2015年11月

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1511006 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(11月12日)

みなさんこんにちは

今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します

【ポインセチア/トウダイグサ科】 800円
クリスマスを代表する鉢花として大人気のポインセチアが入荷しました!
クリスマスの星に似ていることから、クリスマスに飾るようになりました
鮮やかな赤い苞葉と緑の葉のコントラストが美しいです
クリスマスが待ち遠しくなりますね♪

 日当たりで育てます
  寒さに弱いので、冬は室内で管理します
  暖房の風に直接当てないように気をけましょう 
 水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えます
 花が終わって4月中旬ごろに、下から2~3節残して
  切り戻しをしましょう
  新芽が伸びて、バランスのよい株姿になります
 来年も花とキレイな赤い葉を楽しむには短日処理が
  必要となります
  9月の下旬から約40日間、毎日欠かさず17時から朝5時まで
  ダンボールなどをかぶせて光を当てないようにします
DSC04183 (640x425)
DSC04185 (640x425)
(入口近くにて販売中)


【プリンセチア/トウダイグサ科】 800円
ポインセチアの園芸品種で、「プリンセス」のような華やかな印象の「ポインセチア」であることから「プリンセチア」と名づけられました
花言葉は「思いやり」
華やかなピンク色が可愛らしく、比較的ポインセチアよりの寒さに強いので、プレゼントにもオススメです
DSC04186 (640x425)
現在アトリウムフラワーガーデンでもポインセチアとプリンセチアがはなやかに花壇を彩っています
DSC04189 (640x425)
DSC04190 (640x425)
DSC04175 (640x425)
(入口近くにて販売中)


【カルーナ・ブルガリス/ツツジ科】 300円
常緑性の低木で、ヨーロッパではグランドカバーにも使われます
小さな粒状の花をたくさんつけます
寄せ植えや花壇の縁取りで大活躍します

 よく日の当たる場所で育てましょう
  寒さには強いですが、暑さには弱いので夏は涼しい場所で
  管理します
 (鉢植え)水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう
 花が終わったら、半分くらいに刈り込むと良いでしょう
DSC04178 (640x425)
DSC04181 (640x425)
DSC04208 (640x425)
(売店入口左側にて販売中)


続いて食卓を彩るはなやかな食器をご紹介します
【オーバルボウル】 1080円
花柄の器で、一気に食卓が華やかになります
パーティにもおすすめです♪
DSC04194 (640x425)

【しゃもじ】 410円
柄はぜんぶで4種類あります
オーバルボウルとセットで、お料理を取り分ける用にしても良いですね
DSC04205 (640x425)
DSC04203 (640x425)
DSC04193 (640x425)
(売店内入って右側の棚にて販売中)




いずれも売り切れの際はご了承ください
(鉢花以外は再入荷いたします)

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにお尋ねください

ご来店をお待ちしております  

1511005 三陽ミュージアム 見頃の花(11月10日)

 三陽ミュージアムでは、フェア「フローラルクリスマス」が始まりました。アトリウムの展示は「世界で初めのクリスマス」。イエスの誕生を知った3人の賢者や羊飼いが、ベツレヘムの星に導かれてその場所をめざす場面がテーマとなっています。
 毎年恒例の、本物の針葉樹類やポインセチア、シクラメン、プリムラ、セントポーリアなどなど、色とりどりの冬の花々が美しくクリスマスの花壇を彩ります。
 
[アトリウムフラワーガーデン]
 151110_01
 アトリウム入り口の花壇では、大きなツリーと、花々が皆様をお出迎えします。

 今回の展示のメインはシクラメンやポインセチアなど、冬の花々です。それぞれたくさんの品種があり、花(ポインセチアの場合は苞)の形や色がさまざまです。どうぞお楽しみください。

【シクラメン "ファルバラローズ"】 サクラソウ科 シクラメン属
 シクラメンは、地中海沿岸地域に主に分布する植物です。現在のような大きな花の園芸品種が作られたのは1870年ごろで、イギリスやドイツで育種が進みました。現在では、花の形や色、香りの有無など様々に改良され、この「ファルバラローズ」はベル型の花と、香りが楽しめる品種です。
 151110_02

