三陽ミュージアムでは、「おもしろ植物フェア」を開催中です。現在は、館内・光庭で、植物企画展の「グリーンカーテンにできるおもしろつる植物展」を行っています。
 夏らしい気候になり、暑い日差しにも負けずに花々が元気に咲いています。ぜひ、皆様のご来館をお待ちしております。

 

[中庭]
 中庭では、夏らしい花が咲き始めました。

【アメリカフヨウ】 アオイ科 ヒビスクス属
 本来の和名は「クサフヨウ」といいます。「クサ」とつくように多年草で、草丈は1m~1.8mほどと、とても大きくなります。花も大型で、大人が手を広げたくらいはあります。たくさん咲いているとかなり大きく、目をひきます。色鮮やかな桃色の花です。
 130723_01

 130723_02



[アトリウムフラワーガーデン]
【ウラムラサキ】 キツネノマゴ科 ストロビランテス属
 ミャンマーが原産。やや光沢のある葉の表面に紫色のもようが入り、観葉植物として流通します。日本には明治の中ごろに渡来しました。高温、多湿を好みます。名前の通り、葉の裏側が鮮やかな紫色です。花もつけますが、開花期には葉の色があせてしまいます。
 130723_03

 130723_04
 裏側です。


【スイカペペ】 コショウ科 ペペロミア属
 葉の縞模様からスイカペペという名前で流通しますが、和名は「シマアオイソウ」といいます。ブラジル原産で、葉は丸みのある卵型で、縞模様があります。葉柄が赤くなるのも特徴です。観葉植物として数多く流通するペペロミアの仲間の大部分は近年導入されたものですが、この「スイカペペ」はもっとも早く、明治時代に渡来しました。
 130723_05
 
 130723_06
 この花壇では、クルクマやオオインコアナナスの花、ほかの観葉植物も楽しめます。


【スネイルフラワー】 マメ科 インゲンマメ属
 つぼみや花がくるくると丸まった形になり、かたつむりに似ているところから「スネールフラワー」(snail=英語でかたつむりのこと)という名前で流通します。マメ科のつる植物で、インゲンマメの仲間です。良く伸び、葉を茂らせます。一つの花茎に4つほどの花をつけることが多いです。花は紫色。アトリウムの、中庭側の緑のカーテンで、強い日差しを防いでくれています。
 130723_07

 130723_08



[光庭]
[植物企画展]
 光庭では、「グリーンカーテンにできるおもしろつる植物展」を開催し、ゴーヤやアサガオなど、一般的な植物をはじめ、あまり普段目にしないものも含めて、20種類ほどのつる植物を展示しています。
 展示の植物を参考に、ご自宅でもグリーンカーテンを作ってみてはいかがでしょうか。

【ククミス プロフェタルム】 ウリ科 ククミス属
 ククミスはキュウリの仲間、「キュウリ属」の植物のことで、今回の展示では、実を観賞用にする、ミックスのタネをまいて育てたものを展示しています。この種類は、3㎝ほどの、しましまでとげのある丸い実をつけ、葉はスイカの葉のように切れ込みがあります。よく枝分かれもするので、緑のカーテンにも向きそうです。
 130723_09

【ククミス ディプサケウス】 ウリ科 ククミス属
 上で紹介した種類と同じ属だとは思えないような、違った姿をそしています。葉はキュウリによく似た切れ込みのない葉で、実は黄緑色で細かいとげがあり、たわしのようです。触ってみると柔らかく、とげは痛いものではありません。こちらは7cmほどの、楕円形の実です。
 130723_10
 
 130723_11



[温室]
【バナナ】 バショウ科 バショウ属
 温室一階のいちばん奥で、バナナの花が咲いています。もうすでに、青く小さいバナナの形もわかるようになってきました。これからゆっくりと、実が大きくなり成熟します。茶色い苞の中に、花が並んでつきます。花は、下に向かって咲きながら伸びていきます。
 130723_12

 130723_13
 温室1階、いちばん奥のコーナーにあります。



[前庭]
【サルビア ウリギノーサ】 シソ科 サルビア属
 青い花の多い宿根サルビア類の中でも、特に明るくさわやかなスカイブルー色の花をつけます。英名では「ボッグセージ」といい、「ボッグ」=沼や湿地に生える、というところからきている名前だそうですが、花壇に植えても元気にしています。三陽ミュージアムで見られるものは草丈1mほど。ほかの宿根サルビア類に比べると、やや小型ですが、株が育ちきっていないせいかもしれません。花ひとつひとつは、径2㎝ほどです。
 130723_14

 130723_15
 
【ルドベキア “ゴールドストラム”】 キク科 ルドベキア属
 アメリカ原産の多年草で、高さは80cmほど。中央の頭花の部分は茶色、花びらのように見える「舌状花」の部分は黄色でやや反り返る印象です。花の径は10cmほど、ひと枝からたくさんの花が咲きます。開花は夏で、性質は強健です。
 130723_16

 130723_17
 同じ花壇で、オミナエシやオレガノも咲いています。

【キョウチクトウ】 キョウチクトウ科 キョウチクトウ属
 インド原産の常緑樹で、夏の時期にピンク色、赤、白の花を咲かせる花木です。「千葉市の花木」にも指定されています。三陽ミュージアムのある稲毛海浜公園では、横を走る海浜大通り沿いにおよそ2㎞にわたって植栽されており、この時期、とても見事に咲いています。
 130723_18

 130723_19
 前庭では、建物右側、関係者駐車場の入り口付近の木が大きいです。