見頃の花

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。

ホームページ https://sunsetbeachpark.jp/facilities/flower.html
ホームページには交通アクセス、施設概要などの情報が載っています。

展示室の展示や細かいイベント情報などについては、当ブログをご参照ください。

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

★SNS★
Facebook 三陽メディアフラワーミュージアム @hanabichiba https://www.facebook.com/hanabichiba/
Twitter 三陽メディアフラワーミュージアム/花の美術館 @sbp_smfm  https://twitter.com/sbp_smfm
Instagram @hanabichiba https://www.instagram.com/hanabichiba/

1906003 三陽ミュージアム 見頃の花(6月15日)

 三陽ミュージアムでは、現在フェア「ハーブウィーク」を開催中です。毎年人気のイベント「ラベンダースティック作り」今年は6月23日と30日の2回開催する予定です。その他にも、ワークショップを予定しておりますので、詳しくは展示・イベントの記事をご覧ください。
 アトリウムフラワーガーデンでは、花壇の模様替えをおこないました。今回は夏の南の島での冒険をテーマにした、カラフルな観葉植物でいっぱいの庭を展示しております。フォトスポットもたくさんありますので、ぜひ記念撮影もお楽しみください!
 
 それでは、毎年梅雨の時期に見ごろを迎える屋外花壇の花から、見頃の花々をご紹介しようと思います。



[前庭]
【クレオメ】 フウチョウソウ科 クレオメ属
 熱帯アメリカが原産の1年草で、日本には明治に渡来しました。アブラナ科に近縁な為か、モンシロチョウが好むようでこの花壇でよく見かけます。
 曇りや雨の日はかえって良く咲き、チョウが飛んでいるような繊細な花が梅雨の時期によく似合います。
 花壇に植える場合は、体質によってかぶれる場合があることと、とげのある植物なので注意が必要です。
 190615_01

 190615_02
 草丈は1mほど。咲きながら伸びていきます。

 190615_03
 この時期の前庭は、アジサイの「アナベル」やブルーサルビアなども鮮やかです。



[アトリウムフラワーガーデン]
 模様替えしたアトリウム、テーマは「たんけん 宝島!」。ヤシの木や、観葉植物でいっぱいの空間です。南の島での冒険してる気分でお楽しみください。
 190615_04
 海から引き上げたようないかだ。大人の方でも乗ることができます。

 190615_05
 カラフルな観葉植物がたくさんで、見た目にも楽しいです。

 190615_06
 カーブの先には、探検隊のキャンプが。ドラム缶のお風呂には、裏側から入れるようになっています!

 190615_07
 真ん中の花壇には、木でできた牢屋も。どうやら財宝を狙った人を捕える仕掛けだったようです!

 190615_08
 花壇には木のトンネルもあります。



[光庭]
[植物企画展]
 光庭では、植物企画展のハーブ展を開催しております。ハーブの鉢60種類程度を展示中です。
 また、ハーブウィークの期間中、館内や外のハーブガーデンを巡ってクイズに答えるクイズラリーを実施中です。参加費100円で、参加者にハーブの苗をプレゼントしています。
 この光庭、屋上のキッチンガーデン、ローズガーデンの一部にあるハーブの小庭から出題しておりますので、ぜひチャレンジしてみてください!
 190615_09
 ミントの仲間は軽く葉に触れていただくと、良く香ります。



[中庭]
 初夏の花々が元気に咲いています。
 出入り口近くのアジサイ「アナベル」の白い花がまず最初に目に飛び込んできます。一緒にダリアも咲いています。
 190615_10

 
  
[温室]
 ヒスイカズラがまた開花しました。気温が高いためか、ひとつの房が咲いている期間は春に比べて短いように感じます。
 190615_11

【メディニラ マグニフィカ】 ノボタン科 メディニラ属
 フィリピン原産の低木で、枝先に大きな花をつけます。花序(花の集まり)は房状で長さが30cmほど、色は桃色です。大きな苞の下に小さな花がたくさんつきます。苞の色が目立つため、つぼみのときから存在感があります。ノボタン科のほかの花々もそうなのですが、雄しべが変わった形をしています。
 190615_13
 咲いている花のそばの小さな丸いものはつぼみです。

 190615_12
 温室の階段の途中で咲いています。



[キッチンガーデン]
 屋上キッチンガーデンでは、夏野菜が成長中。また、普段見ることの少ない野菜の花も現在咲いているところです。
 190615_14
 レースフラワーのようなこちらの花。何の野菜の花かわかりますか?

