2016年03月

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1603012【2016桜開花情報】・見頃の花 オオシマザクラが満開です。(3月20日)

 三陽ミュージアムでは、カワヅザクラが満開をすぎて葉桜になりつつあり、かわってオオシマザクラやベニバスモモが満開になっています。
 ユキヤナギやスイセンなども咲きそろってきて、だんだん庭が華やかになってきました。
 DSC_0001
 前庭の建物に向かっていちばん右の方にあるオオシマザクラは、満開になりました。

 DSC_0004
 
 DSC_0010
 以前、1輪だけ咲いていたのをご紹介したアーモンドは、花盛りになっています。

 前庭の柵の外側、駐輪スペースの横の斜面では、ユキヤナギやスイセンがきれいです。
 DSC_0018
 後ろに見えるピンクの花はベニバスモモです。

 DSC_0025
 ベニバスモモも満開。サクラ類に比べると小さめですが、枝いっぱいにたくさんの花が咲きます。
 
 DSC_0022
 ベニバスモモの先にあるカワヅザクラは、葉の緑色が目立ってきました。

 DSC_0031
 大きい木ではありませんが、ベニバスモモとカワヅザクラの間にはコヒガンザクラというサクラがあります。
 ちょうどお彼岸に合わせたように、よく咲いています。

 DSC_0034
 カワヅザクラも下から見上げるとまだ花がたくさんついています。

 
 DSC_0045
 前庭に限らず、外庭はところどころでスイセンが見頃になっています。こちらはローズガーデンのものです。

 DSC_0047
 写真では分かりづらいかもしれませんが、緑の大きな屋根のあずまやの左側で春の花が咲いています。

 DSC_0048
 全体にふんわりと黄色く色づいたように見える木の正体はサンシュユ。春先に黄色い花が咲きます。 

1603011 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(3月18日)

みなさんこんにちは

今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します


【サクラ各種/バラ科】 600円
春を代表する花として人気のサクラが入荷しました!
八重桜、ソメイヨシノ、ウコン桜、陽光桜、おとめ桜、関山など種類豊富に取り揃っています
おうちでお花見ができたらとても素敵ですね

 日当たりの良い場所で管理します
 (庭植え)大きめの穴を掘り、腐葉土・堆肥を土と混ぜこむと良いでしょう
  掘り上げた土を少し戻してそのうえに植え付けます
  (鉢)大きめの鉢に植え付けます
  2~3年に1度植え替えると良いでしょう

DSC07519 (640x425)
DSC07521 (640x425)
現在、三陽ミュージアムではカワヅザクラをはじめとしたサクラが見頃です
風が吹くと花びらが舞い、地面にはピンクのじゅうたんができています
DSC07537 (640x425)
(売店入口右側にて販売中)


【ピンクユキヤナギ/バラ科】 300円
枝垂れた枝の先までびっしりと白い小花をつけて咲く姿がとても見事なユキヤナギです
ピンクユキヤナギはつぼみと花びらの裏が赤みを帯びます
丈夫でとても育てやすく、毎年この時期にたくさんの小花を咲かせてくれます

 日当たりと風通しの良い場所で管理します
  大きくなるので、鉢植えはおすすめしません
 水やりは、植え付けてしまえばとくに必要ありませんが、
  真夏の日照りの続く日などは灌水しましょう
 花後に、細枝や枯れ枝などを剪定し、風通しをよくしましょう
DSC07515 (640x425)
DSC07516 (640x425)
前庭のトレリスの外側にユキヤナギが並んで植えてあります
この時期スイセンと同時に咲き、とても華やかです
手前がピンクユキヤナギです
DSC07533 (640x425)
(売店入口右側にて販売中)


【多肉植物】 各600円、400円
現在、多肉植物が種類豊富に取り揃っています!
色も形もさまざま!
お気に入りのものをぜひ見つけてみてくださいね
DSC07524 (640x425)
DSC07525 (640x425)
中には花をつけているものもあります
DSC07527 (640x425)
DSC07530 (640x425)
多肉植物の寄せ植えをつくってみませんか
DSC07531 (640x425)
(売店入口右側にて販売中)


