バラ開花状況

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1705007 三陽ミュージアム 見ごろの花【バラ開花状況】(5月25日)

 三陽ミュージアムでは、今週からローズフェアが始まりました。例年ですとこの時期はまだ早咲きの花が咲いている頃なのですが、今年は天候のせいか全体に開花が早まっており、すでにバラの見頃となっています。
 今回は、ローズガーデンの現在の様子を写真でご案内いたします。
 DSCF5664
 ローズガーデンの入り口、「バラのゲート」です。ピエール・ドゥ・ロンサールというバラを真ん中に、色変わりの2品種を這わせた3つのアーチが並びます。

 DSCF5615
 アーチにからんだバラも近くで見るととても整った花で、華やかです。


 アーチから続く園路沿いでは、イングリッシュローズを中心に、たくさんのバラを植栽しています。
 ほかの草花も美しく咲き競っていますので、あわせてお楽しみください。
 DSCF5661

 DSCF5626

 DSCF5640

 
 DSCF5642
 建物の脇にある「バラのコテージ」のコーナー。つるバラが天井のようになっています。

 DSCF5644
 品種名に芸術家の名前のついたバラを集めた「バラの美術館」のコーナー。今年は花がよく咲きそろっています。

 DSCF5647
 花壇ごとに色別の花が集めてある「バラの海」のコーナーでは、ほかのコーナーと比べると咲き始めのバラが多く、これからが見ごろとなりそうです。

 DSCF5655
 白、桃、赤、橙、黄、紫、と花壇ごとに色のテーマがあります。一緒に植わっている宿根草などとともにお楽しみください。

 DSCF5659
 当館のバラでとても珍しい品種はほとんどありませんが、このバラだけはほかでは見られないかもしれません。
 「ローズ・ドール・ド・モントルー」(モントルーの黄金色のバラ)という品種で、千葉市と姉妹都市の提携を記念して、スイスのモントルー市から贈られたバラです。当館では鉢植えで管理しています。ローズガーデンで見られますので、ぜひ探してみてくださいね。

 たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

1606002 ローズガーデン バラの開花状況・見頃の花 (6月2日)

 三陽ミュージアムでは、引き続きローズフェアを開催中です。
 バラは、最盛期は過ぎましたが、まだまだきれいな花が見られるのに加え、他にも見ごろの花が登場してきています。
 
 現在、ローズガーデン内でたくさんの花が楽しめるのが、「バラの美術館」のコーナー。美術家や、作品の名前のついたバラを集めたコーナーです。
 160602_01

 160602_02

 花壇ごとに色別の花を植栽した「バラの海」のコーナーでも、見ごろが続いています。
 この花壇ではユリが咲き始め、バラと共に楽しめます。
 160602_03

 160602_04
 写真はピンク色がテーマの花壇。中央のバラ、つぼみがまだたくさんありますよ!


 ガーデン内の休憩舎、「ウッディテラス」の前では一重咲きの花がふんわりと咲いています。  
 160602_05
 「ビンゴ・メイディランド」というバラです。花がらを全部取らなければ、秋には実も楽しめます。


 160602_06
 午後からは日陰になる、「バラの小径」のコーナー。
 
 160602_07
 バラと一緒に植わった草花が、勢いよく茂っています。



 ローズガーデン以外の様子も少しご紹介しましょう。
 まずは、館内・中庭の花壇より。紫色の丸い花は「アリウム ギガンチウム」といいます。いうなれば巨大なネギ坊主です。花壇の中にあるとユニークで、目を引きます。
 160602_08


 前庭も植え替えがありました。20周年に合わせ、「20」の模様の花壇です。
 160602_09

 前庭では、「クレオメ」の花も咲き始めています。かんかん照りのお天気は苦手で、昼間にややしおれ気味になりますが、朝や夕方、曇りの日などは花びらがピンとしてきれいです。
 160602_10    

1605009 ローズガーデン バラの開花状況 (5月21日)

 三陽ミュージアムでは、今週から「ローズフェア」が始まりました。温室の裏手にあるローズガーデンでは、バラが大変きれいに咲いています。
 DSC_0014
 ローズガーデンの入り口からしばらく続く園路沿いの「バラの小径」のゾーン。イングリッシュローズを中心に、クラシカルな優しい形のバラを植栽しています。

 DSC_0034
 バラと共に宿根草も元気に育っています。

 DSC_0037
 温室のある斜面の下には、芸術家の名前のついたバラを集めた「バラの美術館」のコーナーが。花が咲きそろってきました。

 DSC_0073
 建物脇にある「バラのコテージ」のコーナーは、つるバラと日陰に強い植物の小庭です。

 DSC_0075

 DSC_0084

 DSC_0095
 白、桃、赤、橙、黄、紫と、色別のテーマの花壇を集めた「バラの海」のコーナー。ジギタリス、クレマチスなど、バラ以外の草花も楽しめます。


 DSC_0091
 ローズガーデンのいちばん奥には、カラフルな中輪咲きのバラを集めた一角もあり、とてもきれいに咲いています。


 今週は土・日とローズガーデン内に売店が出るほか、ローズガーデンのガイドツアーなどのイベントも予定していますので、ぜひお気軽にご参加ください。
 館内入り口では、ローズフェアに合わせてローズガーデンマップを配布しています。

