2015年08月

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1508007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月18日)

 皆様、こんにちは。 三陽ミュージアムの、8月18日~8月23日の予定をお知らせします。

 

 
[交通アクセスのお知らせ]
 海浜公園のプールが営業している8月31日までは、当館にお越しの際に最寄りとなる海浜公園駐車場が、大変混雑いたします。また、駐車場の利用料金はプールの営業期間中、一律600円(前払い)です。
 お越しのご予定がありましたら、できるだけ公共交通機関(稲毛駅・稲毛海岸駅から路線バス等)をご利用ください。


[開館時間延長のお知らせ]
 8月30日まで、当館は、通常ならば午後17時までの開館時間を延長し、19時まで開館いたします。17時以降は無料でご入館いただけますので、どうぞお立ち寄りください。
 
 
 館内、展示室の展示は、1階・2階とも先週から引き続き、1階で貝の展示を、2階では絵画展を開催しております。また、植物企画展の「トウガラシ展」と「グリーンカーテンにできるつる植物展」(いずれも鉢植えの展示)を、館内の光庭で開催中です。


[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、先週から引き続き、高浦利光さんによる貝の展示「貝 shells~南の島の宝物」を開催しております。ご来館の方は大人から子供まで楽しくごらんいただいています。普段見られないような、海外の貝なども実物が見られますので、ぜひご来館の際はお立ち寄りください。
 
 DSCF7711
 とてもたくさんの種類の貝が、生息地などの解説付きで見られます。

 DSCF7707
 展示を見ながらクイズにも挑戦できますよ!

 

[2階 市民展示室]
 市民展示室では、柴田信子さんの個展「四季折々の花々と水のある風景を描く」を開催しております。
 今週は抽象画を展示しております。

 DSCF7724

 DSCF7725

 
 
[コンサート] 
 8月23日(日)の夕方に、コンサートを予定しています。

  
 8月23日(日) ハワイアンコンサート 17:00~  演奏:マハロ・オリオリプラザ
          会場:三陽ミュージアム 中庭 (雨天時は館内モネサロン前)
 
 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。
 

[温室スコール体験]
 雨の降る温室内をお散歩していただける、夏休み限定の体験です。夏休み期間中は、日曜・祝日の16:00より行いますので、どうぞご参加ください。傘はこちらで貸し出します。

 DSC_0042
 スコール体験の温室の様子です。中を歩くと「本降りの強い雨」くらいの降りです。

1508006 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(8月13日)

みなさんこんにちは

今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します

今週は観葉植物を特集にご紹介いたします

【フィカス・ウンベラータ/クワ科】 (大)800円 (小)400円
大きいハート形の葉が魅力のフィカス・ウンベラータが入荷しました
この大きさで、800円はかなりお買い得です!
お部屋のインテリアとして人気の高い観葉植物です

 日当たりと風通しの良い場所で管理します
  ただし真夏の直射日光は避けましょう
 水やりは土の表面が乾いてからたっぷり与えましょう
  冬は控えめにします
  年間を通して、葉に霧吹きで葉水を与えると良いでしょう
DSC_0034 (640x427)
DSC_0037 (640x427)
DSC_0022 (640x427)
(入口近くにて販売中)


【モンステラ/サトイモ科】 800円
モンステラは育てやすく人気の観葉植物です
熱帯アメリカ原産のつる性植物で、切れ込みの入る大きな葉が特徴です

 直射日光の当たらない半日陰で管理しましょう
 水やりは土の表面が白っぽく乾いたらたっぷり与えましょう
  冬は乾かし気味に管理します
  年間を通じて、葉に霧吹きで葉水を与えると良いでしょう
 5月~9月の生長期に2カ月に1度固形の緩効性肥料を与えるとよいでしょう
DSC_0039 (640x427)
DSC_0042 (640x427)
モンステラの茎にはシュウ酸カルシウムという成分が含まれており、切り口から出る液で皮膚がかぶれることがありますので、切り戻す際は手袋などをして行いましょう 
また犬や猫が間違って食べないように注意が必要です
DSC_0018 (640x427)
(売店入口右側にて販売中)

観葉植物を中心としたアトリウム花壇でもフィカス・ウンベラータとモンステラが花壇を盛り上げています
DSC_0047 (640x427)