続いて、今真っ盛りのサクラ商品をご紹介します
【小風呂敷】 540円
サクラの柄の入った風呂敷です
綿100%の日本製です
お弁当を包んだり、物を運ぶのにくるんだりと、アイディア次第でさまざまな用途に使えます
DSC07542 (640x425)
DSC07540 (640x425)
DSC07541 (640x425)
(レジ後ろの棚にて販売中)


【葉がき】 320円
サクラのイラストの入った葉がき(5枚入り)です
罫線が入っているので、書きやすいですよ
季節のおたよりにいかがでしょうか
DSC07545 (640x425)
(売店内レジ前柱ちかくにて販売中)


いずれも売り切れの際はご了承ください
(鉢花以外は再入荷いたします)



商品はいずれも税込価格で表示しています

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにお尋ねください

ご来店をお待ちしております

1603010 三陽ミュージアム 見頃の花(3月16日)

 三陽ミュージアムでは、現在フェア「ハッピーイースター」を開催しています。館内・アトリウムの花壇も、タマゴやウサギがいっぱいのイースターの花壇で、たくさんの春の花々をご覧いただけます。
 「桜開花情報」の記事でもご紹介していますが、外庭ではカワヅザクラの花が満開です。館内も外もどんどん春らしくなる三陽ミュージアムに、どうぞお越しください。

[アトリウムフラワーガーデン]
[植物企画展]
 本日より、アトリウム内で植物企画展「スイセンと球根花展」が始まりました。たくさんの種類のスイセンや、春咲きの球根植物を展示しています。
【スイセン "オシリス"】 ヒガンバナ科 スイセン属
 内側の花弁(副花冠)が外側の花弁と同じか、それよりも長くなる「ラッパズイセン」の品種のひとつです。花の色は黄色で大きく、存在感があります。副花冠のふちがフリルになり、とても華やかです。
 150315_01

 150315_02
 スイセンと球根花展では、他にも色々な分類のスイセンも展示しています。窓の外、光庭に展示しているものもありますので、お越しの際は合わせてご覧ください。

【アルブカ スピラリス "フリズルシズル"】 ユリ科 アルブカ属
 オーニソガラムに近縁の植物で、原産地は南アフリカです。学名にある「スピラリス」はらせん状の、という意味で、葉の形に由来しているのでしょう。葉がくるくると巻いていて、とても変わった姿をしています。展示中のものは花も伸びていて、下向きに釣り下がったように咲く花が見られます。
 150315_03

 150315_04
 葉っぱはくるくると巻き、とても変わっています。


 アトリウムの花壇で咲いている花もご紹介します。
【トサミズキ】 マンサク科 トサミズキ属
 本州、四国原産の落葉低木で、樹高は4mほどになります。春、葉が出る前に花が出て、枝に垂れ下がるようにつきます。やや黄緑色を帯びた黄色で、早春を彩る花木として庭木や公園木などにも使われます。
 150315_05

 150315_06
 アトリウム入ってすぐの花壇、中庭への出入り口近くで見られます。

【カンパニュラ ラプンクルス "涼姫"】 キキョウ科 カンパニュラ属
 カンパニュラ ラプンクルスは、ヨーロッパなどに分布する2年草です。原種は、カブのように肥大する根や葉などを食用に利用します。今回アトリウムで見られる「涼姫」は、藤色の花の品種で草丈50cm程度。小さな花ですが、ふんわりとボリュームがあるので他の花と合わせやすいです。
 150315_07

 150315_08
 アトリウム中央の花壇で見られます。



[温室]
 温室では、ヒスイカズラが相変わらずよく花をつけています。
 150315_09
 温室1階、橋の上から窓の方を見ると見やすいです。お越しの際はぜひご覧ください。窓の外側(中庭)からもよく見えます。
 
【ストレプトカルプス "スノーフレーク"】 イワタバコ科 ストレプトカルプス属
 1株に1枚だけの大きな葉を牛の舌に見立て、そのまま「ウシノシタ」の名前でも流通する1年草です(温室のものには「ウシノシタ」と名札をつけてあります)。葉の付け根の部分から直接何本もの花茎が伸び、次々に花を咲かせます。花は筒型で独特な形、長さは3cmほどです。この園芸品種では、花色は紫、白があります。かわいい花ですが、ぜひ葉っぱにもご注目ください!
 150315_10
 ランの間にあります。大きな葉が特徴です。

