見頃の花

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。

ホームページ https://sunsetbeachpark.jp/facilities/flower.html
ホームページには交通アクセス、施設概要などの情報が載っています。

展示室の展示や細かいイベント情報などについては、当ブログをご参照ください。

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

★SNS★
Facebook 三陽メディアフラワーミュージアム @hanabichiba https://www.facebook.com/hanabichiba/
Twitter 三陽メディアフラワーミュージアム/花の美術館 @sbp_smfm  https://twitter.com/sbp_smfm
Instagram @hanabichiba https://www.instagram.com/hanabichiba/

1903007 三陽ミュージアム 見頃の花(3月15日)

 三陽ミュージアムでは、目まぐるしく色々な花が咲く季節がやってきました。先週に満開だったカワヅザクラはすっかり葉桜になり、別の種類のサクラが入れ違いで満開になっています。
 温室ではヒスイカズラの開花が続き、中庭など、屋外花壇も日に日ににぎやかさを増してきました。

 春らしさが増してきた三陽ミュージアムで、たくさんの花に囲まれて、ごゆっくりお過ごしください!

 今回は、屋外の花壇を中心に現在見ごろとなっている花々をご案内いたします。

[通用路脇花壇]
 通用路脇で、オオシマザクラが咲き始めました。丸みのあるふっくらとした形の花びらで、白い花が咲きます。葉は花が咲くのと同時に出始めます。
 190324_01
 もともと本州の暖地(伊豆諸島、伊豆半島南部、房総半島など)に分布するサクラです。

 190324_02
 通用路の脇(正門から建物に向かって、右側の建物寄り)で咲いています。

 通用路脇ではほかにも花が見られます。
 190324_03

 190324_04
 まず、木のトレリス(柵)にからんで咲いているこちらのつる植物は、「ハーデンベルギア」です。
 オーストラリアが原産のマメ科の植物で、「コマチフジ(小町藤)」とい名前で流通することもあるようです。当館では屋外で越冬し、大株に育っています。前庭の花壇の方にも伸びていたのですが、去年の台風で前庭側はちょっと貧相になってしまいました。裏側をぜひご覧ください!

 190324_05
 ハーデンベルギアのすぐそばで、アーモンドの花も咲き始めました!
 前庭から移植したのですが、咲いてくれて一安心です。
 中央部が色が濃く、外側は淡いピンク色です。バラ科で、モモに近い植物です。

 190324_06
 ユキヤナギの花も今が見頃。本当に、雪をかぶった枝のようにぎっしりと花がついています。



[ローズガーデン]
 190324_07
 ローズガーデンの現在の主役はスイセンや、春の一年草ですが、徐々に宿根草やバラも芽吹き始めました。どうぞお立ち寄りください。



さて、ここからは館内の花々です。
[温室] 
 現在のヒスイカズラの開花状況です。たくさん咲いており、見ごろとなっています。
 190324_08



[中庭]
 190324_09
 中庭も気持ちの良い季節になってきました。今回は、この通路沿いの低木と、階段の花壇のいちばん上で咲いている花をご紹介します。 

 190324_10
 ハギ(萩)の花に少し似ているこちらは、「ポリガラ グランディフロラ」という名前です。
 ハギと同じマメ科ではなくヒメハギ科の植物で、南アフリカ原産。木の高さは120cmほど、花の大きさは2cmほどです。

 190324_11
 中庭の階段のようになった花壇のいちばん上で花盛りなのがこちら。「クサボケ」です。
 日本国内、本州と九州の野山に生えます。オレンジ色と朱色の中間くらいの明るい色の花で、ちょっと丸みのある花がとてもかわいらしいです。

 190324_12
 

1903005 三陽ミュージアム 見頃の花(3月15日)

 三陽ミュージアムでは、現在、ヒスイカズラの開花が始まっております。
 アトリウムでは、イースターがテーマの花壇を展示しているほか、屋外の花壇でもどんどん春の花が開花している状況です。ぜひ、この時期ならではの花々をお楽しみください。

 まずは、ヒスイカズラの様子から、ご紹介します!
 190315_01
 3日前に比べて、開花している部分が増えてきました。つぼみもたくさんあります。
 
 190315_02
 とても見やすい場所で咲いています!温室の1階、池のそばで見られます。


 次に、屋外の花壇で見られる花です。
 190315_02_02
 「クリスマスローズ」が、屋外のあちこちで見ごろを迎えています。この写真は、光庭です。
 下向きに咲き、最近では花色がずいぶん増えてきました。咲き方や模様もさまざまで、一つ一つに個性のある花です。
 とても強健で育てやすいので、園芸初心者にもおすすめですよ!

