三陽ミュージアムでは、秋の花々が見ごろになっています。秋のお彼岸に合わせるように、ローズガーデンではヒガンバナがたくさん咲いているほか、前庭ではコスモス、館内ではキクやケイトウ、中庭ではダリアなど、色とりどりの秋の花が楽しめますのでどうぞごゆっくりお楽しみください。
 今回は、今がちょうど見ごろのヒガンバナの様子からご紹介します。



[ローズガーデン]
 180922_19
 先週に咲き始めの様子をご紹介したヒガンバナは、お彼岸に合わせるように咲きそろいました。

 180922_20
 ヒガンバナの上で咲くのは白花のフヨウ(芙蓉)。清楚な美しさです。

 180922_18
 ローズガーデンの奥、海浜公園のパルコース(運動広場)に近い場所で見られます。



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムの花壇は「ハロウィンガーデン~魔女からの招待状~」というテーマで、ハロウィンの飾りや秋の花々でいっぱいの展示を行っています。中に入れる写真撮影スポットもたくさんありますので、ぜひご利用ください!
 180922_01
 棺桶の中からはガイコツがちらりとのぞいています。

 180922_02
 通路沿いには、ハロウィンモチーフの木のパネルが。

 180922_03
 魔女の釜のまわりには、炎をイメージしたケイトウやハゲイトウが植わっています。

 180922_04
 そして中央の花壇には魔女の館が。中には怖~い魔女がいますよ!



[中庭]
 あたらしく花を植栽し、秋らしい花壇になりました。また、秋咲きの宿根草も見ごろになっているものがあります。
 180922_05
 アトリウムから出てすぐのところでダリアがたくさん咲いています。大きな花はとても華やかで目を引きます。
 
 180922_06
 ダリアと一緒に咲く、白い小花「クジャクアスター」もきれいです。

【カリオプテリス “スノーフェアリー”】 クマツヅラ科 カリオプテリス属
 日本の山野に自生する「カリガネソウ」の斑入り品種です。細かい葉に白い斑が入り、涼しげな姿をしています。「カリガネソウ」の名前の由来は鳥の「雁(かり・かりがね)」に花の形が似ていることから。同じく花の形から、「ホカケソウ(帆掛草)」という別名があります。花の上にカールした雄しべが飛び出す、変わった形の花です。
 180922_07
 
 180922_08
 中庭のレストランとの境にある花壇で見られます。近くには、斑が入らないカリガネソウもあります。



[ベランダガーデン]
[植物企画展]
 ベランダガーデンでは、植物企画展の「コリウス展」を開催中。カラフルな葉が特徴の「コリウス」の鉢植え35種類ほどを展示しています。色鮮やかな葉をお楽しみください。
 180922_09
 


[キッチンガーデン]
 冬野菜を植えつけました。ほかに、前からあるもので花が咲いているものがあるのでご紹介します。
【ローゼル】 アオイ科 ヒビスクス属
 別名「ロゼリソウ」。アフリカ原産の1年草で、葉のつけ根に直径7~8cmほどのクリーム色の花が咲きます。花の中央部が赤色になるのが特徴です。肥大したガクが食用になり、ハーブティーとして売られている「ハイビスカスティー」は、このローゼルを使ったものです。
 180922_11
 モミジのように細く分かれた葉も特徴です。

 180922_12
 このほか、キッチンガーデンではかわいらしいニラの花も見頃です。



[前庭]
 コスモスや宿根サルビア類など、たくさん花が見られます。
 180922_13
 コスモス花壇の様子。草丈は50cmほどと小さいのですが、たくさん咲いています。

[植物企画展]
 前庭では植物企画展「コスモス展」が始まりました。お隣の花壇にあるキバナコスモスを含めて、およそ30品種のコスモスが見られます。まだ苗が成長途中で、花は少なめです。もう少し育ってくると、たくさんのユニークな花が見られると思います。
 180922_14

 180922_15
 八重咲きの品種。ボリュームがある花です。



[通用路脇花壇]
 前庭の柵の外側、建物に向かって右手の通用路沿いの花壇で、秋らしい花が咲いています。
【ワレモコウ】 バラ科 ワレモコウ属
 日本では古くから秋草として観賞されてきた植物です。カサカサとした、暗紅色の花序を枝の先端につけます。ワレモコウは漢字で「吾亦紅」または「吾木香」と表し、奈良時代には登場していましたが、名前の由来は明らかではないそうです。
 180922_16

 180922_17