見頃の花

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。

ホームページはただいま準備中となっております。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお待ちくださいませ。
お問い合わせ先 043-277-8776

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1802008 三陽ミュージアム 見頃の花(2月28日)

 三陽ミュージアムでは、現在フェア「アーリースプリングフェスティバル」を開催中です。
 建物の入り口では、花の着物を着た手作りのおひなさまが皆様をお出迎え。館内のアトリウムでは、春の花々とともに、イースターにちなんだタマゴの飾りが花壇のアクセントになっています。
 外の花壇でも、早春の花が続々と開花し始めています。どうぞ、この時期ならではの三陽ミュージアムをお楽しみください。
 180228_01
 建物入り口ではおひなさまを展示しております。



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムでは、タマゴの飾りなどで、カラフルでにぎやかな花壇がご覧いただけます。記念撮影もオススメです!
 180228_02

 180228_03

 180228_04
 教会では鐘が鳴らせるほか、教会の中にもすてきな花壇があります。ぜひ中まで入ってお楽しみください。



[温室]
 中庭から見えるラッパバナですが、今年はまだまだ見頃が続いています。 
 180228_05

 180228_06
 温室のガラス越しに良く見えます。

 180228_07
 温室内では、ヒスイカズラの開花が始まりました。最初の花が開いたところです。1階の橋の上で、2本の花が開いています。

 180228_08
 温室2階、ランの花がある花壇からもご紹介しましょう。

【オドンティオダ】 ラン科 オドンティオダ属
 オドンティオダ属は1906年に登録された人工属で、いずれも中米や南米に分布する「オドントグロッサム」属と、近縁の「コクリオダ」属を掛け合わせて生まれました。カラフルな園芸品種が多くあります。
 現在、温室ではピンク色の花をつける「ベラノ」と、黄色花の「フォルトゥーナ」が見られます。
 180228_10
 独特な模様も入り、ユニークな花の「ベラノ」

 180228_09
 こちらは「フォルトゥーナ」。花弁のふちが波打ち、フリルのようで華やかです。

 

[前庭]
 菜の花がポピーに植えかわりました。4月頃に見頃を迎えると思います。
 180228_11
 ビオラの花は元気に咲いています。

 180228_12
 前庭の脇で1本だけ開花しているカワヅザクラは、半分以上が開いています。つぼみもピンク色なので、木全体が色づいています。

 180228_13
 
【クロッカス "バーズパープル"】 アヤメ科 クロッカス属
 早咲きのクロッカスの園芸品種のひとつで、紫の花が鮮やかです。前庭の宿根草花壇で咲いています。 宿根草花壇には他の品種のクロッカスもありますので、ぜひ探してみてください。
 晴れの日によく花が開きます。
 180228_14

 180228_15



[脇庭]
 脇庭では、エリカやギョリュウバイに加え、クリスマスローズの花が見られるようになりました。
 180228_16

 180228_17
 寒さで葉が少し傷んだものの、クリスマスローズの花はよく咲いています。



[ローズガーデン]
 ローズガーデンの一番奥、パルコース(運動広場)近くの花壇では、赤い花のマンサクが咲いています。
 180228_19
 2月14日のブログで「シナマンサク」をご紹介しましたが、その仲間で赤い花の園芸品種です。
 
 180228_18
 花壇沿いに植わっている低木です。花の色が濃いため、ぱっと目に入らないかもしれませんが、ぜひ探してみてください。

 180228_20
 このほか、ローズガーデンでは小さな球根植物の花々が見られたりします。散策と合わせてお楽しみください。  

1802006 三陽ミュージアム 見頃の花【特別編】(2月21日)

 三陽ミュージアムでは、現在「アーリースプリングフェスティバル」を開催しております。
 今回の記事では、屋外や館内で咲き始めたり、見頃になっている植物を中心にいくつかご案内しようと思います。
 春の足音が聞こえてくる時期になった三陽ミュージアムを、どうぞお楽しみください。

[通用路脇花壇]
 180221_01
 写真の右側の花壇の奥、ほんのりと色づく木が見えますか?当館に10本ほどある「カワヅザクラ」です。毎年、この株が一番早く咲きますが、今年も花が開き始めました。
 180221_02
 現在1~2分咲きというところでしょうか。ソメイヨシノなどと比べると濃い色の花で、蕾も濃い桃色です。

 180221_03
 こちらは前庭側から見た様子。いくつか花が開いています。


 180221_04
 前庭で12月の終わりから咲いている菜の花は、まもなく植え替えの予定です。今年は2月いっぱいまで、雪につぶされることもなくがんばって咲いてくれました。



[温室] 
 館内の温室では、ヒスイカズラが咲き始めました。
 180221_09
 名前のとおりの翡翠色がとても美しい花です。
 現在は今年最初の花が半分程度まで咲き進んでいます。4月頃まで、次々に花をつけますので、これからが楽しみです。