 
[キッチンガーデン]
 屋上のキッチンガーデンでは、野菜の花が見られます。
 190315_03

 190315_04
 食べごろを過ぎてしまうため、「もったいない」というご意見をいただくこともあるのですが、畑や八百屋さんではなかなか見られない野菜の花々をどうぞお楽しみください!
 写真はブロッコリーです。1本でも、ブーケのように華やかに咲きます。



[前庭]
 ビオラ、ポピー、菜の花、カワヅザクラなどが咲いています。たくさんの春の花々をお楽しみください。
 190315_05

 190315_06
 アイスランドポピーの花が増えてきました。現在はサクラと一緒にご覧いただけます。



[通用路脇花壇]
 190315_07
 カワヅザクラは咲き終わる前から葉が伸びはじめます。

 190315_08
 通用路脇には赤色の濃い桜の花も。

 190315_09
 カワヅザクラの親の片方と言われる、カンヒザクラ(寒緋桜)です。花は他の桜のように開ききらず、ベル型です。



[ローズガーデン]
 ローズガーデンでも春の花木が咲き始めています。
 190315_10
 全体が黄色く色づいて見える花木が、「サンシュユ」です。
 黄色い花のあとには、秋頃に実が赤く熟し、きれいです。

 春らしい花がいっぱいの三陽ミュージアムで、どうぞごゆっくりお過ごしください!

1903004 三陽ミュージアム 【ヒスイカズラ開花状況】(3月12日)

 皆さまこんにちは。ヒスイカズラが開き始めましたので、ご案内いたします。
 
 DSC_0006
 房になった花の、上の方から開いていきます。
 つぼみから咲き始めは、花の色が濃いです。

 DSC_0010

 DSC_0018
 何本も垂れ下った房の、2本ほどが開き始めています!
 また開花が進みましたら、このブログでもお知らせいたします。 

1903002 三陽ミュージアム 見頃の花(3月10日)

 三陽ミュージアムでは、現在春の花々が見ごろになりつつあります。
 イースターのテーマの館内花壇は、元々春の花々でいっぱいですが、屋外花壇でもカワヅザクラが開き始めるなど、外の季節がだんだん追いついてきているようです。
 温室では、当館でも特に人気の花、ヒスイカズラが間もなく開きそうです。今回は、そんな温室の花々を中心に、見頃の花をご紹介しましょう。



[温室]
 ヒスイカズラのつぼみが大きくなってきています。中庭側の窓越しには、少し咲いている花も見られますが、温室内の通路から見られるものは、今週中には開いてくるのではないかと思います。また、咲いてきましたらお知らせします。
 190310_01

 190310_02
 何本も長い房が垂れています。

 190310_03
 フトモモ科のテンニンカの花が咲き始めました。濃いピンク色と白い花があるのとは、咲き進むと色が変わるためです。花の径は3cmほどです。

 190310_04
 温室2階、階段をのぼってすぐ、左側の茂みで咲いています。

 190310_05
 ランの花壇では、デガルモアラというランが見られます。交配で生まれたランで、花びらがとがり、独特な形です。いくつも一緒に咲いていると、華やかな印象です。
 
 190310_06

 190310_07
 年明け頃から咲いているオオベニゴウカンも、まだまだ花をたくさんつけています。
 
 190310_08
 温室2階の橋の脇で咲いています。



[中庭]
 中庭では、窓越しにヒスイカズラの花が見られます。
 190310_09
 反射で写真には写りづらいのですが、近づくとよく見えますよ !
 ラッパバナもまだ見られます。

 190310_10
 藤のような、青色の花です。

 190310_11
 花壇では冬から春の花が、またこの時期ならではの花木が咲いています。

 190310_12
 「ミモザ」と呼ばれることの多い、ギンヨウアカシアです。フワフワの黄色い花がかわいらしいです。



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムはイースターの花壇が楽しめます。
 190310_13
 
 190310_14
 春らしい花壇をごゆっくりお楽しみください!



