2017年04月

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1704004 三陽ミュージアム 見頃の花(4月12日)

 三陽ミュージアムでは、4月23日まで、ハッピーイースターフェアを開催中です。
 気温が上がってきて、植物がひときわ成長するこの時期は、サクラやモモなどの花木や木々の新緑とともに、元気いっぱいに咲く花々が見られる、1年でも特に花壇が美しい季節です。どうぞ館内の花壇、屋外の花壇共にお楽しみください。
 
 今回は、三陽ミュージアム全体の、現在の花壇の様子を中心に、見ごろの花をご紹介します。

[アトリウムフラワーガーデン]
 「フラワーカラーを楽しむイースターガーデン」が花壇のテーマです。春から初夏にかけてのカラフルな花々とともに、うさぎやタマゴなど、イースターのモチーフが登場します。
 170412_02

 170412_01
 今週からは、草丈が高く、青い色が美しいデルフィニウムが花壇に登場しています。

【カルセオラリア "ミダス"】 ゴマノハグサ科 カルセオラリア属
 中南米が原産の植物で、独特な花の形から名前がついていて、学名はラテン語のスリッパに由来し、和名はキンチャクソウといいます。今回アトリウムで見られるのは黄色い花ですが、花の大きさや色が違う園芸品種もあり、黄色の他に橙、赤などもあります。
 170412_03

 170412_04

 170412_05
 中央の花壇にも大きなデルフィニウムが入りました。そのほかにも、ルピナスやガーベラなど初夏に咲く花々が登場しています。



[光庭]
 アトリウムから出られる光庭では、シンボルツリーのエゴノキの新緑がきれいです。
 170412_06
 
 170412_07
 エゴノキの足元ではクリスマスローズや、原種チューリップが見られます。



[中庭]
 花々が咲き競って、とてもにぎやかです。公園のサクラの木がこの時期ならではの背景になっています。
 170412_08



[温室]
 ヒスイカズラは、やや花数が減ってきましたが、まだ咲いています。現在10房程度(短めです)が開花しています。
 170412_09



[ベランダガーデン]
【エスコルチア "ミニチュアサンデュー"】 ケシ科 エスコルチア属
 エスコルチアは英名の「カリフォルニアポピー」、和名の「ハナビシソウ」の名前でも知られるケシ科の植物です。黄色や山吹色の花色が多いですが、品種によっては橙色や桃色もあります。この「ミニチュアサンデュー」は、銀葉でレモン色の花色がかわいらしい品種です。草丈は30cmほど、晴れて気温の高い昼間によく開きます。
 170412_10

 170412_11
 ベランダガーデンは春の花の寄せ植えが中心の展示となっています。

 

[キッチンガーデン]
 170412_12
 菜の花が花盛りです。

【ジューンベリー】 バラ科 ザイフリボク属
 北アメリカが原産、6月頃に実る果実が食用や果実酒用に利用でき、「ジューンベリー」と呼ばれます。例年4月頃に、キッチンガーデンでは花が楽しめます。花は枝先にまとまって咲き、同じバラ科のサクラやリンゴなどの花木に比べると小さめですが、白い花でかわいらしいです。
 170412_13



[前庭]
 170412_15
 この時期の前庭は、カラフルな花々がじゅうたんのようです。ノースポールやデージー、ネモフィラ、アイスランドポピーなどが元気に咲いています。

 170412_16
 花の門(正門)近くのソメイヨシノは今が満開です。

 170412_17
 それほど広い範囲ではありませんが、チューリップもありますよ。元気に咲いています。



[ローズガーデン]
 170412_18
 スイセンやその仲間を中心に、花々が咲いています。バラの新芽も出てきて春らしくなってきました。

【シダレザクラ】 バラ科 サクラ属
 ローズガーデンには2種類のサクラがありますが、現在、見ごろを迎えているのがシダレザクラです。枝が長く伸びて下垂する、古くからある園芸品種で、当館のものは八重咲きの品種です。ソメイヨシノより少しだけ遅い時期に開花します。  
 170412_20

