三陽ミュージアムでは、9月10日までフェア「トロピカルパラダイス」を開催しています。アトリウムの花壇は冒険をテーマにしており、カラフルな観葉植物の花壇がもう少しの間お楽しみいただけます。
 8月の終わりは雨となりました。前回の記事でご紹介したブルーサルビアやメランポジウムも雨にぬれて、少し頭が重そうです。ヒマワリの花壇の植え替えに続き、9月に入ると噴水花壇も秋の花々に模様替えです。リニューアル後の花壇もどうぞお楽しみに!
 170831_01

 170831_02


 170831_03
 今週は、秋バラのシーズンに向けて、職員で夏の剪定を行いました。そのときに切った部分の花々を建物入り口の受付カウンターで飾っています。秋の開花は10月中旬頃かと思いますが、そちらもお楽しみに!
 

 雨降りのため、今回は館内にたくさんある観葉植物や温室の花の中から、いくつかご案内しようと思います。

[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムでは、「フラワーアドベンチャーガーデン」というテーマの花壇を展示中です。南の島で冒険するような気分でお楽しみください。
 170831_04

 170831_05

 170831_06

【カラジウム】 サトイモ科 カラジウム属
 南アメリカの熱帯地方が自生地のサトイモ科の植物で、葉色の美しさからたくさんの園芸品種があります。高温を好むため、観葉植物の中でも夏によく出回ります。一年草として扱いますが、越冬させたい場合は秋になって温度が下がりだす頃、葉が黄色くなってきたら水やりを控え、休眠させます。暖かい場所に置き、乾燥した状態にしておきます。
 170831_07

 170831_08
 花が少ない時期でも、カラフルな葉が目を楽しませてくれます。

 170831_09
 アトリウム中央の花壇。石の洞窟がポイントです。中に入ることができます。

【ディジゴテカ "グリーン エレガンス"】 ウコギ科 ディジゴテカ属
 南太平洋諸島原産、大きく育つと10mにもなる植物です。細く切れ込んだ葉が独特で、面白い形です。室内植物としてよく流通し、旧属名が元になった「アラレア」という名前で扱われることも多いです。室内で育てる場合には、カイガラムシがつきやすいので注意します。
 170831_10

【ピレア "ムーンバレー"】 イラクサ科 ピレア属
 ピレアの仲間は熱帯から亜熱帯にかけて多く分布し、世界に400種ほどがあります。葉の形や模様、大きさなどがさまざまで、園芸植物として栽培されるものがいくつもあります。
 この「ムーンバレー」は遠目にはミントのようにも見ますが、葉の表面はちりめん状の凹凸があり、さわると厚みがあります。葉色は黄緑色ですが、葉脈は褐色です。寒さには弱いですが、育てやすい植物です。
 170831_11
 目立ちませんが、花をつけているようです。

 
 このほか、アトリウムの一番奥、小さい花壇もご紹介しましょう。
 170831_12
 火鉢に落ちる水の音が涼しい花壇。本来は大きな石があるのですが、植物が茂ってきて見えなくなってしまいました。

 こちらでおすすめしたいのが、斑入りのクワズイモとモンステラです。
 170831_13

 170831_14
 水彩絵の具で色をつけたように、美しい斑入り葉のクワズイモ(上)、モンステラ(下)。実は、6月頃にアトリウム中央の花壇(テーマはジューンブライド)に植栽していたものですが、その頃は草丈30cmほどでひょろひょろとしていました。夏になり、ぐっと大きく成長して美しい姿になりました。ちなみに温室には斑のないクワズイモやモンステラがありますので、比べてみると色の違いが面白いです。


 
[温室]
 温室では、ヤシやヒカゲヘゴなど大型の熱帯植物や、ハイビスカスやプルメリアなどの花々が見られます。
 今回は2階部分から、いくつかご紹介します。
 170831_15
 
【オドントネマ】 キツネノマゴ科 オドントネマ属
 メキシコ、中央アメリカが原産の植物で、2mほどの大きさになります。花は赤く、茎の先端に円錐状の花序をつけます。ひとつひとつの花は細長いラッパ型で、筒の部分が長さ3cmほど。すべてが一度には開かず、いくつかずつ咲きます。当館では毎年8月頃に開花しています。
 170831_16

【ヒコウキソウ】 マメ科 クリスティア属
 中国南部、インドシナ半島南部に分布します。グライダーのような三角の葉が面白い形です。葉脈に沿って、赤く色がつき、縞模様になります。寒さに弱いため、通常は一年草として扱われます。日本では飛行機ですが、中国名は「蝙蝠草」、コウモリに例えるようです。
 170831_17

 170831_18
 同じく温室2階の橋のそばで、きれいな花が見られます。

【サンタンカ】 アカネ科 イクソラ属
 中国、マレーシアに自生のある常緑低木です。日本には江戸中期に、琉球を経て渡来しました。小さな花が集まってアジサイのような半球形の10cmほどの花序を作り、開花は夏ごろです。花は赤みのある橙色で、ひとつひとつは細長い筒状で、先が4つに分かれます。「花びら」に当たる部分は丸みがあります。
 170831_20

【イクソラ "スーパーキング"】 アカネ科 イクソラ属
 サンタンカと同じ属で、スマトラ原産の「ダッフィー」種(Ixora duffii)と他種の雑種と考えられる種類で、大きな赤い花が特徴です。ほぼ周年開花します。サンタンカに比べて、花のひとつひとつが大きく、花びらの部分はとがった形をしています。
 170831_19
 橋から滝のほうを見ると、咲いている花が見られます。