皆様こんにちは。
 そろそろ朝晩冷え込む時期になってきました。モミジなどが多くあるわけではない当館ですが、屋外の木々の中にはきれいに色づいているものがあります。秋のこの時期だけのお楽しみですので、お散歩なさる際など、小さな木々の紅葉を探してみてはいかがでしょうか。

 今回は、敷地内にある、葉が色づいた植物たちをいくつかご紹介しようと思います。

[屋上庭園]
 館内、アトリウム2階にある市民展示室の脇の扉を出ると、小さな日本庭園やコニファーの庭がある屋上庭園に出られます。ここからまずはご紹介しましょう。 
 141115_01
 建物の壁に這った赤いつる草が正面からだとよく見えます。

 141115_02
 これです。これは「ツタ」。ブドウ科のつる植物で、童謡の歌詞などに出てくるように、真っ赤に紅葉します。

 141115_03
 緑から赤へのグラデーションがきれいですね!


 同じく、屋上庭園より。
 141115_04
 この、針葉樹のうしろの小さい木も赤くなっています。

 141115_04_2
 これはよく皆様もご存知かと思います、「ブルーベリー」です!同じグループのツツジ科の木は、紅葉が美しいものが多いです。
 

 141115_05
 屋上庭園からは、前庭が一望できます。噴水花壇の模様もはっきり見えますよ。



[ふるさとの道]
 ふるさとの道にはモミジの木もあるのですが、その足元にあるニシキギの木が鮮やかに色づいてきました。
 141115_06
 写真左側の低木がニシキギです。庭木にもよく利用されます。もう少し枝が伸びれば、さらに紅葉がたのしめそうです!

 141115_07
 枝に「翼(よく)」と呼ばれるひれのようなものがつくのが、ニシキギの特徴です。


 
[脇庭]
 脇庭にはブログ担当が個人的にイチ押しの木があります。昼ごろだと、木漏れ日が当たってなお良いです!
 141115_08
 レンガの壁沿いにあるカラフルな葉っぱ、「カシワバアジサイ」です。

 141115_09
 日本のアジサイとは違い、白い円錐型の花咲きます。秋の紅葉はカラフルでとってもきれい。



[ローズガーデン]
 ローズガーデンからは、大きな木を2種類ご紹介します。
 141115_10
 芝生の中に2本たつ、赤い葉っぱの木は「サトザクラ“関山(かんざん)”」です。よく植えられる八重桜のひとつで、春には花が、秋には紅葉が楽しめます。

 141115_11
 明るい赤い葉が多いですが、よく見るとさまざまな色をしています。

 141115_12
 また、花壇の向こうに見える赤い木。これは「アキニレ」です。

 141115_13
 当館のバックヤードにあたる部分にあるため、近づくことはできませんが、実際近くで見るとこんな葉っぱです。
 
 
 今回ご紹介する植物はこれで全部。その他にも色づいた植物がありますので、ぜひ実際ご覧になってお楽しみくださいね!

 最後に、今回ご紹介した植物の場所をマップにしましたので、ぜひ参考になさってください。
 
 もみじマップ