三陽ミュージアムでは、現在「フローラルアドベンチャーガーデン」のテーマでアトリウム花壇を展示しております。冒険心をくすぐられるような花壇をお楽しみください!
 屋外花壇では、前庭でジニア(百日草)、ローズガーデンで大型のダリアなどの花々がきれいに咲いています。ご来館の際は、散策をしながら、どんな花が咲いているかぜひ探してみてください。

 また、今週からアトリウムで、千葉市の農政センターによるラン「カトレア “ムラサキノウスヨウ”」の展示を行っております。

[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムでは、船に乗って冒険の旅に出かけるイメージで、カラフルな観葉植物で彩られた花壇をお楽しみいただけます。
 170706_01
 館内に入ってすぐの花壇にあるのは、帆船「フローラルアドベンチャー号」です。3人まで乗ることができます。冒険気分で、記念撮影はいかがですか?
 この花壇では、乾燥地に生育するような植物を中心に植栽しています。
 
 170706_02
 こちらは南国風の花壇です。ベンチの上にはフルーツがたくさん。木にはオウムが止まっています。

 170706_03
 中央の花壇には石でできた洞窟があり、中に入ることもできますよ。
 
 170706_04

【クルクマ “ピンクパール”】 ショウガ科 クルクマ属
 黄色の染料や香辛料に用いられる「ウコン」と同じ属の植物で、属名は、アラビア語の「黄色」にちなみます。園芸種は花(色のついた苞)が美しく、大型のものは切花用、小型のものは鉢植えや花壇用などに利用します。今回、アトリウムではこの中央の花壇などに、大きさの違う2種類を植栽しています。
 170706_05
 石の洞窟の上に植えてあるのが、小さいタイプのクルクマです。ピンク色が鮮やかです。


 アトリウムの光庭側の窓辺で、千葉市の農政センターが市内の農家と共同で開発したカトレア「ムラサキノウスヨウ」を展示中です。詳しい解説のパネルもありますので、あわせてご覧ください。
 170706_07

【カトレア “ムラサキノウスヨウ”】 ラン科 カトレア属
 千葉市と市内のラン農家が開発した新品種のカトレアで、平成25年に英国王立園芸協会に交配種登録しました。花の色を平安時代の女房装束の色使い、「かさねの色目」のひとつに見立て、名づけられました。紫色や白に近い花など、兄弟株でも色がさまざまで、どれも美しいです。
 170706_06



[温室]
【ギンコウボク】 モクレン科 オガタマノキ属
 中国南部や熱帯アジアに見られる高木で、高さ10mほどになります。径が5cmほどの、白く花びらが細長い花で、芳香が強いのが特徴です。温室で咲いているものはやや高い位置にあり、下から見るようになりますが、近くに行くと甘い香りが漂います。
 170706_08

 170706_09
 温室2階、非常口のそばで咲いています。



[ベランダガーデン]
 ベランダガーデンでは夏の草花を使った寄せ植えをご覧いただけます。気温が高くても元気に咲く花々です。
 170706_10



[キッチンガーデン]
 夏野菜が育っています。鳥よけの糸が張ってありますので、お気をつけください。
【トウモロコシ】 イネ科 トウモロコシ属
 トウモロコシは、別名「トウキビ」「ナンバンキビ」といい、原産地は中南米です。メキシコでは、古く紀元前3000年ごろには栽培されており、新大陸発見と共にヨーロッパへ、その後世界各地へ広まりました。花は雄花と雌花が別々の部分に咲き、先端に咲く大きな花が雄花、葉の間にできるのが雌花です。
 170706_11
 トウモロコシの雄花

 170706_12
 トウモロコシの雌花

 170706_13
 キッチンガーデンでは、ほかに、ナスやカボチャ、ズッキーニ、オクラ、エキナセアなども見られます。



[前庭]
 170706_14
 高性のジニア(百日草)が元気いっぱいに咲いています。クレオメはまもなく花が終わります。

【ニューサイラン】 ユリ科 フォルミウム属
 ニュージーランド原産の大型の植物で、長い剣状の葉が特徴です。庭植えにするほか、切花用にも流通します。前庭のものは銅葉の品種です。とても大きな株に育っていて、現在花が見られます。花は夏咲きで、2mはありそうな葉のさらに上に、花茎を長く伸ばして咲きます。一つ一つは上をむいていて、全体に黒~濃赤色、花弁のふちだけが黄色です。中から伸びる雄しべや雌しべも見えます。
 170706_15

 170706_16



[ローズガーデン]
【アーティチョーク】 キク科 チョウセンアザミ属
 以前に見ごろの花の記事でご紹介したカールドンを改良してできたといわれる植物です。つぼみのときに、うろこ状についた総苞片(がくのような緑色の部分)を食用にします。
 花は巨大なアザミのような花で、鮮やかな青紫色です。花の径が15cmほどになる、大きな花です。
 170706_17

【ダイヤーズカモミール】 キク科 アンテミス属
 ヨーロッパ原産で、カモミールの中でも「ローマンカモミール」の仲間の植物です。和名は「コウヤカミツレ」。日当たりと、水はけの良い場所を好みます。鮮やかな黄色い花が美しく、花壇でも活躍するほか、花は染料や切花にも利用できます。
 170706_18

 170706_19
 ローズガーデンの「ハーブの小庭」で見られます。

 ローズガーデンでは、宿根バーベナ、フロックス、大型のダリアなど、季節の宿根草が見られます。ぜひお越しの際はお立ち寄りください。
 170706_20