三陽ミュージアムでは、現在「夏の夕涼みフェア」を開催中です。冷房が入り、涼しい館内では観葉植物や、南国の花々をお楽しみいただけます。植物企画展「グリーンカーテン見本展」のほか、28日までは「変化アサガオ展」も開催中。どうぞごゆっくりお過ごしください。
 
 当館は9月4日まで、入館料無料でご利用いただけます。同じ期間中は、開館時間も19時まで延長しております。夕方以降も、お散歩ついでになど、ぜひお立ち寄りくださいませ。なお、駐車場はプールの開園期間と重なる8月中は、たいへん混み合うことがあるほか、駐車料金は1回600円となっております。お越しの際は公共交通機関のご利用をおすすめします。



[アトリウムフラワーガーデン] 
 アトリウムは、花壇のテーマが「トロピカルパラダイス」。カラフルな南国の花々や、観葉植物がいっぱいの花壇です。中央のガゼボには入ることができますので、記念撮影などもお楽しみいただけます。
 160824_01
 風鈴の音や、花壇にある小さな池の噴水の音が涼しげです。



[光庭]
[植物企画展]
 光庭では、植物企画展「変化(へんか)アサガオ展」を開催中。また、グリーンカーテンの展示も一部こちらで行っております。
 160824_02
 変化アサガオ展の展示の様子です。60鉢ほどの、とても変わった花のアサガオを展示中です。
 

 160824_03
 采咲き(さいざき)という、花びらが細く切れた咲き方の花です。アサガオというよりナデシコのようです。

 160824_04
 こちらは牡丹咲き(ぼたんざき)と呼ばれる咲き方。八重になります。

 アサガオですので、朝がいちばん状態が良いです。ご覧になる場合は、11時ごろまでにお越しください。



[中庭]
 160824_05
 中庭でも植物企画展の「グリーンカーテン見本展」を開催しています。今回はこの中からひとつご紹介しましょう。

【フウセンカズラ】 ムクロジ科 フウセンカズラ属
 北アメリカが原産の1年草のつる植物です。栽培が容易で、つるがよく伸びるので、グリーンカーテンの植物としてはおなじみの植物のひとつです。育ててみるとあまり横には広がらず、上へ上へのびる性質のように感じます。花はとても小さく、花のあとにできる実が名前の由来です。実は径が3cmほどの丸い実で、中を開くと3つの部屋に分かれています。種は黒く、白いハート型のような模様がつくのが特徴です。次の年に播いても良く発芽します。
 160824_06

【サルスベリ】 ミソハギ科 サルスベリ属
 サルスベリは、中国原産で夏に花を咲かせる花木です。漢字では「百日紅」。幹がつるつるとしているのが特徴で、庭木、公園木、街路樹などに利用します。園芸品種が多数あり、花色は、赤、桃、紫、白などがあります。 160824_07
 中庭では、温室のそばで紅色の花が見られます。

 160824_08
 中庭ではこのほかにも、夏の花々が色鮮やかに咲いています。


 
[温室]
【タビビトノキ】 バショウ科 タビビトノキ属
 タビビトノキは、マダガスカル原産の植物で、熱帯各地で観賞用に栽培されます。名前は茎の基部にたまった水を旅人が飲んだことにちなむといわれます。別名「オウギバショウ(扇芭蕉)」、確かに扇のような形です。
 葉の分かれ目のあたりから花を出します。現在、咲き終わって種になったものを温室1階のあずまやで展示中です。種の外側がコバルトブルーで、とても美しいです。
 160824_09
 原産地では、サルが受粉の手伝いをしているそうです。

 160824_10
 温室2階にある大きな親株。花が出ているのがわかります。

 160824_11
 中央あたりの、まだ緑色のとがったものが今咲いている花です。

【グロッバ】 ショウガ科 グロッバ属
 タイ原産の植物で、花序は弓なりに垂れ下がります。並んだ苞に色がつき、中から飛び出す小さい花は黄色です。とてもユニークで面白い形の花ですので、お越しの際はぜひご覧ください。温室2階、コチョウランの花があるそばで見られます。
 160824_12
 
 160824_13
 写真では、コチョウランの右後ろにあります。



[キッチンガーデン]
 屋上キッチンガーデンでは、夏野菜が見られます。
【オクラ】 アオイ科 トロロアオイ属
 アフリカ大陸が原産の植物で、野菜として食べているのは若い実です。花は、径が6cmほどあります。黄色で、中央部だけが濃赤色です。花だけでも観賞用に向きそうな美しい花です。
 160824_14

 160824_15
 キッチンガーデンの角に近い、壁の近くで見られます。



[エントランス]
【ブーゲンビレア】 オシロイバナ科 ブーゲンビレア属
 南アメリカ原産の植物で、トゲのあるかたい茎がつる状に伸びて育ちます。花は、苞の部分に鮮やかな色がつき、美しいです。園芸品種が多く、苞が紫だけでなく白、桃、橙になる品種があります。苞の中心部につく細長いのが花です。
 160824_16

 160824_17
 エントランスではいろいろなヒマワリも鉢植えで展示しています。


[脇庭]
【シマトネリコ】 モクセイ科 トネリコ属
 国内では沖縄に、そこから台湾、中国、フィリピンからインドまで分布があります。羽状複葉になる葉はつやがあって美しく、庭木や公園木、室内用の観葉植物としても流通します。
 現在、木についている白っぽいものが目立ちますが、花ではなく、果実(翼果:よくか)です。
 160824_18

【ジンジャー】 ショウガ科 ヘディキウム属
 1mをこえる大型の宿根草で、夏に花を咲かせます。切り花や花壇用に栽培され、白い花には甘くさわやかな芳香があります。日本には江戸時代に渡来しました。
 同じ仲間の原種には白の他に黄色や橙、紅色があり、それらを交配した園芸品種もいくつも生みだされています。
 160824_19