 180221_10
 温室1階の、橋の上で咲いています。



[キッチンガーデン]
 キッチンガーデンでは、ちょっと変わった野菜が見られます。
 180221_12
 「ロマネスコ」という、カリフラワーの仲間です。

 180221_11
 冬野菜が中心のガーデンでは、アブラナ科の野菜の菜の花もちらほら見られるようになりました。



 このほか、以前のブログ記事でもご紹介していますとおり、アトリウムでは早春から春の花々が咲き競っています。
 180221_05

 180221_06
 イースターにちなんで、タマゴやウサギの飾りも登場しています。

 180221_07

 180221_08
 毎年人気のおひなさまの飾りも展示中です。どうぞ、この機会にお楽しみください。
 
 

1802004 三陽ミュージアム 見頃の花(2月14日)

 三陽ミュージアムでは、現在「アーリースプリングフェスティバル」を開催しております。季節の飾りとして、花のおひなさまが飾ってあるほか、今週からは花壇を少しだけリニューアルしました。イースターにちなんで花壇の中にタマゴやうさぎが登場しています。
 180214_01
 エントランスにある花のお雛様です。毎年人気の飾りです。

 180214_02
 建物の入り口で皆様をお出迎えしています。



[アトリウムフラワーガーデン]
 「春の祈り」が花壇のテーマです。マーガレット、ラナンキュラスなど、春の花々が一足はやくお楽しみいただけます。

 DSCN2139
 入り口の花壇です。卵の殻の入れ物には春の花々がこんもりと寄せ植えしてあります。
 
 180214_04
 通路沿いの花壇、教会の周りの花壇でも、タマゴがワンポイントになっています。

 180214_05
 教会のすぐ脇にもタマゴの殻の寄せ植えが。色あいで、入り口のものとイメージがずいぶん違います。

 180214_06
 中庭側の窓際では、樹脂粘土などの小さなおひなさまを展示しています。

 180214_07
 細かくてかわいらしい飾りです。
 さて、こちらのひな飾りの近くにある鉢花が見頃になっていますので、ご紹介しましょう。

【アマリリス パピリオ】 ヒガンバナ科 ヒッペアストルム属
 ブラジル原産の原種のアマリリスで、「パピリオ」は「蝶」の意味です。花は当館のものは1つの花茎に2つずつついています。花茎は40cmほど、花の大きさは10cmをこえるほどです。花はクリームの地に、えんじ色のすじ模様が入る少し渋い色で、それがまた魅力的です。 
 180214_08
 小さいお雛様の展示の近くで咲いています。
  


[うさぎの花屋]
 アトリウムの常設展示、うさぎの花屋が模様替えしました。今回のテーマは「カフェ」。花と一緒にスイーツが並びます。
 180214_09

 180214_10
 こちらも記念撮影にピッタリのスポットになっています。どうぞ、お楽しみください。



[中庭]
 冬から春の一年草を中心に、花々が咲いています。今回はその中から、とても小さな花をご紹介しましょう。
【シクラメン コウム】 サクラソウ科 シクラメン属
 冬に咲く原種シクラメンの一つで、東ヨーロッパ、小アジア、コーカサスなど、広範囲に分布のある種類です。草丈は5cmほどで、葉の形は丸く特徴的です。花も2cmもないくらいで、とても小さな種類ですが、耐寒性が強いので庭植えができます。中庭で見られるのは、葉が銀葉の園芸品種です。この寒さでも元気に咲いています。
 180214_12

 180214_11
 中庭に出てすぐ、オリーブの木のある花壇で咲いています。



[温室]
 ヒスイカズラのつぼみが日々大きくなってきています。青色も見えてきました。
 180214_17

【バンダ】 ラン科 バンダ属
 着生ランで、40種ほどの原種はアジアの熱帯を中心にインドからニューギニア、オーストラリア、北は台湾までの広域に分布します。立ち上がる茎に2列に葉をつけ、先端(上部の葉腋)から花茎を伸ばします。
 当館の温室で見られる花は園芸品種です。花色は紫色で、いくつもが群れ咲いて美しいです。根が空気を好むため、根をむきだしにしたまま管理しています。
 180214_13

 180214_14
 花が咲いている茎の下のほうを見ていくと↓↓
 180214_15
 根はむき出しです!

 180214_16
 温室1階で見られます。



 このほか、前庭では変わらず冬咲きの菜の花や、ビオラが見頃となっています。
 180214_18



[ふるさとの道]
 前庭の隣にある通用路沿いの花壇で、花木が咲き始めています。
【シナマンサク】 マンサク科 マンサク属
 寒い時期から黄色い花が楽しめる低木で、庭木や公園木に使われます。花の基部は赤く、そこから細長い黄色の花弁が伸びます。ひとつの花に4枚ずつの花弁がつきますが、花がまとまって咲くため、ポンポンのように丸みを帯びて見えます。「マンサク」の名前は「まず咲く」から来ているともいいますが、春一番に楽しめる花のひとつです。
 180214_19
 
 180214_20

1802002 三陽ミュージアム 見頃の花(2月8日)

 三陽ミュージアムでは、現在「アーリースプリングフェスティバル」を開催しております。
 一足早く春の花が咲きほこるアトリウムフラワーガーデンでは、チューリップやムスカリ、プリムラなどがお楽しみいただけます。
 また、ミニコーナーとして花のおひなさまの展示も始めました。どうぞ、早春の三陽ミュージアムをお楽しみください。

