2015年07月

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。

ホームページ https://sunsetbeachpark.jp/facilities/flower.html
ホームページには交通アクセス、施設概要などの情報が載っています。

展示室の展示や細かいイベント情報などについては、当ブログをご参照ください。

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

★SNS★
Facebook 三陽メディアフラワーミュージアム @hanabichiba https://www.facebook.com/hanabichiba/
Twitter 三陽メディアフラワーミュージアム/花の美術館 @sbp_smfm  https://twitter.com/sbp_smfm
Instagram @hanabichiba https://www.instagram.com/hanabichiba/

1507011 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月22日)

 皆様、こんにちは。 三陽ミュージアムの、7月22日~7月26日の予定をお知らせします。

 夏休みに入り、お天気の暑い日が続いていますね。三陽ミュージアムでは、開館時間の延長や、夏休み限定の温室のスコール体験などの催しを企画していますので、ぜひお楽しみください。
 
[交通アクセスのお知らせ]
 海浜公園のプールが営業している8月31日までは、当館にお越しの際に最寄りとなる海浜公園駐車場が、大変混雑いたします。また、同期間は、利用料金が一律600円となります。
 お越しのお客様には、公共交通機関(稲毛駅・稲毛海岸駅から路線バス)のご利用をお勧めします。


[開館時間延長のお知らせ]
 7月18日から8月30日まで、当館は、通常ならば午後17時までの開館時間を延長し、19時まで開館いたします。17時以降は無料でご入館いただけますので、どうぞお立ち寄りください。
 

 館内、展示室の展示は、1階では工芸品などの展示を、2階では先週から引き続き絵画展を開催しております。




[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、千葉美工和会による作品展「千葉美工和会展」を開催しております。竹工芸や房州彫り、押し絵、割り箸アート、ワイヤーアートなど、手作りの作品が並びます。
 展示室内で、竹とんぼなどで遊ぶこともできますので、ぜひお立ち寄りください。
 DSCF6642
 ワイヤーアートの盆栽の作品。

 DSCF6662
 竹とんぼや、竹でつくった昆虫など、見ているだけでも楽しい作品が並びます。



[2階 市民展示室]
 市民展示室では、先週より引き続き、市内在住の斉藤都与子さんの個展を開催しております。大きなものから小さなものまで、油絵の作品が展示してあります。独特な作品を、ごゆっくりお楽しみください。
 DSCF6677

 DSCF6675



 
[コンサート] 
 7月26日(日)の夕方に、コンサートを予定しています。

 

 
 7月26日(日) ハワイアンコンサート 17:00~  演奏:ワイキキ・エコーズ
          会場:三陽ミュージアム 中庭 (雨天時は館内モネサロン前)
 

 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。
 



[夏休み体験教室]

日時:7月22日(水)、23日(木) 10:00~15:00 当日、随時受け付け

場所:館内1階 花工房(入館料の他に材料費をいただきます。)

「昔の遊びを楽しもう」

材料費:150円~

●葉っぱで作るバッタ

●貝がらと木の実のストラップ

●紙で作る竹トンボ  

などの体験ができます。小さなお子様でもお楽しみいただけますので、是非ご参加ください。




[温室スコール体験]
 雨の降る温室内をお散歩していただける、夏休み限定の体験です。夏休み期間中は、日曜・祝日の16:00より行いますので、どうぞご参加ください。傘はこちらで貸し出します。

 140727 (6)
 去年のスコール体験の温室の様子です。中を歩くと「本降りの強い雨」くらいの降りです。

15070010 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(7月16日)

みなさんこんにちは

今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します

今回は実を楽しむ特集でご紹介していきます

【オリーブ/モクセイ科】 200円
シルバーの葉色と美しい樹形で庭木としても大人気のオリーブが入荷しました

 日当たりが良く、水はけのよい場所に植えつけましょう
  植えつけの際、苦土石灰をまいて土をアルカリ性に整えると良いでしょう
 水やりは、地植えはほとんどいりません
  鉢植えは土の表面が乾いてから与えます
 2月ごろ、伸びすぎた枝や細枝などを付け根から剪定します
 品種によって自家結実の可否が大きく違います
  収穫するには異なる2品種をとなりにおくと実のつく確率が上がります
DSC_0048 (640x427)
(売店入口右側にて販売中)