 170412_19
 ローズガーデンの奥、公園のパルコース(運動広場)の門のそばで見られます。ちなみに、もう1種類のサクラはサトザクラ(八重桜)で、花の時期はまだ先です。

1704003 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (4月11日)

 皆様、こんにちは。三陽ミュージアムの4月11日~4月16日の予定をご案内します。
 三陽ミュージアムでは、フェア「ハッピーイースター」を開催しております。館内・アトリウムでは4月23日まで、イースターがモチーフの花壇をお楽しみいただけます。
 館内をめぐって、色のついたタマゴを探す遊び「エッグハント」も行っています。
 大きなタマゴも花壇に登場しています。うさぎの耳をつけての記念撮影はいかがですか?
 DSCF4407


  DSCF4324
  エッグハントは、カラフルな卵を探してキーワードを完成させる遊びです。


 館内1階、多目的室と、2階の市民展示室は、ただいまの期間、イースターやむかしながらの遊びが楽しめるコーナーとなっています。

 
[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室は、「イースターひろば」です。タマゴを転がして的の中にうまく入れるエッグロールや、タマゴをおたまで運んで速さを競うエッグレース、タマゴ型の紙に好きなように絵を描いて、木に飾り付けるなどの遊びができる部屋になっています。小さなお子様でも楽しめる部屋となっておりますので、ぜひお立ち寄りください。
 DSCF4409

 
 
  
[2階 市民展示室]
 市民展示室では、だるま落としや当館オリジナルのかるた、貝合わせやけん玉など、昔ながらの遊びが楽しめる「伝承あそび」の部屋となっています。
 DSCF4432

1704002 三陽ミュージアム 見頃の花(4月4日)

 三陽ミュージアムでは、ハッピーイースターフェアを開催中です。館内、アトリウムでは、「フラワーカラーを楽しむイースターガーデン」の花壇を展示しています。
 屋外花壇の花々もどんどん春らしくなってきており、前庭花壇ではアイスランドポピーやネモフィラ、デージーなど春の花々が色鮮やかになってきました。
 チューリップや、当館に1本だけのソメイヨシノの花も咲き始めました。

 どうぞ、春の三陽ミュージアムで、たくさんの花々の美しい姿をお楽しみください。


[アトリウムフラワーガーデン]
 春の花々でいっぱいです。花壇ごとに色のテーマがありますので、どんな色がテーマなのか、なども合わせてお楽しみいただけます。
 170404_01
 アトリウムは入り口からタマゴがいっぱいです。

 170404_02
 マーガレット、プリムラなど、春の花々が花壇を彩ります。

 170404_03
 カラフルな花々をお楽しみください。

【アマリリス パピリオ】 ヒガンバナ科 ヒッペアストルム属
 アマリリスの原種のひとつで、原産はブラジル南部です。花は淡い緑色の地で、中央部はえんじ色、そのまま外に向かってすじ模様となっていきます。ユニークな花色が何ともいえず魅力的な花です。
 170404_04



[光庭]
 上でご紹介したパピリオのある窓の外側、光庭では、たくさんではありませんが原種系のチューリップが開花中です。
 170404_05
 一般的なチューリップに比べるとかなり小型の花々で、形もいろいろです。光の当たる午前中によく開きます。

 170404_06
 こちらは「ヒュミリテ リリパット」という品種。少しすぼまったような形の花がかわいらしいです。花は赤、内側が青紫色をしています。草丈は10cm程度。



[中庭]
 アトリウムから出入りできる中庭でも、花々が元気よく咲いています。
【ラナンキュラス "ラックス"】 キンポウゲ科 ラナンキュラス属
 「ラックスシリーズ」は草丈40cm程度、枝分かれして咲く花の径が6cmほどのラナンキュラスで、今年は屋外の花壇に植栽しています。色によって品種名がついていますが、今回は混植しています。花びらにつやがあり、花の色自体も鮮やかなので花壇では主役になる花々です。
 170404_08

