三陽ミュージアムでは、現在「フローラルクリスマス」を開催中です。館内アトリウムでは、もみの木やポインセチア、シクラメンなどの花々を使って、花でいっぱいのクリスマスの花壇をご覧いただけます。
 アトリウム中央の花壇にあるイチゴの家は、中に入ることもできますよ!どうぞ記念撮影などにもお使いください。皆様のお越しをお待ちしております。



[エントランス]
 三陽ミュージアムのエントランスに、生のハーブとバラの花を使ったツリー型のアレンジが登場しました。見た目だけでなく、さわやかな香りも楽しめます。花が元気な間の展示となりますが、どうぞお楽しみください。
 131119_01



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムは、「イチゴ姫のクリスマス」のテーマで、イチゴの大きな家が中心になった花でいっぱいのクリスマスの展示を行っています。また、植物企画展の「ポインセチア&シクラメン展」を開催中です。

【ポインセチア “イチバン”】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
 ポインセチア展だけでなく、花壇の中にもたくさんのポインセチアが入っています。この「イチバン」は、ポインセチアの品種の中ではやや葉の長さが短めで、ひいらぎの葉のように、形が少しとがるのが特徴です。花壇のものは、背の高い仕立て方になっています。
 131119_02

 131119_03
 
【イチゴノキ】 ツツジ科 アルブツス属
 南ヨーロッパ、アイルランドが原産の常緑樹です。秋に赤く色づく果実をイチゴに見立て、「イチゴノキ」の名前がありますが、ツツジの仲間で、花はドウダンツツジなどと同じようなベル型です。果実は食用にもなり、ジャムや果実酒にするそうです。今回は「イチゴ姫」のテーマに合わせ、アトリウムに登場しました。
 131119_04_2
 
 131119_05_2
 イチゴ姫の家は中に入れます。

[植物企画展]
 植物企画展は、冬の代表的な鉢花2種の、いろいろな品種を展示する「ポインセチア&シクラメン展」です。アトリウムの中庭側の窓辺、光庭側の窓辺で、ポインセチア、シクラメンをそれぞれ展示しています。

【ポインセチア “グレイス”】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
 苞が白い品種のポインセチアです。白いといってもややクリーム色や黄色っぽくなる品種が多い中、この「グレイス」は純白に近いくらいで、並んでいるほかのポインセチアと比べると、その白さがよくわかります。
 131119_06

 131119_07

【シクラメン “センダラビット”】 サクラソウ科 シクラメン属
 花びらの外側の刷毛で描いたような模様が面白い品種で、今回展示しているものは鮮やかなピンク色です。花は大型で華やかです。
 131119_08

 131119_09



[温室]
【プレクトランサス “ケープエンジェル”】 シソ科 プレクトランサス属
 観葉植物の多い「プレクトランサス」という植物の中で、花をよく咲かせる南アフリカ原産のものを品種改良したという種類で、当館では7月に館内で花壇に展示をしました。鉢植えだったものを挿木で増やし、現在とてもきれいに花が咲きましたので、温室で展示をしています。耐寒性が弱く、暖地でないと戸外で越冬できないので、注意が必要です。
 131119_10

 131119_11

【エクメア ガモセパラ】 パイナップル科 エクメア属
 別名「ブルーシャンデリア」。花序(花の集まり)は円柱形で、がくの部分が桃色、花が藤色で、とてもかわいらしい色です。観葉植物としても、花も楽しめる種類です。温室2階の、中央の花壇で見られます。
 131119_12

 131119_13



[屋上庭園]
【グレヴィレア ラニゲラ】 ヤマモガシ科 グレヴィレア属
 カタツムリのような独特の形が楽しいこの花は、オーストラリアが原産の常緑低木で、針葉樹のような細かい切れ込みの葉が特徴的です。ほふく性があり、這うように広がって伸びます。耐寒性がやや弱いのですが、関東以南の暖地では庭植えにしても大丈夫で、当館でも屋上庭園に植えたままで元気にしています。
 131119_14
 花柱は最初は花の内側に入っていて、成熟すると飛び出してくるようです。

 131119_15
 展望デッキ脇の花壇で見られます。



[前庭]
【皇帝ダリア】 キク科 ダリア属
 皇帝ダリアは、和名を「コダチダリア(木立ダリア)」といい、メキシコや中央アメリカが原産の多年草です。「皇帝」と名がつくのはその草丈の大きさのためで、大きく育つと5mを超えるそうです。当館では、前庭と通用路脇花壇で見ることができ、大きいものの丈は2.5mほど。皇帝ダリアとしてはさほど大きくないです。夏に切り戻すと、草丈を低く抑えることができます。ファンが多く、お問い合わせの多い植物ですが、今週が見ごろです。
 131119_16
 見上げる高さの花に、青空がよく似合います。

 131119_17
 前庭の、大通り側の角で見られます。



[ローズガーデン]
【バラ “ジュビリーセレブレーション”】 バラ科 バラ属
 去年、在位60年を迎えたイギリスのエリザベス女王が、10年前の2002年、在位50年のお祝いで贈られたというバラです。花びらの基部は黄色、外側は濃い桃色で、ややうつむき加減に咲きます。独特な色がとても美しく、香りの良い花です。春にも秋にも良く咲きます。
 131119_18

 131119_19
 園路沿いの、よく見える場所で咲いています。