 190615_15
 答えは「ニンジン」です!
 そのまま植えたままにすると、こんなに立派な株に成長するんですね。



[脇庭]
 脇庭では、アジサイの花が咲いています。
 190615_16
 色とりどり、咲き方もさまざまなアジサイが園路沿いを彩っています。



[ローズガーデン]
 春の開花は一旦落ち着いた感がありますが、花がないわけではなく、2番花が上がっているものがあったり、ユリやダリアが咲き始めたりとにぎやかです。
 お越しの際はお立ち寄りくださいね!
 190615_17

 190615_18
 

190506 三陽ミュージアム ローズガーデン開花状況(5月31日)

 三陽ミュージアムでは、現在「ローズフェア」を開催中です。
 屋外にあるローズガーデンでは、バラの花の見頃が続いています。オルレアやニゲラ、アスチルベやサルビアなど、バラと相性のいい草花も一緒にお楽しみいただけますので、ぜひご覧ください。
 また、イベントについては一つ前の記事でご紹介しておりますが、バラのミニアレンジ作りや小物作りのワークショップの予定がありますので、お気軽にご参加ください!
 DSC_0021
 ローズガーデンの入り口。3つのアーチに、3色の「ピエールドロンサール」が咲いています。
 手前:ブランピエールドロンサール 中央:ピエールドロンサール 奥:ルージュピエールドロンサール

 DSC_0020

 DSC_0019
 アーチの先は、イングリッシュローズを中心にバラを植栽している「バラの小径(こみち)」のエリアです。
 オールドローズのような優しい風合いの花は、他の草花との相性も抜群です。

 DSC_0017

 DSC_0016
 芝生広場の中の花壇は、花壇ごとに色のテーマが決まっています。
 こちらには、フロリバンダやハイブリットティーという分類の現代バラと、同系色の草花を一緒に植栽しています。

 
 また、職員用の通用口のそば、鉢植えで咲いている下の写真のバラは千葉市と姉妹都市である、スイスのモントルー市から贈られた、他ではあまり見られないバラで、「ローズ・ドール・ド・モントルー」といいます。
 明るい緑色の葉と黄色の花が美しいです。お越しの際はぜひご覧ください!
 DSC_0014

 なお、ローズガーデンは屋外の無料エリアにありますので、ご自由に見学していただけますが、館内にご入館の場合は入館料がかかります。
 また、当館は公園との境界に門があり、朝の開門は9時頃となりますのでご了承ください。
 

[三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)のご案内]
 開館時間 9:30~17:00
 入館料 高校生以上 300円 小・中学生 150円 
      ※65歳以上のお客様 年齢のわかる証明書のご提示で無料(免許証、保険証等をご提示ください。)


 所在地:千葉市美浜区高浜7-2-4 稲毛海浜公園内
 電話:043-277-8776
 
●お車でお越しの場合
 稲毛海浜公園の第一駐車場(有料:1日最大600円)が最寄りです。
●電車・バスをご利用の場合
 JR総武線稲毛駅 西口2番乗り場バス停より路線バス「海浜公園プール行き」 →「花の美術館」下車徒歩2分または「高浜車庫行き」→「高浜車庫」下車徒歩5分
 JR京葉線 稲毛海岸駅 南口2番乗り場バス停より路線バス「海浜公園入口行き」→「海浜公園入口」下車徒歩5分

1905003 三陽ミュージアム 見頃の花(5月16日)

 三陽ミュージアムでは、バラの花が咲き始めています。

 前庭花壇から、レストランの横の園路を抜けて、温室の脇のあたりからがローズガーデンのエリアになります。

 190516_01
 ガーデンの入り口はバラ「ピエールドロンサール」のからんだアーチです。右手にはハーブの小庭があり、いろいろなハーブが見られます。


 190516_02
 バラは咲き始め。種類によって、たくさん開いているものもあります。


 190516_03

 

 190516_04
 こちらはオールドローズの「ファンタン・ラトゥール」。四季咲き性ではないので、この時期だけ楽しめます。


 190516_05
 イングリッシュローズやオルレヤが咲き始めた「バラの小径」のコーナー。


 190516_06
 バラと、デルフィニウムやサルビアなど、縦に伸びるタイプの花はとても相性が良いです。


 190516_07
 芸術家や美術作品にまつわる品種名のバラを集めた「バラの美術館」のコーナー。


 190516_08
 写真の手前の花は「アンリ・マティス」。絞り咲き(縞模様)の赤い花です。


 190516_09
 芝生の中にある花壇は「バラの海」。6色のテーマカラーの花壇が並びます。


 190516_10
 こちらではカラフルな宿根草も魅力です。写真の花はジャーマンアイリスの“アンナベル・ハンブソン”優しいピンク色の花です。


 190516_11
 豪華なこちらはシャクヤクの“オリエンタルゴールド”花びらは透明感がある黄色です。


 190516_12
 1年でもっとも花の多くなる季節のローズガーデンを、どうぞお楽しみください!!