 170404_07
 中庭はたくさんの花が咲き競っていて、とてもにぎやかな花壇です。



[温室]
 170404_8_2
 ヒスイカズラの開花が続いています。

 170404_09
 現在はやや短めの房が多いのですが、花色は相変わらず美しいです。



[前庭]
 噴水の周辺などの花壇も、日に日に色鮮やかになってきています。
 170404_10

 170404_11
 アイスランドポピーの花壇。かなり花数が増えてきました。

【アーモンド】 バラ科 サクラ属
 前庭のアーモンドの木が花をつけているのでご紹介しましょう。植えてから2年目、まだまだ小さいのですが、ゆっくりと成長していて、確実に花の数が増えています。アーモンドはモモに近い種類の植物で、花色は白く、中央部だけが赤色になる、美しい花です。花の径は4cmほどで、サクラ類などと比べて大きいです。葉が開く前に、花だけが咲きます。
 170404_12
 
 170404_13
 アーモンドの足元ではチューリップも開き始めています。


 170404_14
 こちらは当館の花の門(正門)を入ったところにあるサクラ、ソメイヨシノです。

 170404_15
 現在は5分咲きほど。暖かさで一気に開花が進むかもしれません。



[ローズガーデン]
【ユーフォルビア ウルフェニー】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
 地中海沿岸地域が原産の大型の宿根草で、草丈は1mほど。春先、茎の先端に円柱状に花をつけます。花の周りの苞の部分が黄緑色です。この時期、ローズガーデンで大変よく目立ちます。
 170404_16

 170404_17
 ローズガーデンの入り口、アーチ付近の園路沿いで見られます。

【サンシュユ】 ミズキ科 ミズキ属
 原産は朝鮮半島で、日本には江戸時代に薬用植物として渡来しました。別名に「ハルコガネバナ」という呼び名があるように、3月ごろから、枝に黄色く小さい花をつけ、木の全体がふんわりと黄色く色づいたように見えます。花のあと、5月頃には実が赤く熟します。
 170404_18

 170404_19
 ローズガーデンの大きなあずまや、ウッディテラスの近くで開花中です。


1704001 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (4月4日)

 皆様、こんにちは。三陽ミュージアムの4月4日~4月9日の予定をご案内します。
 三陽ミュージアムでは、フェア「ハッピーイースター」を開催しております。館内・アトリウムでは4月23日まで、イースターがモチーフの花壇をお楽しみいただけます。
 館内をめぐって、色のついたタマゴを探す遊び「エッグハント」も行っています。
 大きなタマゴも花壇に登場しています。うさぎの耳をつけての記念撮影はいかがですか?
 DSCF4261

  DSCF4324
  エッグハントは、カラフルな卵を探してキーワードを完成させる遊びです。


 館内1階、多目的室と、2階の市民展示室は、ただいまの期間、イースターやむかしながらの遊びが楽しめるコーナーとなっています。

 
[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室は、「イースターひろば」です。タマゴを転がして的の中にうまく入れるエッグロールや、タマゴをおたまで運んで速さを競うエッグレース、タマゴ型の紙に好きなように絵を描いて、木に飾り付けるなどの遊びができる部屋になっています。小さなお子様でも楽しめる部屋となっておりますので、ぜひお立ち寄りください。
 DSCF4264
 
 
  
[2階 市民展示室]
 市民展示室では、だるま落としや当館オリジナルのかるた、貝合わせやけん玉など、昔ながらの遊びが楽しめる「伝承あそび」の部屋となっています。
 DSCF4269


[ハッピーイースターフェア 体験教室]
エッグペイント体験
本物のタマゴの殻(から)を使い、絵を描いたりフェルトや紙で飾り付けをして、オリジナルの作品を作ります。
4月8日(土)、9日(日)
13:30~15:30、材料がなくなりしだい終了(ひとり1つまで)
場所:館内
材料費:無料(入館料がかかります)
 DSCF4271

ギャラリー
  • 1705006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (5月23日)
  • 1705006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (5月23日)
  • 1705006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (5月23日)
  • 1705006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (5月23日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)