三陽ミュージアムでは、カワヅザクラが満開を過ぎ、入れ替わるようにオオシマザクラやハナモモ、ベニバスモモといった花木が見ごろを迎えています。
 前庭ではチューリップの花がちらほらつぼみをつけ、開き始めたものもあります。

 館内の花壇では少し先の季節、春から初夏に開く、ラナンキュラスやマーガレット、ルピナスなどの花々が見られます。
 館内では引き続き、スイセン展も開催しておりますので、たくさんの種類のスイセンをどうぞお楽しみください。 
 


●外庭閉鎖区域のお知らせ
 中庭の改修工事に伴い、工事用車両の通行などで安全確保が難しいため、脇庭からローズガーデンまでのエリアを閉鎖しております。ご通行の際は、海浜公園の園路をご利用ください。
 当館にお越しの際は、前庭側の2か所の入り口が開いていますので、そちらをご利用ください。
 また、下の図の工事中エリアの他に、前庭の一部でも花壇や園路の工事を行っている部分があります。
 ご利用のお客様にはご迷惑になることもあるかと思いますが、ご理解とご協力を、よろしくお願いいたします。
 
 閉鎖箇所の図のみ
 

[アトリウムフラワーガーデン]
【プチロータス】 ヒユ科 プティロツス属
 プチロータスは、オーストラリアが原産のヒユ科の多年草です。花は穂のようになり、筒状の花弁に長い毛があるため、花全体はふんわりとして見えます。色は桃色がかります。
 150324_01
 独特な形の花です。

 150324_02
 入り口に入ってすぐの花壇で見られます。

【コツラ】 キク科 コツラ属
 南アフリカが原産のキク科の植物で、20cmほどの小さい草丈の、いわゆる花びらのない黄色い花を咲かせます。花(頭花)の径は1~2cmほどです。「ハナホタル」、「カゲロウソウ」 などの名で流通することもあるようです。
 150324_03
 コロコロとしてかわいらしいです。

 150324_04
 黄色い花壇の花壇のふちのところで見られます。



[植物企画展]
 アトリウム、光庭側の窓際で「スイセン展」を開催中です。花の大きさ、咲き方などがさまざまなたくさんの品種のスイセンをご覧いただけます。

【スイセン “モダンアート”】 ヒガンバナ科 スイセン属
 1つの茎に1本の花をつけ、花が大きく、副花冠(内側の花弁)が長くはのびない「大杯スイセン」というグループに分類されます。副花冠はオレンジ色、八重になってフリルのようになり、華やかです。外側の花弁もふちにうっすら色が乗ります。
 150324_07

【スイセン “レプチャー”】 ヒガンバナ科 スイセン属
 葉が細く、花弁が反り返るのが特徴の「シクラミネウス・スイセン」というグループに含まれます。副花冠は長く突き出し、面白い形の花です。
 150324_08
 
 150324_09

[温室]
 温室ではヒスイカズラが開花中です。たくさんの花が見られます。
 150324_10

【チランジア カプットメデューサ】 パイナップル科 チランジア属
 メキシコからコスタリカに分布する種類で、葉はひも状でねじれ、あちこちに向きます。当館にあるチランジア(エアープランツ)の中ではかなり大型の種類です。花は苞は桃色、花弁は紫色です。株の根元が膨らむのも特徴のひとつです。
 150324_11

 150324_12
 温室2階、エアープランツのコーナーで花が見られます。



[キッチンガーデン]
【ブロッコリー】 アブラナ科 アブラナ属
 この時期毎年恒例となっているような気もしますが、ブロッコリーの花がキッチンガーデンできれいに咲いています。アブラナ科のブロッコリーは、他の菜の花類と同じように黄色い4枚の花びらをもつ花が咲きます。
 花の色が薄い黄色なのが特徴で、1株で花束のように咲きます。周りの他の野菜類の菜の花と見比べても面白いですよ。
 150324_13

 150324_14
 周りの菜の花は、チンゲンサイやシマナの花です。



[前庭]
【オオシマザクラ】 バラ科 サクラ属
 日本の桜の原種のひとつで、ふっくらとした形の花びらの、大きめな花です。花の色は白です。葉は花と同時に開きはじめ、塩漬けにして桜餅に使うのも、このオオシマザクラの葉が多いそうです。
 150324_15
 葉は、出はじめは赤っぽい色をしています。

【ハーデンベルギア】 マメ科 ハーデンベルギア属
 マメ科のつる植物で、別名「コマチフジ(小町藤)」。オーストラリアなどに分布し、日本では3月~5月頃に花をつけます。紫、薄紫、白などの色の園芸品種があり、主に鉢花で流通します。当館では屋外に植えていますが、毎年花の少ない時期からよく開き、とても華やかです。前庭のトレリスにからんでいます。
 150324_16

 150324_17
 トレリスの向こう、通用路脇で満開なのがオオシマザクラです。

【チューリップ “ザ ファースト”】 ユリ科 チューリップ属
 早咲きのチューリップで、白い花弁の外側の真ん中には赤い模様が入り、花の内側は黄色くなります。咲きはじめの頃はとても丈が低く、散るまでにはかなり伸びます。現在は地面にくっつくほど低く咲いていて、とても可愛いです。
 150324_18

 150324_19

 150324_20
 前庭の去年までチューリップを植えていた花壇は改装中で、そのかわりに宿根草花壇の中に、ところどころにチューリップを植えています。