2014年11月

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1411008 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (11月18日)

 皆様こんにちは。三陽ミュージアムの、11月18日~11月24日の予定をお知らせします。

 三陽ミュージアムでは、フェア「フローラルクリスマス」を開催中です。館内、アトリウム花壇では、「小さな森のクリスマス」のテーマで、動物たちのパネルと共に花でいっぱいのクリスマスの花壇がご覧いただけます。
 
 お天気が悪かったり、夕方になるとろうそくの火を部分的に灯すこともあります。
 
 外の庭では、ところどころで草木が紅葉しています。どうぞ、秋のひと時を、三陽ミュージアムでお楽しみください。 

●休館日のお知らせ
 勤労感謝の日の振り替え休日で24日(月)が開館日のため、次の休館日は25日(火)です。お気を付けください。

 館内・展示室での展示は、1階はアートクレイシルバー(純銀粘土)作品の展示を、2階では絵画展を行っています。



[1階 多目的室]
 館内1階の多目的室では、アートクレイクラブによるアートクレイシルバー(純銀粘土)で作ったアクセサリーなどの作品の展示「銀の雫」を開催しています。
 
 DSCF6256
 手作りの繊細な作品を、ぜひご覧ください。

 DSCF6258
 
 また20日(木)と23日(日)には、ジェルネイルとマニキュア・アートの体験ができます。
 なぜシルバーアクセサリーなのにネイルアート!?と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はシルバーアクセサリーとネイルアートは、同じ素材で装飾を施すこともあり意外と近い間柄なのです。
 ジェルネイル ラメグラデーション・・・1,000円
 マニキュア(10本)・・・300円
 アート(1本)・・・200円
 ジェルネイルとマニキュア・アートの体験は11月20日(木)23日(日)の10:00~15:00に実施
 
 ラメグラデーションなら20分程度で。マニキュアアート1本なら10分程度でできあがります。
 
 
[2階 市民展示室]
 市民展示室では、楽画生(らくがき)による油彩画の作品展「楽画生展」を行っております。風景画、人物画など、題材や大きさが様々な作品を展示しています。
 
 DSCF6241

 DSCF6237



[コンサート]
 11月24日に、コンサートを予定しています。 

 11月24日(月) コーラスコンサート 14:00~  演奏:コーロ・リラ&コーロ・フィオーレ
         
 会場:三陽ミュージアム1階 モネサロン前

 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。

1411007 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(11月16日)

みなさんこんにちは

今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します


【プリンセチア/トウダイグサ科】 (大)1400円  (小)900円
先週にクリスマスを代表する花としてポインセチアのご紹介をいたしましたが
プリンセチアは「プリンセス」のような華やかさと「ポインセチア」を組み合わせて
名づけられました
ポインセチアに比べ、少し小さい苞葉が鮮やかなピンク色に染まり、とてもかわいらしいです

 寒さには弱いので冬は室内の日当たりで管理しましょう
 水やりは土の表面が乾いたら、たっぷり与えましょう
 プリンセチアも短日植物ですので、また来年も苞を色づけたいときは
  9月の下旬ごろから2カ月程度17時から朝の8時まで
  ダンボールをかぶせるなどしていっさいの光を遮断します
DSC_0012 (640x427)
DSC_0016 (640x427)

DSC_0007 (640x427)
(売店入口右手にて販売中)


【プルンバーゴ インディカ/イソマツ科】 400円 
プルンバーゴといえば、やさしい青色の花を咲かせるルリマツリを思い浮かべますが、こちらのインディカは葉が大きめで、紅色の花を咲かせます

 日当たりと風通しの良いところで管理します
  寒さにはさほど強くないので、鉢で育て、冬は室内に移動すると良いでしょう
 温度が15度以上あれば、一年を通して次々と花を咲かせます
 半つる性なので、トレリスなどに絡ませると素敵になります
DSC_0022 (640x427)
DSC_0029 (640x427)
(入口ちかくにて販売中)


【ゴールドクレスト/ヒノキ科】 400円
頂点のリボンがクリスマスツリーのようでかわいらしいゴールドクレストが入荷しました
軽いオーナメントで飾りつけしてみると、季節感が出て素敵ですよ
独特の森林のような香りは、リラックス効果もあるようです

 日当たりと風通しの良いところで管理します
  寒さには強いですので、防寒は特に必要ありません
 乾燥を嫌いますので、水切れには注意をしましょう
 大きめの鉢の中心に植えるなどして、寄せ植えなどにも大活躍します
DSC_0046 (640x427)

DSC_0005 (640x427)
(入口ちかくにて販売中)



続いて、新入荷したカップをご紹介します

【カップ&ソーサー】 2380円
とても気品あふれる装いのカップ&ソーサーのセットです
カップの内側に華やかなバラの絵がそっと顔を出し、優雅な気もちでお茶を楽しめそうですね
DSC_0051 (640x427)
DSC_0068 (640x427)
※ティースプーンは別売りで、陶器で350円です


