三陽ミュージアムでは、現在、夏の植物たちが主役の花壇をお楽しみいただけます。植物企画展「ハワイの植物展」「つる植物展」「トウガラシ展」を、それぞれ温室、中庭、光庭で開催中。あわせてぜひご覧ください。
 
 今回は、現在の花壇や花々の様子を写真でご案内します。

[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムでは「ワールドアドベンチャーガーデン」というテーマで、熱帯植物がたくさんの花壇を展示中。熱帯の観葉植物が温室以外で見られるのはこの時期だけです!どうぞ、探検家になった気分でお楽しみください。
 DSC_0004
 写真の手前、中央が黒っぽい大きな葉は「コロカシア」という植物で、日本のサトイモの仲間です。



[光庭]
 DSC_0013
 シンボルツリーのエゴノキがある光庭では、季節の花のハンギングバスケットや寄せ植えを展示しております。
花の前にはベンチがあり、おすすめのフォトスポットのひとつです。

 DSC_0006
 現在、植物企画展の「トウガラシ展」と「つる植物展」を開催中。

 DSC_0020
 こちらは激辛で有名な「ハバネロ」というトウガラシです。垂れ下がる実は日本のタカノツメとは違って、丸っこくて肉厚です。

 DSC_0014
 つる植物展で展示中の「ルコウソウ」。星型の赤い花がかわいらしいです。



[中庭]
 宿根草や夏の1年草が楽しめます。緑でいっぱいの空間です。
 DSC_0024

 DSC_0030
 赤くて丸い花は「センニチコウ」の「ストロベリーフィールド」という品種です。秋まで楽しめます。

 

[温室]
 ハイビスカス、グズマニア、洋ランなどの花々が咲いています。ハワイにちなんだ植物をご紹介する「ハワイの植物展」を開催中です。
 DSC_0041
 変わり咲きの「フラミンゴ」という品種。ハイビスカスの花の寿命は長くて2~3日なので、咲いているところに出会えたらラッキーです!

 DSC_0042
 ハイビスカスだけでなく、カラフルな熱帯の花々が見られます。ハワイが原産のものやハワイでよく栽培される植物には、特別な名札がついていますので、探してみてくださいね!



[キッチンガーデン]
 アトリウム2階から外に出た場所にあるキッチンガーデンでは、夏野菜が見られます。ピーマン、ナス、オクラ、落花生などが植えてあり、花が咲いたり実がなっているものもあります。
 DSC_0059



[前庭]
 前庭ではカラフルな1年草が見頃です。噴水花壇の花々は、ブルーサルビア、マリーゴールド、ポーチュラカ。
ポーチュラカの花は午前中によく開くので、カラフルな花壇をご覧になる場合は、早い時間がおすすめです。
 ヒマワリ花壇はまもなく植え替えがあり、コスモスの花壇になる予定です。コスモスの見頃は9月下旬ごろになると思いますが、どうぞお楽しみに!
 DSC_0088



[ローズガーデン] 
 現在咲いているのはミソハギ、バーベナ、ジニア、宿根フロックス、ネコノヒゲなど。秋の開花シーズンに向けて剪定(せんてい:枝を切ること)がありますので、しばらくの間バラの花は見られなくなりますが、ダリアなど、他の花が見ごろになると思います。お越しの際はお立ち寄りください。
 DSC_0069