 150315_11
 花はスプーンのような形。紫花のものには、花弁の内側にすじのようなもようが入ります。

 150315_12
 葉の付け根から次々に花茎をのばします。写真では左側(株元側)が古いもの。面白い咲き方です。

 150315_13
 温室1階、ランの花が並んだコーナーで見られます。



[前庭]
【ミニアイリス "JSダイト"】 アヤメ科 アヤメ属
 ミニアイリスは、アヤメの原種のひとつ「レティキュラータ」種(Iris reticulata)をもとに作られた園芸品種群で、細い葉と5cmほどの小さな花が特徴です。草丈も小さく、20cmほど。小さいですが群れ咲くとかわいらしいです。例年3月の終わりごろから花が見られます。この「JSダイト」は、赤みのある濃い紫色の花を咲かせる品種です。アヤメの仲間らしく、花弁に黄色いもようが入ります。
 150315_14
 
 150315_15
 桜の木に目が行ってしまいますが、足元の花壇でひっそり咲いています。

【ハーデンベルギア】 マメ科 ハーデンベルギア属
 春先に鉢花がよく流通するつる植物です。原産地はオーストラリアで、紫や白の、マメ科らしい蝶型の花が集まって咲きます。耐寒性はそれほど強い植物ではありませんが、温暖で強い霜にあたらないような場所であれば、庭植えもできます。当館でも庭植えになっていて、毎年早い時期から美しい花が見られます。
 150315_16

 150315_17



[ローズガーデン]
【ユーフォルビア ウルフェニー】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属
 地中海沿岸地方などに分布するカラキアス種(Euphorbia characias)の亜種で、高さ1.2mほどになる宿根草です。花は苞の部分がよく目立ち、色は黄色に近い緑色で、1cmほどです。茎の先端に円柱状に集合します。
 美しい花というわけではありませんが、形がおもしろく、長い間楽しめます。
 150315_18

 150315_19

1603009 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (3月15日)

 皆様、こんにちは。三陽ミュージアムの3月15日~3月21日の予定をご案内します。

【休館日のお知らせ】
 3月21日は振替休日のため開館し、次の休館日は3月22日(火)となります。 

 三陽ミュージアムでは、フェア「ハッピーイースター」を開催中です。
 館内花壇はイースターの花壇となっており、エッグハントやウサギを探すイベントも行っております。
   

 展示室の展示は、1階が絵画や写真などのアート作品展、2階は陶芸作品展です。


  
[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、千葉国際アートクラブによる作品展「アート&ミュージックフェア」を開催しております。千葉市在住の外国人の方々の作品を中心に、写真や絵画など、個性的なアート作品がご覧いただけます。
 期間中、土日は展示の一環としてコンサートも予定しておりますので、合わせてお楽しみください。
 コンサートの予定は、下でもご案内します。
 DSCF5726

 DSCF5729
 
  

[2階 市民展示室]
 市民展示室では、学陶会による「花器と陶芸器展」を開催しております。
 美しい手作りの器の数々がお楽しみいただけます。
 DSCF5747

 DSCF5744
 


[コンサート]
 週末の3連休に、さまざまなコンサートの予定があります。
3月19日(土)
アート&ミュージックフェア
 14:00~  出演:千葉大ギタークラブ(ギター演奏)
 15:00~  出演:フルートアンサンブル レヴリ(フルート演奏)
 16:00~  出演:ラビンダー・マリク(民謡ほか)


3月20日(日) 
アート&ミュージックフェア
 11:00~  出演:カルテット座(ヴァイオリン演奏)
 15:00~  出演:31stFloor(バンド演奏)
指笛コンサート
 13:30~  出演:指笛の会 
 

3月21日(月・祝)
アート&ミュージックフェア
 14:00~  出演:モリンホールクラブ東京(モンゴル音楽演奏)
 15:00~  出演:魔女&モンスター(ポップス・ジャズ演奏)


