三陽ミュージアムでは、「フローラルクリスマス」を開催中。その名のとおり、アトリウムでは大きなクリスマスピラミッドを中心にたくさんの花々で彩られたクリスマスの花壇を展示しています。今週からは、植物企画展の「クリスマスフラワー展」が始りましたので、合わせてご覧ください。

 屋外の花壇では、晩秋に咲く花々とともに、場所によってちょっとした紅葉も見られます。また、花壇には冬の花が植わり、季節の移ろいを感じます。
 天気が良い日は散歩にもちょうどいい気候です。お越しの際はぜひ屋外の花壇にもお立ち寄りください!
  
 181129_10
 エントランスもクリスマスの飾りつけになっています。園路沿いでは、サクラの木が紅葉してきており、きれいですよ!

[アトリウムフラワーガーデン]
【エリカ “クリスタルムーン”】 ツツジ科 エリカ属
 エリカはツツジ科の植物で、原種のごく一部はヨーロッパに、大部分が南アフリカに分布します。冬に花が咲くものが、この時期になると鉢花でよく出回ります。
 この「クリスタルムーン」は、花色は淡い緑色、葉や花に毛が生えており、柔らかい印象です。目立つ花ではありませんが、針葉樹のような葉も合わせ、花壇のアクセントになっています。
 181129_03

 181129_02
 入口の花壇で見られます。 

 181129_04
 通路沿いの花壇は、キリスト生誕の夜のシーンです。青色のイルミネーションや、星型の飾りがポイントです。

 181129_01
 中央の大きなクリスマスピラミッド。脇のベンチに座れます。

 181129_05
 アトリウムの2階部分にも、クリスマスの撮影スポットが登場しました!
 サンタクロースたちと一緒に記念撮影をお楽しみください。

[植物企画展]
 アトリウムの中庭側で、「クリスマスフラワー展」が始りました。
 カラフルな、色々な種類のポインセチアや、クリスマスの飾りつけに使う植物、名前にクリスマスとつく植物など、クリスマスにちなんだ展示です。
 181129_06

 181129_07
 ポインセチアだけでも、苞の色、大きさ、形が様々です!



[中庭]
 中庭では秋の花、冬の花が一緒に咲いています。
 181129_08
 写真の花壇では、秋咲きのダリアやパイナップルセージ、冬から春にかけて咲くストック、ビオラ、キンセンカなどが見られます。

 181129_09
 通路の先では、以前にご紹介した皇帝ダリアがまだまだ元気です。


 
[ローズガーデン]
 ローズガーデンでは、まだ少しずつバラが咲き続けています。また、ハーブのコーナーでも花が見られます。

【レオノチスセージ】 シソ科 レオノチス属
 南アフリカが原産。「セージ」と呼ばれますが、ハーブのセージの仲間ではありません。学名は「ライオンの耳」の意味で、英名も同じく「lion's ear」(ライオンの耳)。秋が深まってから咲き、オレンジ色の花が鮮やかです。耐寒性は強くないようですが、当館では庭で特に何もしなくても越冬しています。他の花がなくなってからも咲いているため、このブログでは毎年のようにご紹介しています。
 181129_12
 
 181129_11
 ローズガーデン入口の「ハーブの小庭」で咲いています。前庭でも見られます。

 181129_13
 アーチに絡んで咲く赤い花は「ルージュ ピエールドロンサール」

 181129_14
 ピンクの小さい花が集まって咲く「バレリーナ」。実と一緒に見られるのは、この時期ならではの楽しみです。