【ネオレゲリア/パイナップル科】 200円
色鮮やかな葉色が美しいネオレゲリアが入荷しました
お部屋にトロピカルな雰囲気を演出してくれます

 日当たりと風通しの良い場所で管理します
  ただし真夏の直射日光は避けましょう
  冬は室内で管理します
 春から秋の水やりは、筒状の葉の間に水をためておくようにします
  冬は温度が下がるので、水はためないようにします
 5月~9月の生長期に液体肥料を与えるとよいでしょう
DSC_0029 (640x427)
DSC_0024 (640x427)
(売店入口左側にて販売中)


つづいて新商品のご紹介です

【ローズオーナメント】 650円
ころんとした丸い形がかわいいバラのオーナメントです
お部屋や玄関、クローゼットやお車などに飾ってみてはいかがでしょうか?
DSC_0009 (2) (640x427)
ドアノブにかけても素敵です
DSC_0011 (640x427)

お気に入りの香りのスプレーをすると香りのポマンダーとしてもお楽しみいただけます
こちらのオーナメントと一緒に使える香りのスプレーもあわせてご紹介いたします
【ラベンダー香りのスプレー・フレグランスミスト】 各650円
フレグランスミストの香りはバラ、ジャスミン、ラベンダーの3つの香りがあります
お部屋や車やポプリなどにお好みの香りを吹きかけて、お楽しみください
DSC_0013 (640x427)
DSC_0014 (640x427)
(売店内、左奥の棚にて販売中)






いずれも売り切れの際はご了承ください
(鉢花以外は再入荷いたします)

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにお尋ねください

ご来店をお待ちしております

1508005 三陽ミュージアム 見頃の花(8月12日)

 三陽ミュージアムでは、「ひまわりフェア」を開催中です。前庭のヒマワリ花壇では、2番花・3番花になり、大きさは小さくなってきましたが、まだまだ元気にヒマワリが咲いています。
 館内での植物企画展は、光庭で「グリーンカーテンにできるつる植物展」と、「トウガラシ展」を行っており、それぞれたくさんの種類が見られますので、ぜひお立ち寄りください。

 館内、アトリウムでは「南の島のヒーリングガーデン」のテーマで、観葉植物やトロピカルフラワーの花壇がご覧いただけます。温室や中庭も、色々な花が開いてにぎやかです。
 今回は、この時期に見どころがいっぱいの温室を中心に、見頃の花をご案内しましょう。



[温室]
【オウコチョウ】 マメ科 カエサルピニア属
 西インド諸島原産と言われるマメ科の植物で、蝶が飛ぶような花の形から、「オウコチョウ(黄胡蝶)」、または「オオゴチョウ(大胡蝶)」と呼ばれます。花の中央から長く飛び出す赤い雄しべが華やかな印象です。
 温室1階の、橋のあたりで見られます。
 150812_01

 150812_02
 花が咲いているところに、名札がかけてあります。

【ハイビスカス “フラミンゴ”】 アオイ科 ヒビスクス属
 当館の温室にあるハイビスカスは、だいたい8月に入った頃からたくさん花をつけ始めます。この「フラミンゴ」は、雄しべなどが花弁に変化し、段になったような花をつける品種で、変わった姿から、このブログでも咲くたびにご紹介している品種です。面白い花の形を、ぜひ近くでご覧ください。
 150812_03

【グロッバ ウィニティー】 ショウガ科 グロッバ属
 ショウガ科の多年草で、温室では去年に引き続き開花しました。葉はショウガに似ていますが、花は独特な形で、長く伸びた花序にピンク色の苞をつけます。飛び出した花の部分は、黄色で面白い形です。
 上でご紹介したハイビスカスと、通路を挟んで向かい側の花壇、柱の下のあたりで見られます。
 150812_04

 150812_05
 ここまで、温室1階で見られる花々です。

【ゴクラクチョウカ】 バショウ科 ストレリチア属
 オレンジ色と青の花色が印象的で、その形を飛んでいる鳥に見立てた「ゴクラクチョウカ(極楽鳥花)」は、アフリカ原産の植物です。ふつうは春~夏頃によく開花し、花だけでなく葉も観賞に向くところから、切り花でもよく用いられます。
 150812_06

