色など、美しい色の実をつけるものが多く、庭木に使うことも多いです。「ピラカンサ」は属名で、その中の「トキワサンザシ」「ヒマラヤトキワサンザシ」「タチバナモドキ」や、それらの交配種などの園芸種がありますが、園芸上では、ひっくるめて属名の「ピラカンサ」と呼ぶことが多いように思います。
 171101_08

【ディクロア】 ユキノシタ科 ディクロア属
 「常山(ジョウザン)アジサイ」などの別名がある植物で、花も実も青い色で、楽しめます。6月29日の記事で花をご紹介しましたが、現在実が美しく色づいています。
 寒さにはさほど耐性がないといわれる植物ですが、当館では戸外(地植え)で冬越ししています。
 171101_09

 171101_07
 上がピラカンサ、足元がディクロアです。



[ローズガーデン]
  秋のバラが咲き始めています。
 171101_10
 春のバラ時期とは違った宿根草の花などと一緒に楽しめます。

 171101_11
 こちらの花壇では、ダリアやコスモスが一緒に咲いています。

 171101_12
 上の写真と同じ花壇の花です。サクラの葉が色づき始めました。
 


[アトリウムフラワーガーデン]
 「鶴の恩返し」がテーマです。花壇の花はキクやサルビア、ケイトウなど、秋の花々です。
 171101_13

 171101_14
 秋の花は色や質感など、温かみのあるものが多いように思います。どうぞごゆっくりお楽しみください。



[中庭]
【フォックスフェイス】 ナス科 ソラナム属
 見たまま、狐の顔のような実が特徴のナスの仲間です。和名はツノナスといいます。熱帯アメリカが原産です。切花でよく流通しますが、実だけが観賞用に売っていたり、タネ、まれに鉢物も流通しています。実は食べられません。
 171101_16
 
【ダリア "フーガ シティーオブロッテルダム"】 キク科 ダリア属 
 茎や葉は黒く、花はやや細い花びらで、鮮やかな朱色が目を引きます。秋の庭でずっと咲き続けており、お客様からも好評のダリアです。草丈は80cm程度、花は径が10cm程度の中輪です。とても雰囲気のある花です。
 171101_17

 171101_15
 いずれも中庭のレストラン側で見られます。



[ベランダガーデン]
[植物企画展]
 屋上ベランダガーデンでは、11月5日まで、植物企画展「コリウス展」を開催しています。台風の風に当たり、少し傷んでいるものも中にはありますが、色鮮やかな葉が楽しめます。お越しの際はぜひお立ち寄りください。
 171101_18

 

ギャラリー
  • 201805 三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館) 開館中です!
  • 1805008 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】 現在の花壇や花の様子(5月23日)
  • 1805008 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】 現在の花壇や花の様子(5月23日)
  • 1805008 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】 現在の花壇や花の様子(5月23日)
  • 1805008 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】 現在の花壇や花の様子(5月23日)
  • 1805008 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】 現在の花壇や花の様子(5月23日)
  • 1805008 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】 現在の花壇や花の様子(5月23日)
  • 1805008 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】 現在の花壇や花の様子(5月23日)
  • 1805008 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】 現在の花壇や花の様子(5月23日)