皆様、こんにちは。
三陽ミュージアム(千葉市花の美術館)は、4月2日に開館20周年を迎えました!

4月2日当日、20周年記念感謝祭のメインイベントとして、NHK・Eテレ「趣味の園芸」のナビゲーターとしてお馴染みの俳優三上真史さんをお迎えしてトークショーを行いました!

大盛況を迎えたトークショーの様子をお伝えしたいと思います。

あいにくの曇り空と寒さでしたが、こんなにもたくさんの方々にお集まりいただきました!
DSC_0011 (640x427)

三上さんがナビゲーターを務めるNHK・Eテレ趣味の園芸も2016年に放送50年目を迎えるそうです!
同じくアニバーサリーイヤーを迎える趣味の園芸のお話を中心にトークがスタートします。

同番組内のコーナー「花信(かしん)~こころ咲かせる~」(草花をめぐるかけがえのない思い出などのお便りを読むコーナー)では、当館にも何度か撮影に来ていただきました。
そのご縁もあって、今回なんと三上さんご自身が書かれた「花信」を読んでいただきました!
花信のテーマの1つでもある「草花がとりもつ素敵な関係」が今回のトークショーで垣間見えたように感じます。

後半は、「園芸王子」の愛称をもつ三上さんによる寄せ植えコーナー!
こちらでご用意した複数の鉢と花材の中からお好きなものを選んでいただき、「20周年を迎えた千葉市花の美術館に飾る寄せ植え」というリクエストで作成をお願いしました!
DSC_0060 (640x427)
DSC_0064 (640x427)
さすが園芸王子!
寄せ植え作成のプロセスや花言葉などの解説を交えながら、華麗な手さばきで、寄せ植えがどんどん出来上がっていきます。

そして、完成作品がこちら。
DSCF6499 (480x640)

作品のテーマ「元気いっぱい笑顔花咲く寄せ植え」

~三上さんのコメント~
20周年おめでとうございます。
千葉市花の美術館に来ると、あでやかな草花たちの見事な植栽と、明るいスタッフさんたちのステキな笑顔にいつも元気をもらいます。なので、「元気」という花言葉をもつオステオスペルマムを使い、元気いっぱいに笑顔の花咲く春の寄せ植えを作らせていただきました。まだキンギョソウは蕾なのですが、これから咲いて花もいっぱいになるはず。僕も楽しみです。



三上さんの心のこもった寄せ植えは館内の光庭にて展示しています!
これからキンギョソウはどんどん花を咲かせていきます。
すでにご覧にいただいた方も、この寄せ植えがどのように育っていくか、またぜひ様子を見にきてくださいね。
DSC07893 (640x425)


三上さん、20周年記念感謝祭にご来館いただいたみなさま、ありがとうございました!


三陽ミュージアム(千葉市花の美術館)では、今後もご来館いただく皆様に楽しんでいただけるよう、たくさんの展示やイベントなどでお迎えしますので、ぜひ遊びに来て下さいね

これからも開館20周年を迎えた当館をどうぞよろしくお願いいたします