【ポインセチア】 トウダイグサ科 ユーフォルビア属 
 ポインセチアはメキシコ原産の植物で、苞の部分が美しく色づき、観賞用に栽培されます。品種改良によって苞の色、形がさまざまな園芸品種が生みだされ、赤と緑のクリスマスカラーのものだけでなく、色ではピンクやオレンジ、黄色、白、形では細長いものやヒイラギの葉のようにとがった部分のあるものなど、さまざまな種類が楽しめます。クリスマスの花としてよく流通しますが、寒さには弱いため、室内で育てるのが一般的です。
 151110_03
 品種「ウィンターローズ」。バラの花のようにまとまった形になるのが特徴です。

 151110_04
 品種「プレミアムアイスクリスタル」赤い苞に金粉をまぶしたような、グラデーション模様です。
 
 
 151110_05
 賢者と羊飼いが、羊たちとともに星に導かれて歩いてゆきます。

 151110_06
 中央の花壇には、ツリーの形の大きなオブジェと「ベツレヘムの星」が。星の下では、ちょうどイエスが誕生したところです。

 151110_07
 中央の花壇、ツリーの足元も花でいっぱいです。



[うさぎの花屋]
 常設展示の、パリの花屋さんをイメージした「うさぎの花屋」のコーナーもクリスマスになりました。店長うさぎのデイジーは、真っ赤なドレスが素敵です。
 151110_08
 


[中庭]
【ナンキンハゼ "メトロキャンドル"】 トウダイグサ科 ナンキンハゼ属
 中国の中・南部が原産の落葉高木で、以前の分類ではシラキ属に分類されます。国内だと関東以南の暖地が生育に適しており、紅葉が美しいため、庭木や街路樹、公園樹などに用いられます。種子の油は有毒ですが、原産地の中国ではろうそくや石けんの原料にします。中庭の「メトロキャンドル」は、斑入りの品種です。現在、紅葉と落葉が始まっています。 
 151110_09

 151110_10



[温室]
【タッカ シャントリエリ】 タシロイモ科 タッカ属
 「ブラックキャット」(黒猫)や「バットフラワー」(こうもり)など、黒い動物に例えられるタッカがまた花をつけました。でも今回はちょっといつもと違った様子の花です。花や「ヒゲ」の部分が真っ黒ではなく、薄い色が交じっていて、とても不思議な色合いです。
 151110_11
 花の形はいつもと変わらない、ユニークな形です。ちなみに現在(写真)は「つぼみ」の状態です。

 151110_12
 ただ、間近で見られる場所では完全に「後ろ向き」に咲いています。

 151110_13
 タッカは温室2階、ランの花がある花壇で見られます。



[前庭]
【皇帝ダリア】 キク科 ダリア属
 皇帝ダリアは、メキシコ原産の植物です。ダリアの中でも特に大きくなる種類で、大きく育てると5~6mほどになります。花期は11月~12月はじめ頃で、当館では現在咲きはじめです。当館のものは、草丈を抑えるために、7月頃に切り戻していますが、現在2.5mほどの草丈で咲いています。
 151110_14
 見上げる場所に咲く花には青空が似合いますが、お天気が悪くても印象的な花です。

【ムベ】 アケビ科 ムベ属
 国内では関東以西の本州、四国、九州、南西諸島に分布する常緑のつる性木本です。花は5月ごろに開花し、果実は10月ごろに実ります。アケビのように自分で開くことはなく、紫色に熟します。果実も、常緑の葉も鑑賞に向き、藤棚のように棚作りにしたり、垣根に仕立てたりして楽しめます。
 151110_15

 151110_16

  

[ローズガーデン]
 ローズガーデンでは、秋のバラが咲いています。春のような勢いがある咲き方とは違いますが、秋咲きの宿根草類や木々の紅葉とともに楽しめます。
 151110_19

 151110_20 

1511004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (11月10日)


 皆様、こんにちは。 三陽ミュージアムの、11月10日~11月15日の予定をお知らせします。


 三陽ミュージアムではフェア「フローラルクリスマス」が始まりました。例年ご好評をいただいている、生のもみの木や、ポインセチア、シクラメンなどの冬の花々が館内花壇を彩る展示です。

 今年のテーマは、「世界で初めのクリスマス」。中央の花壇の大きなツリー型のオブジェにはイエスの生誕を知らせるベツレヘムの星が輝き、賢者たちや羊飼いがそれをめざすのが、花壇のテーマとなっています。
 DSCF0752
 クリスマスの花壇は12月27日(日)までの展示です。ぜひご覧ください!