●ローズフェアのイベント
野村和子先生とめぐるローズガーデン
当館相談員・NPOバラ文化研究所理事の野村和子先生と、ローズガーデン内を巡りながらバラのお話を聞くツアーです。
5月21日(土)、5月28日(土) 13:30~、雨天中止 
集合場所:ローズガーデン内「ウッディテラス」

職員とガイドボランティアによるローズガーデンガイドツアー
当館職員、ガイドボランティアが、バラ園の見どころやバラと一緒に咲く草花などについて、ツアー形式でご案内します。
5月22日(日)、5月29日(日)、6月4日(土)、6月5日(日) 13:30~、雨天中止 
集合場所:ローズガーデン入り口「バラのゲート」

※両方とも参加自由(事前予約不要)です。

1605005 ローズガーデン バラの開花状況 (5月14日)

 三陽ミュージアムのローズガーデンでは、春の暖かさのせいか、例年より1週間ほどはやく、バラの開花が始まりました。来週の火曜日(5月17日)からローズフェアが始まりますが、一足早く現在のローズガーデンの様子をお知らせします。
 
 DSC_0001
 ローズガーデンの入り口付近です。まだ咲いていないバラも、つぼみが大きくふくらんでいます。

 
 DSC_0011
 「バラの小径」のコーナーです。ここに多く植栽しているイングリッシュローズの中には、もうかなり花が開いている株も多く、宿根草とあわせて自然な姿が楽しめます。

 
 DSC_0013


 DSC_0020
 緑の色が若々しいのもこの時期ならではです。

 
 DSC_0035
 色別のバラが植えられた「バラの海」のコーナーでは、バラの他に宿根草のジギタリスやシャクヤクなどもよく目立ちます。

 DSC_0038
 花壇のうしろのつるバラも、まもなく満開となりそうです。

 DSC_0050
 いちばん手前は紫色の花を集めた花壇です。

 DSC_0054
 同じくオレンジ色の花壇
 


 DSC_0041
 広場のいちばん奥には、フロリバンダ(中輪咲き)のバラを集めたコーナーがあります。
 
 DSC_0049

 
 今週・来週は週末、ローズガーデンにバラのグッズや飲み物などの売店が出店したり、ローズフェアに合わせてガイドツアーなどのイベントを行いますので、ぜひお越しください。ローズフェアの詳しい情報は、当館のホームページでお確かめください。
 たくさんの皆様のお越しをお待ちしています。

1506004 ローズガーデン バラの開花状況 (6月4日)

 ローズガーデンでは、バラが5分咲きほどの状況が続いています。今週は、「バラの海」のエリアの赤い花のある花壇で、大きな花の品種などが咲いてきて、見頃になってきました。
 「バラの海」の花壇では、スカシユリなどユリの花も咲き始めています。

 150604_01

 150604_02
 同じ花壇の中にある、「オリンピックファイヤー」。オリンピックの聖火を意味するこの花はとても鮮やかな朱色で目を引きます。

 150604_03

 150604_04
 こちらは桃色の花壇にある「桜貝」。周りのホタルブクロなどの花々もよく咲いています。



 芸術家の名前の品種を集めた「バラの美術館」のコーナーは、芸術家の名前のバラがその活躍した年代ごとに並びます。
 150604_05

 150604_06
 「トゥールーズ・ロートレック」。黄色く、大きな花が上を向いて咲きます。
 ロートレックは、フランスの画家で、1890年代に活躍しました。

 150604_07
 「オウギュスト・ルノアール」花茎が太くしっかりしていて、ボリュームのある花が特徴です。鮮やかな桃色です。
 日本でもよく知られる印象派の画家「ルノアール」は、1860年代後半から1900年代始めにかけて作品を残しました。

 

 「バラの小径」のエリアでは、宿根草や1年草、イングリッシュローズが入り混じって咲いています。
 150604_09
 サンジャクバーベナ、宿根リナリア、アカンサス、オルレヤなどが咲いています。

 

 上の写真には写っていない、園路右側の花壇から、見ごろのバラをご紹介しましょう。
 150604_08
 アプリコット色の美しい八重咲きの花、「エブリン」。香りがとてもよく、つる状に枝が伸びます。

  

 バラはありませんが、ローズガーデンの入り口付近にある「ハーブの小庭」も現在たくさんの花が咲いています。ぜひお立ち寄りください。
 150604_10
ギャラリー
  • 1706010 【2017年】ラベンダーデーのお知らせ(6月29日)
  • 1706010 【2017年】ラベンダーデーのお知らせ(6月29日)
  • 1706009 三陽ミュージアム 見頃の花(6月29日)
  • 1706009 三陽ミュージアム 見頃の花(6月29日)
  • 1706009 三陽ミュージアム 見頃の花(6月29日)
  • 1706009 三陽ミュージアム 見頃の花(6月29日)
  • 1706009 三陽ミュージアム 見頃の花(6月29日)
  • 1706009 三陽ミュージアム 見頃の花(6月29日)
  • 1706009 三陽ミュージアム 見頃の花(6月29日)