 

1904005 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(4月20日)

 三陽ミュージアムでは、すっかり春くなった気候の中、春の花々が咲き競っています。屋外の花壇もだいぶ賑やかになってきましたので、今回は屋外を中心に、簡単に現在の花々の様子をお知らせしましょう。

[前庭]
 ポピーの花が花盛りです。鯉のぼりがたくさん泳いでいます。
 DSC_0089



[ふるさとの道]
 前庭の、建物に向かって右側、柵の向こう側にある通用路沿いのエリアです。
 DSC_0019
 福祉車両の乗降スペースから続いた細長い花壇で、この時期ならではの花が咲いています。

 DSC_0025
 レンゲ。田んぼの緑肥(肥料になる植物)として、よく栽培されてきました。マメ科です。

 DSC_0036
 こちらはちょっとめずらしいサトザクラ、「御衣光(ぎょいこう)」。黄緑色の花が珍しいのですが、周りの緑にまぎれるので、さほど目立ちません。

 

[ローズガーデン]
 新緑がまぶしい季節です。ユーフォルビアや、スノーフレークなどが見ごろになっています。
 DSC_0044

 DSC_0064
 サトザクラ(八重桜)の「関山(かんざん)」が咲き始めました。

 DSC_0071
 まりのようになる濃い色の花と、赤い葉が特徴です。

 DSC_0072
 藤の花も咲き始めました。


さて、ここからは館内のご案内です。
[アトリウムフラワーガーデン]
 DSC_0097
 主役はアジサイに。火曜日からは少し模様替えした花壇になりますので、お楽しみに!


[中庭]
 DSC_0092
 春の一年草、宿根草が咲き乱れ、とてもカラフルな花壇です!

 DSC_0094
 つやのある花弁の花が花束のようにまとまって咲くこちらは、ラナンキュラスの「ラックス」という品種。植えっぱなしのものも、今年で3年目。何をせずとも冬越しをする上に、翌年はさらに大きな株に育っているように思います。



[温室]
 温室では、ヒスイカズラの開花が続いています。大きな房はなくなってきましたが、美しい色の花はまだ楽しめます。
 DSC_0103



[キッチンガーデン]
 野菜の花が咲くキッチンガーデンでは、木に咲く花も今が見頃です!
 DSC_0112
 現在見頃なのがヒメリンゴの花。色は真っ白です。ちょっと顔を出した若葉の色もあわせて、とても爽やかな花です!

 DSC_0107

1904002 三陽ミュージアム 見頃の花(4月6日)

 三陽ミュージアムでは、春の花々が大変きれいになってきました。ご紹介するものを選ぶのも迷ってしまうくらいです。花の門(正門)の桜の花が開き始めたのは3月中でしたが、今年は長持ちで、昨日・今日あたりでようやく満開になりました。
 190406_01

 屋外花壇ではポピー、チューリップなど、館内アトリウムではミニバラ、マーガレット、アジサイなどのひと足はやい初夏の花が、温室ではヒスイカズラがそれぞれ見頃になっております。お越しの際は館内、屋外と散策をして、この時期ならではの花をお楽しみいただければと思います!

 それでは、今回は各所の花壇の様子を中心にご紹介します!


[アトリウムフラワーガーデン]
 4月21日まで、イースターの花壇を展示中です。花壇のウサギやタマゴは変わらないのですが、花壇の花は少し模様替えし、初夏の花が登場しました。
 190406_02
 こちらはアジサイの花がきれいな花壇。少し大人っぽい雰囲気になりました。

 190406_03
 ミニバラとマーガレットの組み合わせも爽やかです。

 190406_04
 中央の花壇はまだチューリップですが、こちらも徐々に初夏の花に植え替えてゆくと思います。



[中庭]
 190406_05
 クリスマスローズにラナンキュラス、ポピー、オステオスペルマム、マーガレット、キンギョソウ…
 写真に写っている花の名前をあげていくだけでも大変なくらい、たくさんの種類の花が咲いています。

【プルモナリア "トレビファウンテン"】 ムラサキ科 プルモナリア属
 中庭で、毎年良く咲く常緑の宿根草です。プルモナリアはヨーロッパが原産、ワスレナグサと同じムラサキ科の植物で、草丈30cmほど。種類にもよりますが、この品種は葉に白い斑点模様が入るタイプで、花がない時期も楽しめます。花色はきれいな青で、同じ中庭でピンクの花の品種も見られます。
 190406_06
 キンセンカとの色の対比がとても鮮やかです。

 

[温室]
 ヒスイカズラの開花が続いています。まだつぼみもありますので、次々に開いてきそうです。
 190406_07
 中庭のガラス越しでもよく見えます。



[キッチンガーデン]
 ブロッコリーにカリフラワー、水菜、チンゲンサイなどの菜の花や、豆類、アケビ、カモミールなど、狭いながら大変たくさんの花が咲いています。もうすぐヒメリンゴが咲き始めそうです。
 190406_08
 一口に菜の花といっても、色も大きさも、咲き方もさまざま。いろんな黄色の花をお楽しみください。



[前庭]
 大きな花壇はビオラとポピーが鮮やかです。
 190406_09
 館内のデッキから見たところ。花とともに、カワヅザクラの新緑も鮮やかです。

 190406_10
 ポピーは近くで見ると、紙で作ったかのような質感が独特です。
 まだまだ蕾をたくさん持っています。



[ローズガーデン]
 バラが芽吹き始めて、新緑の季節を迎えました 。
 190406_11
 園路沿いにある黄緑色の大きな宿根草は「ユーフォルビア」。フレッシュな黄緑色が目を引きます。

 190406_12
 チューリップも咲き始めました。色、大きさがさまざまで、楽しいです。

ギャラリー
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • 191202三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(12月10日)
  • ライブドアブログ