三陽ミュージアムでは、現在夏の花々が見ごろになっています。

 館内のアトリウム花壇では、「フラワーアドベンチャーガーデン」のテーマで熱帯の観葉植物や花がいっぱいの花壇を展示中。南の島を探検する探検家になった気分でお楽しみください!

 また、植物企画展も開催中です。温室で「ハワイの植物展」を、中庭と光庭で「つる植物展」を、光庭で「トウガラシ展」をおこなっていますので、ご来館の際はどうぞご覧ください。

 それでは、今回も館内や屋外花壇で見頃の植物たちをご紹介します。



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムでは熱帯植物をたくさん使った花壇を展示中。この期間の主役は、花の咲く植物だけでなく、カラフルだったり、面白い形や模様になっている葉が特徴の観葉植物です。
 今回は、たくさんある観葉植物の中から1つご紹介します。
【アグラオネマ】 サトイモ科 アグラオネマ属
 主にマレー半島が原産です。サトイモ科の観葉植物で、草丈1mを超えるものや、這い性のものなど様々な種類、品種があります。葉に美しい模様があったり、カラフルになる品種があり、観葉植物として栽培されます。高温多湿を好む熱帯植物で、冬越しのためには12~13℃以上の温度が必要です。
 180817_02

 180817_03
 いずれもアトリウムの花壇で植栽しています。

 180817_01
 そのほかの観葉植物や熱帯の花々もたくさん植わっています。



[中庭]
中庭では、夏の宿根草が見ごろになっています。
【ヘリアンサス "レモンクイーン"】 キク科 ヘリアンサス属
 草丈は150cmほどになるものの、花は小型のヒマワリの仲間です。花の径は10cmほど。毎年花が咲く宿根草で、レモン色の花が涼しげです。
 180817_05

 180817_06
 中庭では、緑が色濃い季節になっています。センニチコウ、ブルーサルビア、カラミンサ、アンゲロニアなど、夏の花々が咲いています。



[光庭]
[植物企画展]
 光庭では、植物企画展の「つる植物展」、「トウガラシ展」を開催しております。
 180817_07
 こちらはつる植物展の展示。午前中の早い時間だと、アサガオの花が見られます。

 180817_04
 こちらは、同じくつる植物展の、中庭の展示です。中庭では、花が咲く種類のつる植物を多く植栽しています。
 
 180817_08
 トウガラシ展では、30種ほどの品種を展示中です。日本のトウガラシ、世界のトウガラシ、色々な色、形のものがありますので、この機会に見比べてお楽しみください。

【トウガラシ "タバスコ"】 ナス科 トウガラシ属
 上向きの実がたくさんつき、淡い黄緑色から黄色、橙、赤と色が変化していきます。メキシコのトウガラシですが、世界的に有名なホットソースは、アメリカでつくられました。
 180817_09



[ベランダガーデン]
 アトリウム2階から出られるベランダガーデンでは、ベランダなど地面がなかったり、狭いスペースでも楽しめる植物の提案をしています。寄せ植えやハンギングバスケットを展示中です。
 現在はベゴニア、ペチュニア、ポーチュラカなど、夏の1年草や低木などを組み合わせた寄せ植えがご覧いただけます。色とりどりの花々をお楽しみください。
 180817_10

 

[キッチンガーデン]
 ベランダガーデンからさらに一段上に、野菜の植わったキッチンガーデンがあります。この時期はピーマン、メロン、バジル、落花生、オクラ、シソなどが見られます。
 180817_11



[前庭]
 前庭では、たくさんの品種が植わったヒマワリ花壇が見ごろになってきました。
 180817_12
 
 180817_13
 こちらは「スターバースト レモンオーラ」という品種です。八重咲きでレモン色。草丈は120cmほどです。



[脇庭]
 レストラン脇からローズガーデンに向かう通路沿いの脇庭でも、この時期ならではの花々が咲いています。

 180817_14
 
【ボタンヅル】 キンポウゲ科 センニンソウ属
 日本、朝鮮半島、中国に分布するクレマチスの仲間で、径1.5cm~2.5cmの小花がたくさん集まった花序をつけます。花びらにあたる部分は4枚、雄しべが放射状にたくさん伸びて、かわいらしいです。
 花は同じく国内に自生する「センニンソウ」に似ていますが、葉は全く違い、ボタンヅルは3つに分かれた形(3出複葉)です。
 180817_15

【ジンジャー】 ショウガ科 へディキウム属
 夏から秋にかけて開花する大型の宿根草で、とても良い香りがあるのが特徴です。この属の中には花色が桃、橙、黄などになる種類があり、それらを交配した園芸品種も多数あります。耐寒性はさほどありませんが、当館では特に何もしなくても戸外で越冬し毎年花をつけています。
 180817_17

【ノウゼンカズラ】 ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属
 ラッパ型の花を枝先にたくさん咲かせるつる植物で、花期は夏です。本来のノウゼンカズラは淡い橙色に赤色のすじが入る花です。当館にあるものは、近縁のアメリカノウゼンカズラとの雑種だと思われます。花色はアメリカノウゼンカズラに、形はノウゼンカズラに似ています。葉の裏に毛があることで見分けます。
 180817_18

 180817_16
 脇庭の、レストランの壁面沿いで見られます。



[ローズガーデン]
 夏の宿根草や一年草、ちらほらとですがバラの花が見られます。
 180817_19
 「バラの小径」のエリアでは、宿根バーベナや香りアザミ、ジニア、ネコノヒゲなどの花が見られます。

 180817_20
 「バラの海」のエリアは、宿根フロックス、ダリア、ミソハギ、ルドベキアなどが見られます。