 

 
 館内、展示室等の展示は、1階が押し花額絵の展示、2階は油彩画展です。また、まもなく終了の予定ですが、11月11日(水)まで千葉市菊花展を開催中です。ご覧になりたい場合はお早めにどうぞ。

  
 
[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、日本レミコ押し花学院による展示「羊牧場のクリスマス~押し花作品展」を開催しております。

 館内の展示と共に、クリスマスがテーマになった作品が数多くご覧いただけます。
 DSCF0716

 DSCF0723
  展示室内では、押し花作品の体験も随時できます。詳しくは展示室でお尋ねください。
 

 
[2階 市民展示室]
 市民展示室では、楽画生(らくがき)による油彩画展を開催しております。
 DSCF0746

 DSCF0745
 油彩で描かれた風景画や人物画がご覧いただけます。 
 


[菊花展]
 10月31日(土)~11月11日(水) 9:30~17:00

 会場:三陽メディアフラワーミュージアム エントランス、アトリウム、中庭

 ※館内での展示もあり、そちらをご覧になる場合は入館券が必要です。

 菊の愛好家が盆栽や切り花など、育てた菊の出来栄えを競いあいます。県内の菊が一堂に集まり、盆養、木付、創作、切花と見事に咲いた菊花を観賞することができます。また、期間中には菊苗の販売も行います。
 
 DSC_0001
 エントランスの展示
 

[体験教室(東北復興支援)]
 11月15日(日) 常緑樹のクリスマスリース作り体験 (協力:アトリエPOSY)
 ★ヒムロスギやクジャクヒバなど、生の葉を使い、古典的なガーランドリースを作ります。東北被災地へ送るためのリースを作りますが、500円の材料費で、ご自分用にお持ち帰りいただけます(その場合は2つ作成していただきます)。
 
 場所:館内花工房(入館料が必要です。)
 時間:①10:00~②11:00~③13:00~④14:00~
 受付:当日、花工房にて(予約不要)、定員200人

写真はこちら(リンクは別ウィンドウで開きます)

1511003 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(11月6日)

みなさんこんにちは

今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します

【ミニバラ/バラ科】 200円
大人気のミニバラが再入荷しました
今回も200円と大変お買い得です!
この「フォーエバーローズ」はコンパクトにまとまり、鉢植えで育てやすく、ベランダでも気軽に育てられます♪
四季咲き性で次々と花を咲かせます

 日当たりで管理します
  真夏は半日陰に移動すると良いでしょう
 水やりは土の表面が乾いてきたらたっぷり与えましょう
  花や葉にかからないように根元に与えると良いでしょう
 花が終わったら、5枚葉の上で大体同じ高さになるように
  剪定しましょう
DSC_0016 (640x427)
濃ピンク、淡ピンク、赤、黄色と色のバリエーションも多く取り揃えています
DSC_0018 (640x427)
(売店入口左側にて販売中)


【オオインコアナナス/パイナップル科】 500円
色鮮やかな花苞が美しく、観賞期間が長いのが特徴です
これからの時期、室内で明るく個性的な花を楽しめますよ

 明るい日陰を好み、春~秋は半日陰、冬はレースカーテン越しの日光に当て、
  寒さに弱いので室内で管理します
 水やりは鉢土が乾いたら与えます
  春~秋の生育期は、筒状になった葉の間に水を貯めます
  冬は乾燥気味にし、水は貯めずに鉢土に水を与えましょう
 アナナス類は一度開花した株からは花が咲かないので、
  花苞が枯れてきたら、根元でカットして子株を育てましょう
  子株の葉の数が7枚くらいになったら、株分けをしましょう(適期は春~秋)

DSC_0013 (640x427)
DSC_0014 (640x427)
(売店入口左側にて販売中)


【ペルネッティア/ツツジ科】 600円
5~6月ごろに白い釣鐘状の小さな花を咲かせ、この時期ぷっくりとした実を楽しむことができます(食べられません)
そのツヤのある美しい実から「真珠の木(シンジュノキ)」と呼ばれます

 暑さが苦手なので、鉢植えで育てましょう
  夏は直射日光の当たらない、風通しの良い涼しい場所で管理しましょう
 水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう
 肥料は春と秋に緩効性肥料を与えると良いでしょう
DSC_0008 (640x427)
DSC_0009 (640x427)

DSC_0006 (640x427)
(売店入口左側にて販売中)



つづいて新入荷商品をご紹介します

【ガーゼハンカチ】 540円
「町娘のハンカチーフ」と帯にありますが、まさに町娘が持ち歩くようなかわいらしい和柄デザインのガーゼハンカチです
ガーゼとタオルが組み合わさった「さらさらふわふわ」な肌触りです
DSC_0023 (640x427)
DSC_0019 (640x427)
(売店内レジ後方にて販売中)


