三陽ミュージアムでは、ハッピーイースターフェアを開催中です。館内、アトリウムでは、「フラワーカラーを楽しむイースターガーデン」の花壇を展示しています。
 屋外花壇の花々もどんどん春らしくなってきており、前庭花壇ではアイスランドポピーやネモフィラ、デージーなど春の花々が色鮮やかになってきました。
 チューリップや、当館に1本だけのソメイヨシノの花も咲き始めました。

 どうぞ、春の三陽ミュージアムで、たくさんの花々の美しい姿をお楽しみください。


[アトリウムフラワーガーデン]
 春の花々でいっぱいです。花壇ごとに色のテーマがありますので、どんな色がテーマなのか、なども合わせてお楽しみいただけます。
 170404_01
 アトリウムは入り口からタマゴがいっぱいです。

 170404_02
 マーガレット、プリムラなど、春の花々が花壇を彩ります。

 170404_03
 カラフルな花々をお楽しみください。

【アマリリス パピリオ】 ヒガンバナ科 ヒッペアストルム属
 アマリリスの原種のひとつで、原産はブラジル南部です。花は淡い緑色の地で、中央部はえんじ色、そのまま外に向かってすじ模様となっていきます。ユニークな花色が何ともいえず魅力的な花です。
 170404_04



[光庭]
 上でご紹介したパピリオのある窓の外側、光庭では、たくさんではありませんが原種系のチューリップが開花中です。
 170404_05
 一般的なチューリップに比べるとかなり小型の花々で、形もいろいろです。光の当たる午前中によく開きます。

 170404_06
 こちらは「ヒュミリテ リリパット」という品種。少しすぼまったような形の花がかわいらしいです。花は赤、内側が青紫色をしています。草丈は10cm程度。



[中庭]
 アトリウムから出入りできる中庭でも、花々が元気よく咲いています。
【ラナンキュラス "ラックス"】 キンポウゲ科 ラナンキュラス属
 「ラックスシリーズ」は草丈40cm程度、枝分かれして咲く花の径が6cmほどのラナンキュラスで、今年は屋外の花壇に植栽しています。色によって品種名がついていますが、今回は混植しています。花びらにつやがあり、花の色自体も鮮やかなので花壇では主役になる花々です。
 170404_08

 170404_07
 中庭はたくさんの花が咲き競っていて、とてもにぎやかな花壇です。



[温室]
 170404_8_2
 ヒスイカズラの開花が続いています。

 170404_09
 現在はやや短めの房が多いのですが、花色は相変わらず美しいです。



[前庭]
 噴水の周辺などの花壇も、日に日に色鮮やかになってきています。
 170404_10

 170404_11
 アイスランドポピーの花壇。かなり花数が増えてきました。

【アーモンド】 バラ科 サクラ属
 前庭のアーモンドの木が花をつけているのでご紹介しましょう。植えてから2年目、まだまだ小さいのですが、ゆっくりと成長していて、確実に花の数が増えています。アーモンドはモモに近い種類の植物で、花色は白く、中央部だけが赤色になる、美しい花です。花の径は4cmほどで、サクラ類などと比べて大きいです。葉が開く前に、花だけが咲きます。
 170404_12
 
 170404_13
 アーモンドの足元ではチューリップも開き始めています。


 170404_14
 こちらは当館の花の門(正門)を入ったところにあるサクラ、ソメイヨシノです。

 170404_15
 現在は5分咲きほど。暖かさで一気に開花が進むかもしれません。



[ローズガーデン]
【ユーフォルビア ウルフェニー】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
 地中海沿岸地域が原産の大型の宿根草で、草丈は1mほど。春先、茎の先端に円柱状に花をつけます。花の周りの苞の部分が黄緑色です。この時期、ローズガーデンで大変よく目立ちます。
 170404_16

 170404_17
 ローズガーデンの入り口、アーチ付近の園路沿いで見られます。

【サンシュユ】 ミズキ科 ミズキ属
 原産は朝鮮半島で、日本には江戸時代に薬用植物として渡来しました。別名に「ハルコガネバナ」という呼び名があるように、3月ごろから、枝に黄色く小さい花をつけ、木の全体がふんわりと黄色く色づいたように見えます。花のあと、5月頃には実が赤く熟します。
 170404_18

 170404_19
 ローズガーデンの大きなあずまや、ウッディテラスの近くで開花中です。