【マグカップ】 1080円
こちらは縦長タイプのマグカップです
赤とピンクの2色があります
寒さも日に日に増し、お茶の美味しい季節になってきました
この素敵なカップであたたかいティータイムを楽しんでみませんか
DSC_0061 (640x427)
DSC_0064 (640x427)
DSC_0067 (640x427)

DSC_0055 (640x427)
(売店入って左奥にて販売中)

商品は全て税込価格表示となっております
いずれも売り切れの際はご了承ください

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにおたずねください
ご来店をお待ちしております

1411006 三陽ミュージアムで、小さな秋を探してみませんか♪

 皆様こんにちは。
 そろそろ朝晩冷え込む時期になってきました。モミジなどが多くあるわけではない当館ですが、屋外の木々の中にはきれいに色づいているものがあります。秋のこの時期だけのお楽しみですので、お散歩なさる際など、小さな木々の紅葉を探してみてはいかがでしょうか。

 今回は、敷地内にある、葉が色づいた植物たちをいくつかご紹介しようと思います。

[屋上庭園]
 館内、アトリウム2階にある市民展示室の脇の扉を出ると、小さな日本庭園やコニファーの庭がある屋上庭園に出られます。ここからまずはご紹介しましょう。 
 141115_01
 建物の壁に這った赤いつる草が正面からだとよく見えます。

 141115_02
 これです。これは「ツタ」。ブドウ科のつる植物で、童謡の歌詞などに出てくるように、真っ赤に紅葉します。

 141115_03
 緑から赤へのグラデーションがきれいですね!


 同じく、屋上庭園より。
 141115_04
 この、針葉樹のうしろの小さい木も赤くなっています。

 141115_04_2
 これはよく皆様もご存知かと思います、「ブルーベリー」です!同じグループのツツジ科の木は、紅葉が美しいものが多いです。
 

 141115_05
 屋上庭園からは、前庭が一望できます。噴水花壇の模様もはっきり見えますよ。



[ふるさとの道]
 ふるさとの道にはモミジの木もあるのですが、その足元にあるニシキギの木が鮮やかに色づいてきました。
 141115_06
 写真左側の低木がニシキギです。庭木にもよく利用されます。もう少し枝が伸びれば、さらに紅葉がたのしめそうです!

 141115_07
 枝に「翼(よく)」と呼ばれるひれのようなものがつくのが、ニシキギの特徴です。


 
[脇庭]
 脇庭にはブログ担当が個人的にイチ押しの木があります。昼ごろだと、木漏れ日が当たってなお良いです!
 141115_08
 レンガの壁沿いにあるカラフルな葉っぱ、「カシワバアジサイ」です。

 141115_09
 日本のアジサイとは違い、白い円錐型の花咲きます。秋の紅葉はカラフルでとってもきれい。



[ローズガーデン]
 ローズガーデンからは、大きな木を2種類ご紹介します。
 141115_10
 芝生の中に2本たつ、赤い葉っぱの木は「サトザクラ“関山(かんざん)”」です。よく植えられる八重桜のひとつで、春には花が、秋には紅葉が楽しめます。

 141115_11
 明るい赤い葉が多いですが、よく見るとさまざまな色をしています。

 141115_12
 また、花壇の向こうに見える赤い木。これは「アキニレ」です。

 141115_13
 当館のバックヤードにあたる部分にあるため、近づくことはできませんが、実際近くで見るとこんな葉っぱです。
 
 
 今回ご紹介する植物はこれで全部。その他にも色づいた植物がありますので、ぜひ実際ご覧になってお楽しみくださいね!

 最後に、今回ご紹介した植物の場所をマップにしましたので、ぜひ参考になさってください。
 
 もみじマップ
 

1411005 三陽ミュージアム 見頃の花 (11月11日)

 三陽ミュージアムでは、現在「フローラルクリスマス」を開催中です。館内、アトリウム花壇のテーマは「小さな森のクリスマス」。アトリウム花壇のあちこちに、生のモミの木を飾り付けたクリスマスツリーがあり、また、木の足元はシクラメンやポインセチアなどの冬の花々であふれています。どうぞ、一足先に楽しいクリスマスの雰囲気でいっぱいになった当館で、楽しいひと時をお過ごしください。
 
 外の庭は、前庭の噴水の周りにある噴水花壇が、冬に向けてビオラの花に衣替えしました。また、ローズガーデンでは、秋のバラの花々が咲いています。


 
 それでは、今回はアトリウムの中の花からご紹介を始めようと思います。

[アトリウムフラワーガーデン]
【チョコレートコスモス “ノエルルージュ”】 キク科 コスモス属
 チョコレートコスモスは、メキシコ原産の植物で、前庭の宿根草花壇の中で「チョカモカ」という種類が咲いています。色も香りもチョコレートによく似た花が特徴ですが、この「ノエルルージュ」は赤い花の種類です。品種名の「ノエルルージュ」はフランス語から直訳すると「赤いクリスマス」。この時期の花壇に名前もピッタリです。
 141111_01