いよいよ売店内にクリスマスツリーが登場しました!
5mもある巨大ツリーです
来週からアトリウムの展示もクリスマスになりますので、お楽しみに♪
DSC_0026 (427x640)




いずれも売り切れの際はご了承ください
(鉢花以外は再入荷いたします)

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにお尋ねください

ご来店をお待ちしております  

1511002 三陽ミュージアム 見頃の花(11月5日)

 三陽ミュージアムでは、現在フェア「秋の花絵巻」を開催中です。これに合わせ、11月8日まで、館内アトリウムは「源氏物語より 紫式部の四季彩の庭」がテーマの和の花壇をご覧いただけます。
 11月9日に大きく模様替えをし、その後はクリスマスの花壇になる予定です。そちらもどうぞお楽しみに!

 展示・イベントの記事でご紹介しましたが、今週は館内で菊花展、秋の洋ランの展示も行っており、通常は当館で見られないような見事な花々がご覧いただけます。

 現在、晴れの日は秋の大変過ごしやすい陽気です。当館だけでなく、外の公園を散歩するのも気持ちが良いですよ。ぜひ、たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

 今週は、花壇の様子を中心に見ごろの花をご紹介します。

[アトリウムフラワーガーデン]
 151105_01
 中央の花壇には懸崖菊(けんがいぎく)が登場しました。

【チェッカーベリー】 ツツジ科 シラタマノキ属
 アメリカ東北部が原産の小さな常緑低木で、草丈20cmほど、原種のものはカーペット状に広がります。秋に赤い実をつけ、冬の寒さにも強いので、当館では冬の寄せ植え用の植物などとしてもよく使います。国内には近縁種の「シラタマノキ」があり、こちらは白い実をつけます。上の写真の、懸崖菊の手前に植えてあります。
 151105_02

 151105_03
 ナデシコや小菊(ポットマム)類など、秋の花々で鮮やかです。 

[植物企画展]
 アトリウムでは、植物企画展「草木染の植物展」が開催中です。こちらも11月8日までの展示です。お越しの際はぜひご覧ください。
 151105_04



[中庭]
 中庭では、11月11日まで、千葉市菊花展を開催中です。中庭では大菊の展示を行っています。
 151105_05

 151105_06
 見事な高さ、大きさに仕立てられた花々をお楽しみいただけます。



[温室]
 151105_07
 温室2階の花壇では、1年中コチョウランがみられます。また、その周囲では変わった花や季節ごとに咲くものもあります。

 151105_08
 こちらはコチョウランと同じ花壇にある「タッカ シャントリエリ」のつぼみ。「ブラックキャット」という別名がある花なのですが…、なぜか今回の花は白い気がします。これから黒くなるのか、突然変異で白くなったのか、これからが楽しみです。



[ベランダガーデン]
[植物企画展]
 ベランダガーデンでは、植物企画展のコリウス展を開催しています。こちらも11月8日までの展示ですが、草花がまだ元気ですので植物自体の展示は少しのびるかもしれません。
 よく育っており、とてもきれいです。
 151105_09



[キッチンガーデン]
 ベランダガーデンから階段を上がったキッチンガーデンでは、冬野菜やハーブ類が見られます。
 151105_10



[屋上庭園]
 市民展示室の脇、屋上庭園では、ツタの葉の紅葉が楽しめます。こちらは「ナツヅタ」。秋に葉を落とす種類です。
 151105_12

 151105_11
 デッキからは、前庭が一望できます。コスモスの花壇だった場所が、寒咲きハナナ(菜の花)に変わりました。花は例年、12月後半ごろから見られます。噴水の花壇も、まもなく冬の花壇に模様替えの予定です。
 


[ローズガーデン]
 秋のバラとダリアや宿根サルビア、ウィンターコスモスなど秋咲きの宿根草類が見頃になっています。写真は「ハーブの小庭」のエリア。ところどころに見えるオレンジの花は秋から冬に咲く「レオノチスセージ」、赤い小花は「パイナップルセージ」です。
 151105_13
 
 151105_14
 門の外、公園にでた場所にあるバラの花壇でも、バラの花がきれいに咲いています。
ギャラリー
  • 1707005 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月19日)
  • 1707005 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月19日)
  • 1707005 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月19日)
  • 1707005 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月19日)
  • 1707004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月11日)
  • 1707004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月11日)
  • 1707004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月11日)
  • 1707004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月11日)
  • 1707003 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(7月7日)