【ブドウ/ブドウ科】 700円
見て楽しい、食べておいしい果樹ブドウです
ブドウは人工授粉が不要で、あまり手間をかけずに美味しい果実が楽しめます
現在あるのは、「黄玉」「高妻」「安芸クイーン」の3品種です
 ・「黄玉」は「ピオ-ネ」と「紅富士」の交配から生まれた「ジャスミン」の実生から育成された白ブドウ品種で、糖度が23度以上の甘味の強いブドウです
 ・「高妻」…「ピオーネ」の仲間で糖度が高く、酸味もなく食べやすいです
ジューシーでまろやかな味の黒ぶどうです
 ・「安芸(あき)クイーン」…自家受粉した「巨峰」の実生から育成された赤ブドウです
果汁が豊富で甘みが強く、酸味は控えめで香りがよいのが特徴です

 日当たりの良い場所で管理します
 水やりは鉢で育てる場合は表土が白っぽく乾いたらたっぷり、
  庭植えの場合はよほど真夏に日照りの続くときは与えましょう
 落葉期に剪定を行います
  その年に伸びた新しい枝を2,3芽残して切ります

DSC_0061 (640x427)

DSC_0052 (640x427)
(売店入口右側にて販売中)


【フェイジョア/フトモモ科】 200円
常緑性で、花も実も楽しめる、庭木としても人気のフェイジョアです
「パイナップルグアバ」とも呼ばれ、果実は多汁質で甘く、パイナップルとバナナとリンゴを混ぜたような味で甘い香りがします
花はエディブル・フラワーとして食用にも利用できます
 
 日当たりの良い場所で管理します
  寒さには比較的強いですが、寒風が当たらない場所に置き、マルチングをするなど
  防寒対策をしたほうが無難です
  幼木のころは耐寒性は弱いので室内へ取り込んだほうが良いでしょう
 水やりは地植えの場合、よほど乾くとき以外は必要ありません
  鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう
 1本だけでは実がなりにくい性質があり、収穫するには異なる2品種を置き、
  人工授粉を行うと良いでしょう
DSC_0055 (640x427)
花の美術館でもいろんな場所に植わっています
5月ごろにはかわいらしい花も咲きます
DSC_0071 (640x427)
DSC_0072 (640x427)

DSC_0050 (640x427)
(入口近くにて販売中)


続いて売店内で販売中のドライフルーツのご紹介です
【ドライフルーツ(各種)】 380円
デーツ(ナツメヤシ)、マンゴー、ピスタチオの3種類あります
なかでもおすすめはデーツです!
鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウム、食物繊維などを豊富に含み、その含有量は果実の中でもトップクラス!
免疫力向上や抗酸化作用、生活習慣病予防などに効果があります
気軽に食べられる健康食品です
DSC_0067 (640x427)
DSC_0064 (640x427)
(売店入ってすぐ左手の棚にて販売中)




いずれも売り切れの際はご了承ください
(鉢花以外は再入荷いたします)

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにお尋ねください

ご来店をお待ちしております









 

1507009 三陽ミュージアム 見頃の花(7月14日)

 三陽ミュージアムでは、現在夏の花々が元気に咲いています。館内は冷房が入るため、暑いお天気でも快適に過ごしていただけます。公園で暑くなった時の休憩にも、ぜひ当館をご利用ください。
 
 前回、ヒマワリの記事で外の花壇を多くご紹介しましたので、今回は館内、特にアトリウムの花々を中心に、見ごろの花をご紹介しましょう。


[アトリウムフラワーガーデン]
【スパティフィラム】 サトイモ科 スパティフィラム属
 熱帯アメリカが原産のサトイモ科の植物で、観葉植物としてよく流通します。同じサトイモ科のアンスリウムは色のつく仏炎苞の色が赤やピンクにもなりますが、こちらのスパティフィラムは白か黄緑で、形はほっそりしたものが多いです。
 今回アトリウムで見られる種類は、葉が白い斑入りで、涼しげな色が特徴です。
 150714_01

 150714_02

【レックスベゴニア】 シュウカイドウ科 ベゴニア属
 インドのアッサム地方が原産の葉が大きなベゴニアを親に、美しい葉をもつ品種との交配で生まれた、葉を観賞するベゴニアの園芸品種群です。葉の形や質感、色など、非常に様々な特徴を持つ品種があります。花は淡桃色で、初夏から秋に開花します。
 150714_03
 