[前庭]
 カワヅザクラが咲き始めています。
 花壇では、菜の花やポピーなど、いろいろな春の花が見られます。
 190310_15

 190310_16

1902005 三陽ミュージアム 見頃の花(2月24日)

 三陽ミュージアムでは、現在フェア「花のひなまつり」を開催しております。入口や、アトリウムには雛飾りが登場。華やかなおひなさまの雰囲気を、ぜひお楽しみください!
 また、館内や温室、屋外花壇でも様々な花が見られます。暖かい日も増えてきましたので、ごゆっくり散策していただければと思います。
 190224_02
 毎年好評をいただいている、生花で作ったおひなさまとお重の飾りです。当館の庭の花々を使っています。

 190224_01
 樹脂粘土の飾りや、七段飾りのおひなさまも一緒に飾っています。



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムの花壇はイースターのモチーフと、春の花がいっぱいです。ウサギやタマゴのオブジェに加えて、木の枝にタマゴの飾りを吊るした「イースターツリー」が花壇の中に登場しました。
 190224_03

 190224_04

 190224_05
 カラフルなタマゴ型の飾りを吊るした木が「イースターツリー」です!
 さて、大きなタマゴのカラのまわりに、ちょっと変わった花が植えてあるのでご紹介しましょう。

【セルリア “プリティインピンク”】 ヤマモガシ科 セルリア属
 セルリアは、南アフリカのケープ地方に分布する植物で、葉は細い羽状複葉、枝先にいくつかが集まって咲きます。花の径は3~4cmほど。ふわっとした綿毛のような質感の、不思議な花です。
 190224_06



[光庭]
 以前、ローズガーデンで咲いている「スノードロップ」をご紹介したかと思いますが、光庭でも咲き始めました。
 190224_07
 もともと落葉樹の下が生育に適しているということもあり、この花壇にとてもよく似合っています。
 190224_08
 光庭のエゴノキの下で咲いています。 



[温室]
 階段のそばで、今までご紹介したことのない花が咲きました。
【フトモモ】 フトモモ科 フトモモ属
 フトモモは熱帯アジア原産の植物です。自生地では10m以上の大きな木になります。現在温室で花が咲いています。雄しべが長く放射状に飛び出した、半球のような形をした花です。花のあとになる果実は食用になります。
 190224_09
 花の径は10cmほどあります。白くてさほど目立ちませんが、きれいです。
 温室1階、階段の脇のあたりで見られます。

 190224_10
 温室ではヒスイカズラのつぼみがたくさん見られるようになってきました。咲き始めは10日ほどあとでしょうか。
 3月中旬には、見ごろになるのではないかと思います。



[前庭]
 ビオラ、菜の花、ジャノメエリカ、ギョリュウバイなどが見ごろとなっています。
 190224_11
 菜の花は間もなく3月のはじめに植え替えます。次はポピーになり、見頃は4月中旬かと思いますので、お楽しみに!
 
 190224_12
 前庭の脇では、カワヅザクラの開花が始まりました。これほどつぼみが膨らんでいるのはまだ1本だけですが、今年はとても早いです。



[ローズガーデン]
 ローズガーデンでは、春いちばんに咲く花木が咲き始めました。
 190224_13
 「まず咲く」というのが語源ともいわれる、マンサクの花です。よく知られるマンサクは黄色い花ですが、ローズガーデンのものは、赤花の園芸品種です。ちょっと目立たないのですが、ぜひ探してみてください。

 190224_14
 パルコース(運動広場)側の門のそばの花壇で咲いています。

ギャラリー
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • ライブドアブログ