 150812_07
 階段を登ってすぐの場所や、2階のコチョウランのある花壇などで開花中です。

【ヘリコニア ロストラタ】 バショウ科 ヘリコニア属
 バショウ科の植物で、タテに長く連なった、黄色いふちどりのある赤い花が特徴です。赤い部分は「苞(ほう)」という葉が変化したもので、その下から飛び出した黄色い筒状の部分が実際の花です。学名の「ロストラタ」は「くちばし」の意味で鳥のくちばしに、英名では「Hanging Lobster Claw」、ロブスターのはさみに見立てられます。
 温室2階や、温室1階の外側(中庭)で見られます
 150812_08

 150812_09
 ヘリコニアは写真の左奥にあります。

【サンタンカ】 アカネ科 イクソラ属
 サンタンカは中国、マレーシア原産の常緑低木で、花木として栽培されることの多い植物です。10cmほどの半球形の花序をつけます。江戸時代、琉球を経由して渡来し、古くは「三段花」と呼ばれました。
 150812_10
 一つ一つの花は小さく、ラッパ状です。花弁の丸みがかわいいです。

【サンタンカ “スーパーキング”】 アカネ科 イクソラ属
 上のサンタンカのすぐお隣で見られますが、こちらは花びらの部分がとがって大きく、花色ははっきりした赤色の交配種です。サンタンカよりもやや広がって咲くため、花序の大きさもひとまわり大きく見えます。
 2階の橋の上から見られます。赤が鮮やかで、目を引きます。
 150812_11

 150812_12
 2階の橋周辺で見られます。



[アトリウムフラワーガーデン]
 150812_14
 小舟でたどり着いた南の島を探検するようなイメージの花壇になっています。
 館内は冷房が入り、夏の昼間でも涼しいですよ!

 150812_15
 アトリウムの奥には多肉植物の街の花壇もあります。



[光庭]
[植物企画展]
 光庭では、「グリーンカーテンにできるつる植物展」と「トウガラシ展」を行っております。それぞれ鉢植えの花々がご覧いただけます。
【トウガラシ “プリティーパープル”】 ナス科 トウガラシ属
 直径1.5㎝ほどの真ん丸な実がかわいらしい、観賞用トウガラシです。葉の色は紫色、実もなり始めは紫色です。実は熟すにつれてオレンジ色、赤色へと変化します。
 150812_17

 150812_16
 トウガラシ展の展示の様子です。赤く色づいた実はまだ少ないです。

 150812_18
 つる植物展の展示も同じく光庭です。アサガオ類など、花が見られるものもあります。

 150812_19
 グリーンカーテンは、中庭でも展示中です。こちらでも、花の咲いているものが見られます。
 
【トケイソウ “ピッコロッソ”】 トケイソウ科 トケイソウ属
 花と実の楽しめるタイプのトケイソウで、花は小さめですが白くかわいらしい花で、糸状になる副花冠(内側の花びら)は紫と白の縞模様です。花は午前中で閉じます。花後にできる実は赤く、径は4cmほどです。葉がやや細かいので、グリーンカーテンとして広い面積を覆うには生長に少し時間がかかりますが、花も実も楽しめる種類です。光庭でも鉢植えで展示していますが、今日は中庭のものがよく咲いていました。
 150812_20

 

1508004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月11日)

 皆様、こんにちは。 三陽ミュージアムの、8月11日~8月16日の予定をお知らせします。

 

 
[交通アクセスのお知らせ]
 海浜公園のプールが営業している8月31日までは、当館にお越しの際に最寄りとなる海浜公園駐車場が、大変混雑いたします。特にお盆の期間中は、平日でも午前9時過ぎに満車になることが予想されます。また、駐車場の利用料金はプールの営業期間中、一律600円(前払い)です。
 お越しのご予定がありましたら、できるだけ公共交通機関(稲毛駅・稲毛海岸駅から路線バス等)をご利用ください。


[開館時間延長のお知らせ]
 8月30日まで、当館は、通常ならば午後17時までの開館時間を延長し、19時まで開館いたします。17時以降は無料でご入館いただけますので、どうぞお立ち寄りください。
 
 
 館内、展示室の展示は、1階で貝の展示を、2階では絵画展を開催しております。また、植物企画展の「トウガラシ展」と「グリーンカーテンにできるつる植物展」(いずれも鉢植えの展示)を、館内の光庭で開催中です。


[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、高浦利光さんによる貝の展示「貝 shells~南の島の宝物」を開催しております。とてもたくさんの種類の貝が、かなりのボリュームで見られます。貝と一緒に、その名前の由来になったものが展示してあったりして、大人からお子様まで楽しめる展示となっております。ぜひお立ち寄りください!
 DSCF7524
 とてもたくさんの種類の貝が、生息地などの解説付きで見られます。

 DSCF7529
 鹿の子模様の貝のお隣には鹿の置物、「パパイヤ」の名前のついた貝にはパパイヤの置物が。
 分かりやすいですよ!

