このバラの開花状況の記事では、現在のローズガーデンの様子をお知らせしようと思います。

 5月29日現在、ローズガーデン全体で見ると開花は5分咲き程度です。株によって、満開の株もあればつぼみばかりのものもあります。

 ※お願い
 バラをご覧になったり、写真を撮られるときに、花壇の中に足や三脚の脚が入らないよう、お気を付けください。
 皆様のご協力をお願いいたします。

 
 DSC_0014
 「バラのゲート」のコーナー。咲いてる株も、つぼみを次々につけています。

 DSC_0020
 「バラの小径」。バラの咲きは少し物足りない感もありますが、宿根草が大変きれいです。


 DSC_0023
 株によってはよく咲いています。このコーナーでは、イングリッシュローズを植えています。
 
 
 DSC_0048
 宿根草やバラと相性の良い1年草はとても美しく咲いていて、白花の「スイセンノウ(酔仙翁)」、レースフラワーのような「オルレヤ」、長く伸びた茎の先に丸く紫色の小花をつける「サンジャクバーベナ」、小花が穂のように枝先につく「宿根リナリア」、アザミのような大きい葉の「アカンサス」などが見頃です。
 

 現在、ローズガーデンでいちばんきれいに花が開いているのが、「バラのコテージ」のコーナーです。
 DSC_0054

 今年はつるバラ「フランソワ・ジュランビル」を、建物の屋根に這わせました。また、右隣のウッディテラス(あずまや)のスロープに絡んでいるつるバラ類も大変よく咲いています。
 
 DSC_0058
 手前から「モーツァルト」、「ブラッシュノアゼット」、「バフビューティー」です。

 
 芝生の中にある花壇、「バラの海」では、まだつぼみの株が目立ちます。クレマチスがよく咲いています。
 DSC_0068

 DSC_0073
 赤い小さめの花「ラバグルート」。つぼみがたくさん上がっています。

 
 DSC_0095
 芸術家の名前のバラを集めた「バラの美術館」のコーナー。

 DSC_0101
 やはりつぼみが多く、花は5分咲き程度です。
 
 
 
 バラに限らず、ガーデンがとても美しい季節です。稲毛海浜公園にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!