[アトリウムフラワーガーデン]
 春の花々でいっぱいです。
 180208_01

 180208_02

 180208_03

 180208_04
 中央の花壇、教会の周りでは、ユキヤナギの可憐な花も見られます。

 
 さて、三陽ミュージアムの入り口では毎年人気の生花を使ったおひなさまが登場しました。
 かわいらしい花々で彩られたおひなさまを、どうぞお楽しみください。
 180208_10

 180208_11




[温室]
【カエンボク】 ノウゼンカズラ科 カエンボク属
 温室1階の一番奥の高い場所で、カエンボクの花が見られます。熱帯アフリカ原産の高木で、花は茎の先端にいくつも咲きます。当館ではいつも見づらい位置で咲くことが多いのですが、今回は見やすい場所で咲いているので、お越しの際はぜひご覧ください。
 180208_05
 赤橙色の美しい花です。

 180208_06
 温室1階の一番奥で咲いています。

 180208_07
 温室では、ヒスイカズラのつぼみが順調に成長しています。2月下旬には咲き始めの花が見られるかもしれません。

 また、温室の内側からは見づらいのですが、「ウコンラッパバナ」が引き続きよく咲いています。
 ご覧になる場合は、中庭から窓越しに見るのがオススメです。
 180208_09

 180208_08
 
[前庭]
 ビオラと菜の花の花壇です。寒い季節にまけず、花々が元気に咲いています。
 180208_12

 180208_13

 180208_14
 早咲きのカワヅザクラ(河津桜)のなかでも、毎年最初に花が開く木では、つぼみがずいぶん膨らんできています。

[ローズガーデン]
 180208_15
 一番奥の桜の木の下で、かわいらしい冬の花が開花中です。

【スノードロップ】 ヒガンバナ科 ガランツス属
 冬に花が咲く球根植物で、和名は「待雪草(まつゆきそう)」。細く10cm前後に伸びた花茎の先に、釣り下がるように白い花が咲きます。花の大きさは2cmほどと小さいです。花は暖かいときにはよく開き、気温が下がると閉じます。
 180208_16

1801009 三陽ミュージアム 見頃の花(1月30日)

 三陽ミュージアムでは、現在「ニューイヤーフェスティバル」を開催中です。期間に合わせ、植物企画展の「縁起のよい植物展」をアトリウムで展示しております。
 アトリウムの中は、一足早い春の装いです。チューリップを中心に、早春の花々が見られます。
 屋外の花壇では冬咲きの菜の花もたくさん見られますので、どうぞお楽しみください。
 180130_01

[アトリウムフラワーガーデン]
 チューリップ、プリムラ、ユキヤナギなど、早春の花々が楽しめます。
 180130_02
 撮影スポットとして人気のタマゴのオブジェです。ピンク色のチューリップに囲まれています。

 180130_03
 アトリウム中央の花壇にある教会の周囲も、チューリップなどで華やかになってきました。

 180130_04
 内側に入ることもできます。少しシックな花の組み合わせの花壇になっています。

 180130_05
 こちらは通路沿いの花壇。花壇によって、色の合わせ方などに個性がありますので、あわせてお楽しみください。
 
 180130_06
 アトリウム奥の花壇は、多肉植物を使った小さな村になっています。

【ハナキリン】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
 原産地はマダガスカルで、茎に強いとげがあります。茎の先端に小さな花が集まって咲きます。花の色が赤や黄色になり、色鮮やかなのが特徴です。とげがあるため、サボテンなどと一緒に扱われることもあります。
 180130_07
 この花壇では、とても小さいものが見られます。色鮮やかでかわいらしいです。


[植物企画展]
 新年にちなみ、縁起のよいとされる植物を集めた企画展を開催中です。
 180130_08

【子宝草】 ベンケイソウ科 カランコエ属
 多肉植物のひとつで、葉のふちに不定芽(ふていが:芽の一種)をたくさんつける様子が子どもを連想させるため、「子宝草」の名前があります。この不定芽をとって植えると、すぐに増やせます。
 180130_09



[温室]
 常に20℃程度になっている温室では、熱帯や亜熱帯の花々が見られます。開花が例年より少し遅れていた温室2階の「オオベニゴウカン」が、ようやく咲き始めました。
 180130_12
 広がる雄しべが繊細です。

 
 温室1階からも、見頃の花をご紹介しましょう。
【リュエリア マクランサ】 キツネノマゴ科 リュエリア属
 1m~2mほどの大きさになる草本で、原産はブラジルです。高さ50cmほどの鉢植えとして、早春の時期によく流通します。温室で現在咲いているものは、柱に沿うように伸びており、1mほどの高さです。
 ラッパ型の、ピンク色の花で、花の径は5cmほどです。
 180130_11

 180130_10
 案内用の立て札の周辺で見られます。
ギャラリー
  • 201804 三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館) 開館中です!
  • 1804006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(4月23日)
  • 1804006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(4月23日)
  • 1804006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(4月23日)
  • 1804006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(4月23日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)