花の美術館では、現在「フローラルクリスマス」を開催中です。館内、アトリウムは「サンタの住むアトリウム」のテーマで、ポインセチアやシクラメンなど、たくさんの花で彩られたクリスマスの室内花壇をご覧いただけます。
 外の庭ではパンジー、ビオラなど冬から春にかけて咲く花々、だんだん終わりには近づいてきましたが、ローズガーデンのバラも見られます。
 クリスマスのムード満点の花の美術館で、どうぞ楽しくお過ごしください。

[アトリウムフラワーガーデン]
【ハボタン “ドレス”】 アブラナ科 アブラナ属
 ハボタンは、アブラナ属の野菜、ケールが元になり、鑑賞用に改良された二年草です。白や紫の葉の色は美しく、冬の花壇の代表選手のひとつです。最近では切り花などにも使われます。この「ドレス」は葉のふちが縮れるちりめん系の品種で、華やかな姿をしています。
 121127_01

【プリムラ ポリアンサ “センセーション”】 サクラソウ科 プリムラ属
 「プリムラ ポリアンサ」はプリムラ属の交配種で、古くにいくつかの原種から作出されたと考えられています。花色が豊富なのが魅力で、今回の展示でも青や紫、赤、ピンク、黄色など、目にも楽しい色々な花色が見られます。品種によっては八重のものもあります。
 121127_02


 121127_03
 アトリウム入り口の花壇です。2頭のトナカイがお出迎えします。
 
【チェッカーベリー】 ツツジ科 シラタマノキ属
 チェッカーベリーは和名ヒメコウジ、アメリカの東北部が原産のツツジ科の常緑低木です。秋に赤い実が楽しめます。属名の「ゴールテリア」という名前で流通することもあります。日本には近縁種の「シラタマノキ」が自生しており、こちらは白い実です。
 121127_04
 
 121127_05
 アトリウム中央の花壇にもトナカイがいます。

[植物企画展]
[ポインセチア&シクラメン展]
 アトリウムの中庭側で、ポインセチア&シクラメン展を開催中です。葉の色や樹形が変化に富むポインセチア、いろいろな花の形や、花色の楽しめるシクラメンをどうぞご覧下さい。

【ポインセチア “プレミアムピカソ”】 トウダイグサ科 トウダイグサ属
 葉は幅広で大きめ、赤い色にうっすらと白い色が乗ったような明るい色が魅力の品種です。 
 121127_06
 
【シクラメン “セレナ―ディアアロマブルー”】 サクラソウ科 シクラメン属
 「ブルーシクラメン」の名前で、2011年に発表された新しい品種のシクラメンです。この「セレナ―ディアアロマブルー」は、一重咲きのシクラメンで、香りがあるのも特徴です。写真では青みが強く出ていますが、花の色はもう少し鮮やかな紫色という印象です。
 121127_07

 121127_08



[温室]
【ウナズキヒメフヨウ】 アオイ科 マルバビスカス属
 メキシコからコロンビアにかけて分布する低木で、下を向いて咲く形が「ウナズキ(頷き)ヒメフヨウ」の由来となっています。つぼみのうちは上を向いている、不思議な花です。 
 121127_09

 121127_10
 温室の階段脇で見られます。
 
 121127_11
 滝の上あたりには、同じ花のピンク色もあります。2階の橋から見えます。

 

[ベランダガーデン]
 ベランダガーデンでは寄せ植えが一新して、がらりと印象がかわりました。ビオラ、ハボタン、ストックなどの冬の花々が主役になった寄せ植えが見られます。
 121127_12



[キッチンガーデン]
【コールラビ “グランドデューク”】 アブラナ科 アブラナ属
 コールラビは上で紹介したハボタンと同じ、アブラナ科の野菜です。一見カブのようなユニークな形をしていますが、キャベツやブロッコリーに近い仲間で、サラダやシチュー、炒めものなどにして食べます。
 121127_13
 
 121127_14
 キッチンガーデンでは、冬野菜が元気よく茂っています。



[花の門]
【ビオラ】 スミレ科 スミレ属
 ビオラやパンジーはスミレ科の園芸植物で、冬から春に花を咲かせることから、秋から冬にかけてよく流通します。色や花の形など、品種もどんどん新しいものが登場しています。
 花の門は、青と黄色のビオラのハンギングバスケットになりました。次々に花開き、春まで目を楽しませてくれると思います。
 121127_15

 121127_16



[ローズガーデン]
【レオノチスセージ】 シソ科 レオノチス属
 英名は「lion's ear(ライオンの耳)」といい、属名の「レオノチス」も同じ意味で、花がライオンの耳に似ていることにちなみます。高さ2mほどになる非耐寒性の低木で、国内の暖かい地域では戸外でも越冬できます。オレンジ色の花は、ふわふわとした毛で覆われています。花の減ってきたこの時期に、よく目立ちます。
 121127_17

 121127_18
 「ハーブの小庭」のコーナーの奥で見られます。周辺でパイナップルセージ、ローズマリーなども咲いています。
 
【イソギク】 キク科 キク属
 イソギクは関東地方南部から静岡県御前崎にかけて分布する海岸性のキクで、主に海岸の崖で生育します。「花びら」にあたる辺花(へんか)はなく、いくつかの花がまとまって咲きます。一般的に植えられるキク(イエギク)とよく交配します。
  121127_19

  121127_20