2018年11月

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。

ホームページ https://sunsetbeachpark.jp/facilities/flower.html
ホームページには交通アクセス、施設概要などの情報が載っています。

展示室の展示や細かいイベント情報などについては、当ブログをご参照ください。

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

★SNS★
Facebook 三陽メディアフラワーミュージアム @hanabichiba https://www.facebook.com/hanabichiba/
Twitter 三陽メディアフラワーミュージアム/花の美術館 @sbp_smfm  https://twitter.com/sbp_smfm
Instagram @hanabichiba https://www.instagram.com/hanabichiba/

1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)

 三陽ミュージアムでは、今週からフェア「フローラルクリスマス」が始まりました。アトリウムはすっかりクリスマスに模様替え。ひと足早く、ポインセチアやシクラメンなど、クリスマスの時期を彩る花々でいっぱいの空間をお楽しみいただけます。
 皆様のお越しをお待ちしております!

 今回は、模様替えしたばかりのアトリウムを中心に、見頃の花をご紹介します。



[アトリウムフラワーガーデン]
 181115_01
 入ってすぐの花壇です。クリスマスツリーと、足元の色鮮やかな花々が皆様をお出迎え。

 181115_02
 白い木のトナカイが引くそりには、裏側から乗ることができます。
 
 181115_03
 花壇の主役のひとつ、ポインセチア。もともとは赤と緑の植物ですが、品種改良でカラフルな花色が毎年のように登場しています。

 181115_04
 通路沿いの花壇は、イエス・キリストが誕生した夜の場面です。
 3人の博士が、輝く星に導かれて、ベツレヘムの馬小屋へ向かっています。
 また一方では、ベツレヘムの羊飼いの元に天使が現れて、救い主の誕生を知らせました。

 181115_05
 こちらの花壇ではポインセチアに近縁の園芸植物、プリンセチアの“ローザ”という品種が見られます。
 バラのように何重にも重なったピンク色の苞がとても華やかです。

 そして、中央の花壇にあるのが、本物のモミの木のクリスマスツリーと大きなクリスマスピラミッドです!
 181115_07
 中央にキリストの誕生のシーンのオブジェがあります。両脇にはベンチがあり、座ることができます。1時間に1度、10分間ほどプロペラがゆっくりと回転します。
 
 ※クリスマスピラミッドは、もともとはプロペラのついた塔の周りにろうそくを置いて、炎の上昇気流でプロペラがまわる仕組みになっているドイツの木工民芸品です。

 181115_06
 こちらの花壇でも、クリスマスをイメージして、赤や白を基調に花々が花壇を彩ります。植わっているのは、ポインセチアの他に、エリカ、ユーフォルビア、葉ボタン、プリムラや、色とりどりのカラーリーフです。

 

[中庭]
 中庭では、この時期ならではの花が見られます。また、花壇が模様替えし、冬の花が植わりました。
 181115_08
 ダリアやパイナップルセージなど、秋の花も残っていますが、ビオラ、ストック、葉ボタンなど、冬の花々も登場しました。
 181115_09
 写真の花はクリサンセマム・ムルチコーレとビオラです。来春まで、冬の間も花が見られます。

【皇帝ダリア】 キク科 ダリア属
 メキシコからコロンビアにかけて分布する大型のダリアで、「皇帝ダリア」の名前が有名ですが、実際の和名は「コダチダリア」と言います。大型で、大きく育った場合6m~9mになります。花の大きさは大人の手のひらほど。青みの強い桃色で、11月頃から咲きます。寒さにはさほど強くないため、花が楽しめるのは霜が降りるまでです。
 当館の中庭のものは丈が3mほど。たくさんの花をつけています。
 181115_11

【ツワブキ】 キク科 ツワブキ属
 日本国内の海岸線に自生する植物で、江戸時代に茶庭に使われたりと、古くから親しまれてきました。観賞用のほかに、食用にもできます。常緑で葉が美しく、斑入り葉や、葉に白い縁取りがあるもの(覆輪)など、園芸品種も多くあります。花期は秋。径が4~6cmの黄色い花が、まっすぐ伸びた花茎の先に集まって咲きます。
 181115_12

 181115_10
 いずれも、中庭で見ごろとなっています。



[前庭]
 前庭でも、レストラン側にある丸花壇のモミの木にクリスマスの飾り付けをしました。
 181115_13

 181115_14
 噴水のそばの花壇では、今週までは秋の花が見られます。来週にはビオラに植え替えの予定です。

 

[ローズガーデン]
 全体に開花しているというわけではありませんが、秋のバラや秋咲きの花々がきれいです。
 181115_15

 181115_16
 お越しの際はぜひお立ち寄りください!

1811003 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(11月12日)


皆様、こんにちは。
三陽ミュージアムの11月13日~11月18日の予定をご案内します。

11月13日~12月24日までフローラルクリスマスが開催されます。
先週までのハロウィンから一変して、ミュージアムは華やいだクリスマスの景色に変わります。
賑やかに飾りつけられたクリスマスツリーと、アトリウム中央には巨大なクリスマス・ピラミッドが出現。ポインセチアやシクラメンなど赤と白のたくさんの花に囲まれます。クリスマス・ピラミッドというのはクリスマスの飾りで、ドイツなどのヨーロッパ北部の国々で人気があります。ロウソクで暖められた空気が上昇し、屋根の羽根を回転させる仕組みに子供たちは目を輝かせました。
ご家族とお友達と、そしてカップルで、お花に囲まれた素敵なクリスマスをお過ごしください。