 

[2階 市民展示室]
 市民展示室では、柴田信子さんの個展「四季折々の花々と水のある風景を描く」を開催しております。
 2週間にわたっての展示で、今週は具象画、来週は抽象画を展示しております。

 水のある風景ということで、今週は海や川などを描いた作品の展示です。ぜひお立ち寄りください。
 DSCF7519
 油彩画を中心に、たくさんの作品がご覧いただけます。

 DSCF7523

 
 
[コンサート] 
 8月16日(日)の夕方に、コンサートを予定しています。

  
 8月16日(日) ハワイアンコンサート 17:00~  演奏:ナニカハカイ
          会場:三陽ミュージアム 中庭 (雨天時は館内モネサロン前)
 
 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。
 

[温室スコール体験]
 雨の降る温室内をお散歩していただける、夏休み限定の体験です。夏休み期間中は、日曜・祝日の16:00より行いますので、どうぞご参加ください。傘はこちらで貸し出します。

 DSC_0042
 スコール体験の温室の様子です。中を歩くと「本降りの強い雨」くらいの降りです。

1508003 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(8月6日)

みなさんこんにちは

今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します

【観賞用トウガラシ/ナス科】 200円
色のバリエーションが豊富なトウガラシが多数入荷しました
夏の花壇を彩る植物として人気の高い観賞用トウガラシです

   日当たりで管理します
 (鉢)水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えます
  (庭植え)植え付け直後と雨の降らない日が続く夏場は
  水をやりましょう
 実を観賞するため、花がら摘みは不要です
  色が変わり、傷んできたら実は摘み取りましょう

DSC_0031 (640x427)
DSC_0036 (640x427)

DSC_0002 (640x427)
(入口近くにて販売中)


【パッションフルーツ/トケイソウ科】 600円
見て楽しい、食べておいしい、最近ではグリーンカーテンとしても人気の高いパッションフルーツが入荷しました!
すでに実がついているものもあります!
赤くなったら収穫時期です
時計の文字盤を思わせる花もまた魅力です

 日当たりで管理します
  冬の寒さには弱いので、冬は室内に取り込みましょう
 水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えます
 つるは適宜誘引をしましょう
  収穫後、伸びすぎた枝は切り戻しましょう
DSC_0016 (640x427)
DSC_0010 (640x427)
(売店入り口左側にて販売中)


【グズマニア/パイナップル科】 (大)500円 (小)200円
鮮やかな色のグズマニアが入荷しました
赤に色づいた苞の色の美しさは数か月続き、長く楽しめます
一度花が咲いた株は次の花は咲きませんが、子株を出しその先に花をつけます

 夏は半日陰の風通しのよい場所で、冬は室内の明るい場所で管理します
 水やりは夏は乾いたらたっぷり、冬は控えめに与えます
   生育期(5月~9月)は筒状の葉の間に水をためておきます 

DSC_0020 (640x427)

DSC_0026 (640x427)
DSC_0022 (640x427)

DSC_0039 (640x427)
(売店入口左側にて販売中)


【チェスキーガラス】  300円
空間に溶け込みやすいフォルムで、花の可憐さを引き立てるフラワーベースです
色は全部で3色
気軽に使える大きさで、300円とお手頃価格でおすすめです
DSC_0048 (640x427)



前回ご紹介した千葉大学付属特別支援学校中学部のみなさんが育てたゼラニウムの苗に花が咲き始めました!
こちらも好評販売中です
DSC_0045 (640x427)


いずれも売り切れの際はご了承ください
(鉢花以外は再入荷いたします)

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにお尋ねください

ご来店をお待ちしております
ギャラリー
  • 1703008 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (3月28日)
  • 1703008 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (3月28日)
  • 1703008 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (3月28日)
  • 1703008 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (3月28日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)