三陽ミュージアムでは、昨日の休館日にアトリウムの模様替えが行われました。新しいテーマは「魅惑のパティオガーデン」。バラやアジサイ、ユリなど、初夏の花々で色とりどりに彩られた、南欧をイメージした庭をご覧いただけます。
 前庭花壇では、遅咲きのチューリップ類やアイスランドポピーが、脇庭ではシャクナゲ、ローズガーデンでは八重桜など、たくさんの花々が見ごろになってきました。
 いよいよ花の時期が始まった三陽ミュージアムに、ぜひお越しください!

[アトリウムフラワーガーデン]
【球根ベゴニア】 シュウカイドウ科 ベゴニア属
 球根ベゴニアは、南アメリカのペルー、ボリビアのアンデス山系に自生する野生種の交配によって生まれた、球根をもつベゴニア交雑品種の総称です。園芸品種がたくさんあり、今回植えてあるような大輪種は、花の径が15cmにもなるものがあり、とても豪華です。今回は、入り口を入って左側の花壇で見られます。大人の手のひらほどもある大きさで、草丈は低いですが、かなり目立ちます。
 140422_01

 140422_02
 下に敷いてある石も透明感があり、色彩あふれるさわやかな花壇です。

【フレンチラベンダー】 シソ科 ラヴァンドゥラ属
 原産は地中海沿岸地方。色々な種類のあるラベンダーの中で、やや耐寒性、耐暑性があり、比較的育てやすいラベンダーです。学名から、「ストエカスラベンダー」とも呼ばれます。うさぎの耳のように、苞葉が上に飛び出すのが特徴です。地植えにすると、草丈60cm程度になります。
 140422_03

 140422_04

【クレマチス ペトレイ】 キンポウゲ科 センニンソウ属
 ニュージーランドに自生する常緑のクレマチスの原種で、花の色は薄い黄緑色です。花の径が3cm程度、花色からも一見花に見えないのですが、たくさんの花をつけ、ひとつひとつの花は端正です。以前はあまり見かけない種類でしたが、最近、ホームセンターなどで目にすることが多くなりました。
 140422_05

 140422_06
 光庭の出入り口の脇にある花壇。カラーリーフの観葉植物類が効果的に使われています。

【カンガルーポー】 ハエモドルム科 アニゴザントス属
 オーストラリア南西部が原産の多年草で、英語でカンガルーの足の意味の「カンガルーポー」の名でよく知られます。花に短い毛が密生していて、名前のとおり、動物の足を連想させます。細長い形の花が、花茎の先にまとまってつき、独特の姿です。
 140422_07

 140422_08
 アトリウム中央の花壇は、少し大人っぽい配色です。

【ペラルゴニウム “ビーチ湘南”】 フウロソウ科 ペラルゴニウム属
 ペラルゴニウムは主に南アフリカが原産の多年草です。園芸上、ただ「ペラルゴニウム」という名前だけで呼ばれる種類は交配種で、上側の花弁にもようが入る品種が多いです。
 「ビーチ湘南」は、2012年に登録された品種で、濃橙赤の地色にピンク白色の覆輪が入る一重咲きの品種です。花は大きく、美しいです。アトリウム中央の花壇で、ガゼボ(あずまや)に入ると見られます。
 140422_09

 140422_10



[光庭]
【チューリップ “ライラックワンダー”】 ユリ科 チューリップ属
 チューリップまつりの植物企画展としての展示期間は終了しましたが、光庭ではまだ、きれいに咲いたチューリップを展示しています。また、目立たないところですが光庭の中央にあるエゴノキの周りにも、原種系のチューリップを植えています。この「ライラックワンダー」は、クレタ島原産の「ベイケリ」種の園芸品種です。花の中央部が黄色、外側はラベンダー色のかわいらしく小さな花です。
 140422_11

 140422_12



[温室]
 ヒスイカズラの花がラストスパートです。このほか、ベンガルヤハズカズラ、ランタナ、ハイビスカス、コチョウラン等の花が見られます。
 DSCF7694



[前庭]
 前庭はアイスランドポピーの大きな花壇や、春の一年草花壇が見ごろになっています。また、宿根草も徐々に目覚めはじめました。
 140422_15

【ネペタ “ウォーカーズロウ”】 シソ科 ネペタ属
 ネペタは英語でキャットミントと呼ばれ、猫が好む香りのある多年草です。この「ウォーカーズロウ」は、春から夏にかけて、30cmほどの高さでたくさんの花を咲かせます。花の色は明るい紫色で、この時期から咲く花が少ないこともあって、たくさんの虫が蜜を吸いに来るのが見られます。
 140422_16

 140422_17
 葉に独特な香りがあります。



[脇庭]
【西洋シャクナゲ】 ツツジ科 ツツジ属
 西洋シャクナゲは、ヨーロッパで品種交配が行われたシャクナゲ類の園芸品種の総称で、枝先にボール状に固まって花が咲きます。日本のシャクナゲ類に比べ、性質が強いので育てやすく、庭植えにも向きます。現在、脇庭ではこの桃花のものと、赤花のものが見られます。
 DSCF7774

 140422_18
 ワスレナグサ、ビオラ、ヤグルマギクなども園路の脇で元気に咲いています。



[ローズガーデン]
【サトザクラ “関山”】 バラ科 サクラ属
 「関山(かんざん)」は、公園などによく植えられるサトザクラ(八重桜)のひとつで、やや濃い色の、ボリュームのある花がぎっしりと枝先に咲きます。花と一緒に出る葉は赤色です。ローズガーデンで、現在満開になっており、気温や今週中は楽しめると思います。
 140422_19
 
 140422_20