 
【ルリマツリ】 イソマツ科 プルンバーゴ属
 南アフリカに分布する低木で、やや枝垂れるような伸び方をします。空色の花が特徴で、白花の品種もあります。ラッパ型の花が茎の先端にいくつもまとまって咲き、花の径は2.5cmほどです。熱帯性の植物ですが、ある程度の耐寒性があるようで、当館のある千葉では庭植えにしているお宅もしばしば目にします。夕方や雨などで暗い日中でも光るような花色で、たくさん咲いていると目を引きます。
 150714_04

 150714_05

【ノリウツギ “ミナヅキ”】 ユキノシタ科 アジサイ属
 日本に広く自生するアジサイの仲間で、花序(花の集まり)が円錐型になるのが特徴です。野山にあるものは、アジサイでいえば「ガクアジサイ」のように、一部の花だけ、がくの部分が花のようになる「装飾花」となりますが、この「ミナヅキ」は、花がすべて装飾花となる品種で、古くから栽培されています。
 「ピラミッドアジサイ」の名前でも流通します。
 150714_06

 150714_07

【ユーチャリス】 ヒガンバナ科 エウカリス属
 和名はアマゾンユリといい、南米、コロンビアのアンデス山地が原産です。草丈は60cmほど。長く伸びた花茎の先端に、茎を取り巻くように3個~6個の花をつけます。花は径が6cmほど。スイセンの内側の花弁(副花冠)に似たような部分に雄しべが付く、とても面白い花の形です。
 150714_08

 150714_09

【エクメア “セルマ”】 パイナップル科 エクメア属
 エクメアは南アフリカの熱帯地域に多く分布しているパイナップル科の植物で、花や苞が美しく色づき、観賞用になる種類も多数あります。この「セルマ」は、縞模様の葉と、花が美しい品種です。花は小さな黄色い部分で、赤い苞や、がくの部分がよく目立ちます。形態から「チャンティニー」種(Aechmea chantinii)の園芸品種ではなかろうかと思います。
 150714_10

 150714_11



[光庭]
 光庭では、ハーブ類の鉢植えの展示や、ハンギングバスケット、寄せ植えなどをお楽しみいただけます。中央のエゴノキの下にある植物から、今回は1種類ご紹介しようと思います。
 150714_12

【ヒューケラ】 ユキノシタ科 ホイヘラ属
 ヒューケラはユキノシタ科の多年草で、北アメリカに35~50種が分布します。日本では、「ツボサンゴ」という種類が多く栽培されてきましたが、近年では育種や交配がすすみ、園芸品種として葉色や葉の大きさなどに幅が出て、カラーリーフとして人気があります。耐陰性があり、半日陰などの、日当たりの悪い場所にも使えます。
 150714_13



[温室]
 温室では、洋ランやバナナの花、ハイビスカスなど、南国の植物が見られます。
 150714_14
 バナナは実が大きくなってきました。

【ヘリコニア ロストラタ】 バショウ科 ヘリコニア属
 カニのはさみが連なったような独特な形をしている花で、当館では7月の後半ごろに見ごろになることが多いです。赤い部分が苞、花はその中から飛び出す黄色い筒状の部分で、さほど目立ちません。温室2階で咲いています。また、温室1階の池のそばにもあり、中庭からガラス越しに見ることができます。
 150714_15

 150714_16



[前庭]
 ここしばらくご紹介することが多かった前庭ですが、まだまだ花たちは元気です。どうぞ散策しながら、夏の花々をお楽しみください。
 150714_17

 150714_18

 エントランスでは、たくさんの品種のヒマワリを鉢植えで展示中。ひざ丈ほどの小さなものから、見上げるくらい大きなものまで、いろいろな種類が見られます。色も形も様々な花をどうぞお楽しみください。
 150714_20

【ヒマワリ “ショコラ”】 キク科 ヘリアンサス属
  花の中心の部分が茶色で、花弁の先は黄色になります。180cmほどの大きさになる大型の品種で、株によって多少花の色などに違いが出ます。写真の花はまさにチョコレート色。ユニークな色が面白いです。
 150714_19

1507008 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (7月14日)

 皆様、こんにちは。 三陽ミュージアムの、7月14日~7月20日の予定をお知らせします。

 まもなく夏休みですね!三陽ミュージアムでも、開館時間の延長や、夏休み限定の温室のスコール体験などの催しを企画していますので、ぜひお楽しみください。
 なお、7月20日は月曜ですが、海の日(祝日)のため、開館し、次の休館日は7月21日(火)となります。

