三陽ミュージアムでは、本日から「おもしろ植物フェア」が始まりました。館内・光庭では、「グリーンカーテンにできるおもしろつる植物展」で、20種類ほどのつる植物の展示を行っています。
 花の咲くものだけでなく、ゴーヤやヒョウタンなど、実のなる植物も展示しております。ぜひ、ご自宅にグリーンカーテンを作るときの参考にもご覧ください。


◎お知らせ
 今週末、7月20日(土)より、海浜公園プールがオープンします。夏休み期間中の特に土日は、公園の駐車場が大変混雑をしますので、三陽ミュージアムにお越しの際は、お車以外(バス、自転車等)でのお越しをお勧めいたします。
  

 では、さっそくつる植物展より、見頃の花をご紹介します。

[光庭]
[植物企画展]
【西洋アサガオ “スプリットペタル”】 ヒルガオ科 イポメア属
 西洋アサガオは、葉が大きく、つるの伸びが旺盛なので、グリーンカーテンに向くアサガオです。花の数が多く、午後まで花が咲いているのもうれしいところです。この「スプリットペタル」は、花弁が細く切れ込む八重咲きのとても変わった花で、かわいらしいピンク色です。つぼみもたくさん持っています。
 130717_01

 130717_02

 
 
[アトリウムフラワーガーデン]
【プレクトランサス “ケープエンジェル”】 シソ科 プレクトランサス属
 プレクトランサスは、熱帯アジアやアフリカ、オーストラリアなどに100種ほどが分布する植物で、観葉植物として、また花を楽しむのに数種が園芸用に栽培されます。「ケープエンジェル」は花を楽しむ品種で、細長い花が並んで咲きます。ひとつひとつを見ると、花弁に斑点模様があります。濃い葉色と明るい色の花のコントラストが美しいです。
 130717_03
 
 130717_04

【グズマニア “エンパイア”】 パイナップル科 グズマニア属
 色のついた苞が美しい観葉植物で、たくさんの園芸品種があります。品種によって、苞の色が赤、黄、ピンク、オレンジなどになりますが、この「エンパイア」は、朱色で、苞のふちがやや緑色がかり、透明感のある色味です。ほかの観葉植物と合わせると、夏らしく、雰囲気が良いです。
 130717_05

 130717_06



[中庭]
【アメリカンブルー】 ヒルガオ科 エボルブルス属
 夏花壇で這うように広がり、活躍するアメリカンブルーは、ヒルガオ科の植物で、同じ属の仲間はアメリカを中心に100種ほどがあります。日本では1年草として扱われます。高さはあまり伸びず、横向きに伸びるので、プランターなどのふちに植え、垂れ下がるようにするときれいです。暑い夏でも元気いっぱいに咲いています。
 130717_07

 130717_08
 中庭のアトリウム側の花壇は、青と白の涼しげな色の花々がきれいです。 



[温室]
【オウゴチョウ】 マメ科 カエサルピニア属
 オウゴチョウは、西インド諸島が原産といわれているマメ科の常緑小高木で、高さは5mほどになります。葉は細かい羽状複葉で、名前が「黄胡蝶」というように、蝶が飛んでいるような優美な花をつけます。花は橙色から黄色で、花の中央からのびる赤い雄しべと花柱が美しいです。
 130717_09

 130717_10
 温室一階、橋の手前で咲いています。少し高い位置です。

【ゴクラクチョウカ】 バショウ科 ストレリチア属
 南アフリカが原産の多年草です。オレンジと青の花は、開いた状態では20cmほどにもなり、とても存在感のある花です。温室で栽培されるほか、切り花用としても流通します。
 130717_11

 130717_12
 温室2階、階段の脇で見られます。

【チランジア “ホワイトスター”】 パイナップル科 チランジア属
 エアープランツと呼ばれて流通するチランジアの仲間は、パイナップル科の植物で、着生種が多く、葉が根のかわりに養分や水分を吸収します。この「ホワイトスター」は、チランジアの「イキシオイデス」種と「レクルビフォリア」種の交配種で、桃色の苞と黄色の花の組み合わせがかわいらしい品種です。
 130717_13

 130717_14
 温室2階、アトリウムとの出入り口横で見られます。


 
[ベランダガーデン]
【シコンノボタン】 ノボタン科 ティボウキナ属
 ブラジルの原産の低木で、美しい紫色の花をつけるので、古くから栽培されています。暖かい場所が原産ですが低温にも強く、関西以南では霜よけをすれば戸外でも越冬ができます。高温期には、挿木で簡単に増やせます。
 130717_15

 130717_16
 ベランダガーデンでは、夏の花々が元気です。

[前庭]
【バーベナ ボナリエンシス】 クマツヅラ科 バーベナ属
 初夏から秋にかけて、三陽ミュージアムの前庭やローズガーデンでたくさん開花し、目を楽しませてくれるのが、この「宿根バーベナ」「サンジャク(三尺)バーベナ」とも呼ばれる「バーベナ ボナリエンシス」です。赤紫色の小花が茎の先端に半球状に集まって咲きます。蝶にも好まれ、アゲハチョウやセセリチョウなどが、吸蜜に訪れている姿がよく見られます。
 130717_17
 今日はアオスジアゲハが来ていました。

 130717_18
 花の門を入ってすぐの、宿根草園で見られます。



 130717_19
 ラベンダー花壇に、寒冷紗の屋根ができました。夏の強い直射日光からラベンダーを守ってくれます。