 会場:三陽ミュージアム1階 モネサロン前

 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。



[イースターのイベント]
 イースターにちなみ、館内で「エッグハント」と「ハッピーラビットさがし」を開催中です。
●エッグハント
 マップに書いてあるヒントをたよりに、館内を巡ってタマゴを探しましょう!近くにある花がヒントになっています。
 DSCF5673

●ハッピーラビットさがし
 館内のどこかにあるウサギの置物「ハッピーラビット」を探します。見つけたら、こっそり受付で教えてくださいね!ヒントは「きのこ」です!
 kinoko_usagi
 
 いずれも、受付のそばでマップなどを配布しています。

1603008【2016桜開花情報】・見頃の花 カワヅザクラが見頃です。(3月13日)

 三陽ミュージアムでは、ここのところの寒さで、満開に近くなったカワヅザクラの見ごろが続いています。ここ1週間ほどはお天気がすぐれず、寒い日が続きましたが、花がきれいに咲き続けるには良い気候のようです。
 160313_03
 前庭の両側に植わっているカワヅザクラは、ほぼ満開。だんだん葉っぱも見えてきましたが、まだまだ美しい花が見られます。


 160313_02
 通用路脇では、カワヅザクラの他にヒカンザクラも満開です。また、白い花のオオシマザクラも咲き始めました(オオシマザクラは写真では道のつきあたり、煙突の下あたりにあります)。

 160313_01
 鐘型の花のヒカンザクラは、花は開ききらずほっそりしていますが、たくさん咲くとボリュームがあります。

 160313_04
 こちらはオオシマザクラ。他の種類と同じく、例年より開花が早いです。葉を塩漬けにして、桜餅に使ったりする種類です。

 
 花の門から続く通路沿いでも、カワヅザクラがよく咲いています。
 160313_05

 160313_06
 濃いピンクの桜の手前に咲くこの白い花は「ベニバスモモ」。花は白く、葉は銅葉のスモモです。
 カワヅザクラよりも少し遅れて開きます。

 160313_07
 こちらがカワヅザクラ。8~9分咲きというところでしょうか。葉は出始めていますが、まだつぼみも見えますね。

 
 カワヅザクラは気温が上がると一気に咲きすすむため、暖かい日が続くとすぐ終わってしまう場合もあります。火曜あたりからは気温が上がる予報ですから、見頃の状態を見るなら、来週の前半がおすすめです。
 160313_10
 もうすぐ花壇や寄せ植えも、春の花々に植え替えの予定です。

 このほか、前庭その他で見られる花を少しご紹介します。

 160313_08
 こちらは前庭の柵にからんで咲いている、つる植物の花。名前を「ハーデンベルギア」といいます。オーストラリアが原産で、耐寒性がさほど強いわけではないようですが、当館では庭植えでも毎年元気に咲いています。

 160313_09
 こちらは、じつは桃に近い植物「アーモンド」。花びらのふちが淡く紅色になり、とってもかわいいです。見たことはありますか?ブログ担当は、去年初めて花を見ました。去年植えつけたばかりでまだ小さい木ですが、前庭にあります。つぼみもたくさんあるのでこれからが花のシーズンです。

 
 脇庭やローズガーデンでは、クリスマスローズ、スイセンなどが見られます。
 160313_11
 脇庭です。クリスマスローズは、うつむいて咲くのが魅力的です。木の下などによく似合います。

 160313_12
 ローズガーデンでは、スノーフレークも咲き始めました。スズランのような形から、スズランスイセンとも呼ばれます。

 いろいろな種類の花が咲き始める季節になりました。まだ花の少ない時期に思えますが、よく見るといろいろな花が咲いていますので、ぜひじっくりと外の花壇もお楽しみください!
ギャラリー
  • 1707005 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月19日)
  • 1707005 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月19日)
  • 1707005 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月19日)
  • 1707005 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月19日)
  • 1707004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月11日)
  • 1707004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月11日)
  • 1707004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月11日)
  • 1707004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月11日)
  • 1707003 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(7月7日)