[交通アクセスのお知らせ]
 海浜公園のプールが始まる7月18日から8月31日までは、当館にお越しの際に最寄りとなる海浜公園駐車場が、大変混雑いたします。また、夏のプール期間は、利用料金が一律600円となります。
 お越しのお客様には、公共交通機関(稲毛駅・稲毛海岸駅から路線バス)のご利用をお勧めします。


[開館時間延長のお知らせ]
 7月18日から8月30日まで、当館は、通常ならば午後17時までの開館時間を延長し、19時まで開館いたします。17時以降は無料でご入館いただけますので、どうぞお立ち寄りください(17時以降は安全確保のため、見学できない場所がありますので、ご了承ください)。
 

 館内、展示室の展示は、1階では写真展を、2階では絵画展を開催しております。




[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、花の写真サークル・四季の花を撮る会・2000年の会による作品展「第13回フォト『花・水・木』展」を開催しております。四季を彩る花々の写真を、どうぞお楽しみください。
 DSCF6335
 この時期らしく、ヒマワリの写真を集めたコーナーもあります。

 DSCF6332

 

[2階 市民展示室]
 市民展示室では、市内在住の斉藤都与子さんの個展を開催しております。大きなものから小さなものまで、油絵の作品が展示してあります。独特な作品を、ごゆっくりお楽しみください。
 DSCF6345

 DSCF6348


 
[コンサート] 
 7月19日(日)に、昼と夕方の2回、コンサートを予定しています。

 

 
 7月19日(日) フルートアンサンブルコンサート 14:00~  演奏:フルートアンサンブル ルリアン
          会場:三陽ミュージアム1階、モネサロン前
 

          ハワイアンコンサート 17:00~ 演奏:ナリコラニフラスタジオ
          会場:三陽ミュージアム 中庭 (雨天時は館内モネサロン前)

 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。
 

[温室スコール体験]
 雨の降る温室内をお散歩していただける、夏休み限定の体験です。夏休み期間中は、日曜・祝日の16:00より行いますので、どうぞご参加ください。傘はこちらで貸し出します。

 140727 (6)
 去年のスコール体験の温室の様子です。中を歩くと「本降りの強い雨」くらいの降りです。

1507007 ヒマワリが見ごろです! (7月10日)

 皆様こんにちは。本日は、久しぶりのお天気となりました。三陽ミュージアムでは、現在ヒマワリの花壇が最初の見ごろになっていますので、その他の花々や見どころと合わせ、ご紹介しようと思います。
 DSC_0071
 前庭花壇にあるのは、「モネパレット」という品種のヒマワリ。草丈は120cmほどで、咲きはじめの今、枯れた花がまだ少なく、丈もそろっていてとてもきれいです。


 DSC_0037


 ヒマワリの花壇のお隣、建物側にある1年草花壇では、ブルーサルビアの花が見頃です。
 DSC_0073

 DSC_0030
 たまに「ラベンダーですか?」と聞かれることのあるブルーサルビア。さわやかな色合いで、とても丈夫な花です。

 
 前庭では、とてもカラフルなジニア(百日草)など、他の花々も見られます。
 DSC_0055


 屋外花壇では、このほかローズガーデンで、ダリアやフロックスなど宿根草の花々がきれいです。
 DSC_0278
 白い花が宿根フロックス。「オイランソウ」などの別名があります。

 DSC_0281
 大輪のダリアがたくさん咲いています。


 さて、続いて館内の見どころを少しご案内しましょう。館内はアトリウムという広い吹き抜けの場所に室内花壇があり、現在は観葉植物の花壇になっています。
 暑い日は冷房が入り、雨の日など荒天でも屋根があるので安心です。
 DSC_0399
 メインの花壇には貝殻のステージがあり、花壇に入って記念撮影も楽しめます。晴れた日には写真のように、日光が射しこみ、また違った様子が楽しめます。

 DSC_0404
 ガラス球の中の花々も本物です。 写真の紫色の花はセントポーリアです。


 アトリウムから出られる中庭花壇。たくさんの種類の花々が植わっていて、花の咲いているものもたくさんあります。写真ではご紹介しきれませんので、いらした際にはじっくりご覧ください。
 DSC_0371


 DSC_0489
 アトリウム2階から出た場所にあるベランダガーデンでは、寄せ植えの花々を楽しめます。夏の花々が元気いっぱいに咲いています。


 館内、屋外の花壇とも、雨の日にもお楽しみいただけますが、晴れた日のお散歩は格別ですよ!
 たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。
ギャラリー
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • 200204三陽ミュージアム 今週の展示・イベント(2月26日)
  • ライブドアブログ