IMG_7140-1
 
IMG_713-1

IMG_711-1



ワークショップ情報
11月17日は、キッチン飾りコキアのミニ箒を作ろう。(11:00~¥300)
西欧の台所では、キッチンウィッチといって魔女の人形を飾る風習があります。その昔、魔女は薬草を使い人々の病気を治す優しい存在でした。そんな魔女にあやかり、台所に飾るミニ箒をつくります。ちなみに、キッチンウィッチのご利益は、「魔除け」「台所の見張り番」「火事を防ぐ」「家族の健康を守る」「料理を美味しくする」などだそうですよ。

11月18日は、クリスマスカードを作ろう。(13:00~16:00 定員50名 ¥200)
ハーブやコニファーを使い、押し花風クリスマスカードカードを作ります。当館で摘み取った葉を使って、カードの中にツリーやリースを描き.小さな星や赤い実で飾っていきます。大切な人に優しい言葉と香りを届けるクリスマスカードです。

IMG_7091-1IMG_7093-1IMG_7094-1


展示室情報
館内の展示室では、1階はレザーアート展、2階は水彩画展を開催しています。


[1階 多目的室]
館内1階、多目的室では、千葉生涯大学皮革同好会「華耀会」による「レザーアートの世界」を開催しています。レザークラフトの分野では珍しい革盆栽や帽子なども展示していますので、ごゆっくりお楽しみください。


IMG_7088

IMG_7089-1

IMG_7082-1


[2階 市民展示室]
館内2階、市民展示室は、グループ「彩」による「水彩画展」を開催しています。
それぞれの個性と感性で、何気ない日常の風景を描きます。

IMG_7071

IMG_707-1





1811002 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(11月05日)

皆様、こんにちは。
三陽ミュージアムの11月6日~11月11日の予定をご案内します。

館内アトリウムでの「ハロウィン謎解きクイズラリー」は最終週になります。
地図をたよりに花の美術館を巡りながらクイズに挑戦。
全問正解の人には、ささやかなプレゼントも用意してあります。
ちょっとしたハロウィン仮装の貸出しやフォトスポットも最後のチャンス。
ご家族、お友達、カップルで、ぜひ参加してくださいね。



クイズラリーポスター

IMG_4889

DSC_0051 s
 

11/11までは、秋芳会による菊花展が開催しています。
前庭の横、ふるさとの路にブルーのテントで会場が設営され、丹精込めて育てられた大輪の菊が日本の美を競います。また、エントランスには切り花部門の展示がありますのでお楽しみください。

DSC_0034


IMG_6256-1
 
IMG_6258-1

IMG_6261-1

 館内の展示室では、1階は洋ラン展、2階は陶芸展を開催しています。

[1階 多目的室]
館内1階、多目的室では、京葉洋ラン同好会による「秋の洋ラン展」です。
秋咲きのカトレアを中心に、様々なランの原種や交配種を紹介します。
また、洋ランを題材にしたボタニカルアートも展示します。
絢爛豪華な洋ランの世界をお楽しみください。

DSC_0012

DSC_0016

DSC_0017


[2階 市民展示室]
館内2階、市民展示室は、美浜陶芸同好会による「陶芸作品展」を開催しています。
花をテーマに、陶土独特の素朴な味わいが心に沁みる作品展です。

DSC_0021

DSC_0013





1811001 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(11月2日)

 三陽ミュージアムでは、現在秋のバラ、ダリアやキクなど秋の花を中心に、花や木々の紅葉がお楽しみいただけます。11月11日までは、前庭のそばのスペースで千葉市菊花展を開催中。どうぞ合わせてご覧ください。

 今回は、縮小版ということで現在の花壇の様子を簡単にご案内します。
 まずは菊花展です。



[千葉市菊花展]
 正門から建物に向かって右手側、通用路の脇で千葉市菊花展を開催しています。
 概要は以下の通りです。
 主催:千葉秋芳会 
 会期:10月30日(火)~11月11日(日)※11月6日(火)より、建物エントランスで切り花の展示もおこないます。
 開催時間:10:00~16:00
 DSCN7153

 DSCN7151
 さまざまな大きさ、咲き方や仕立ての菊の展示や、苗の販売をおこなっています。



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムは、引き続き「ハロウィンガーデン~魔女からの招待状~」というテーマで花壇を展示中。11月11日(日)まで、秋の花とハロウィンの館内です。写真を撮り逃した方、今ならまだ間に合いますよ!
 DSCN7123



[中庭]
 中庭では、寄せ植えや花壇で秋の花々が楽しめます。
 DSCN7124
 寄せ植えではカラフルな葉の色が楽しいコリウスや鷹の羽ススキ、花壇ではダリア、宿根サルビアなど、たくさんの花が見られます。



[温室]
 DSCN7135
 「ホヤ・リネアリス」の花が咲いています。星型で白い、かわいらしい花です。
 
 DSCN7138
 階段の下のアーチに吊るしてある鉢で咲いています。



[屋上庭園]
 アトリウム2階の市民展示室脇から出入りできる屋上庭園では、ツタの葉が色づき始めました。
 DSCN7147

 DSCN7149
 紅葉して真っ赤になりますが、現在は色が変わり始めで、カラフルです。

 DSCN7150
 屋上庭園からは、前庭花壇が一望できます。



[前庭]
 DSCN7161
 コスモスがあった花壇には、寒咲きハナナ(冬咲きの菜の花)が植わりました。
 今の状態は畑のようですが、例年ですと12月中旬ごろから花が上がり始めます。見頃は1月頃の予定です。



[ローズガーデン]
 秋のバラが咲いています。
 DSCN7172
 イングリッシュローズや秋咲きの宿根草が見られます。

 DSCN7180
 実と花が一緒に楽しめるのも秋ならではです。

ギャラリー
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1811004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)