 141111_02

【ストック “キスミー”】 アブラナ科 マッティオラ属
 ストックはヨーロッパ原産の植物で、日本では冬から春にかけて、1年草として花壇植えにしたり、切り花として流通します。本来、霜が降りる地域では栽培に注意が必要ですが、この「キスミー」は、特に耐寒性が強い品種のため、屋外でも栽培できます。かわいらしい花は香りも良く、見て楽しむだけでない魅力があります。
 141111_03
 今回アトリウムで見られる花は一重咲きです。

 141111_04
 入り口を入って左側の花壇で、雪だるまの近くで見られます。

【プレクトランサス】 シソ科 プレクトランサス属
 プレクトランサスはシソ科の植物で、約100種が熱帯・亜熱帯アジア、アフリカ、オーストラリアに分布します。園芸上栽培されるものは観葉植物として使われることが多いのですが、いくつかの種類は花も鑑賞します。
 当館で現在見られるものは、花の様子から、「ピンククリッカー」という品種ではないかと推察されます。枝分かれしたこんもりとした花茎の先に、小さな小花をたくさんつけます。花の色はもちろん、茎やつぼみも赤みがあるかわいらしい花です。花壇のふちどりの一部に使っています。
 141111_06

 141111_07

 141111_05
 アトリウム中央の花壇は、馬車とツリーできらびやかな空間です。足元には花がいっぱいですので、そちらもぜひ注目してみてくださいね。

 

[温室]
【エクメア ガモセパラ】 パイナップル科 エクメア属
 例年、開花するとついついご紹介してしまうので、ブログ記事でも常連となりつつある花です。花茎を取り囲むように花をつけ、ピンクのがくの先につく青いつぼみがころんとしている花の形から、「ブルーシャンデリア」とも呼ばれます。ちなみに花は開いてもさほど姿が変わりません。例年、11月から12月のはじめ頃、温室2階で見られます。
 141111_08

 141111_09
 咲いている花の拡大です。花びらが開ききることがなく、蕾とさほど変わらない姿です。

 141111_10
 温室2階、エアープランツのコーナーの足元で見られます。

 

[屋上庭園]
【ツタ】 ブドウ科 ツタ属
 ツタはブドウ科のつる植物です。日本には「ツタ」と呼ばれる植物で、もう一つ「キヅタ」というものがありますが、そちらはウコギ科の常緑植物で分類的にも、生態も全く異なります。紛らわしいので、こちらのツタを「ナツヅタ」ということもあります。紅葉するのが特徴で、当館でも現在、色づいた葉が見られます。
 141111_11

 141111_12
 屋上庭園で見られます。



[前庭]
【レオノチスセージ】 シソ科 レオノチス属
 和名は「カエンキセワタ」といい、南アフリカが原産の植物です。名前に「セージ」とつきますが、宿根サルビアではありません。秋の、他の花々がなくなってくる時期に、茎を取り囲むようにオレンジ色の花をつけます。花は段になって、下から咲いていきます。花にはやわらかい毛が密生し、もこもことしています。
 141111_13

 141111_14
 枯れ枝が多くなってきた庭で、元気のよい緑色がとてもきれいです。

【クジャクアスター】 キク科 アスター属
 クジャクアスターはキク科の宿根草で、「シロクジャク」とほかの宿根アスターを掛け合わせた交配種がこう呼ばれています。径が2cmほどの小さな花を枝いっぱいにつけ、薄紫色の流れのような姿で咲いています。草丈が伸び、暴れるのが少し困るところですが、秋の開花はみごとです。
 141111_15

 141111_16



[ローズガーデン]
【バラ “エリナ”】 バラ科 バラ属
 ローズガーデンの、色別に花壇がある「バラの海」のコーナーの白い花の花壇で、現在きれいな花が見られるバラがこの「エリナ」です。大輪咲きの「HT(ハイブリット・ティ-)」に分類される種類で、花色はやや黄色みを帯びます。高いところで咲く、大きな花が印象的です。
 141111_17

 141111_18

1411004 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (11月11日)

 皆様こんにちは。三陽ミュージアムの、11月11日~11月16日の予定をお知らせします。

 三陽ミュージアムでは、フェア「フローラルクリスマス」を開催中です。館内、アトリウム花壇では、「小さな森のクリスマス」のテーマで、動物たちのパネルと共に花でいっぱいのクリスマスの花壇をお楽しみいただけます。

 お天気が悪かったり、夕方になるとろうそくの火を部分的に灯すこともあります。
 
 秋が深まってきて、外庭の花壇も冬の花々に衣替え中です。どうぞ、秋の三陽ミュージアムでごゆっくりとお楽しみください。 

 館内・展示室での展示は、1階はアメリカンフラワーの展示を、2階では写真展の展示を行っています。


[1階 多目的室]
 館内1階の多目的室では、
アメリカンフラワーランゲージルームによる展示「アメリカンフラワー クリスタルの輝き」を開催しております。アメリカンフラワーはワイヤーの枠に、樹脂を浸してつくる造花で、室内は透明感があったり、ラメが入ってきらきらと輝く、華やかな作品であふれています。
 1F (1)

 1F (2)
 
 

[2階 市民展示室]
 市民展示室では、
フォトクラブつくしによる作品展「花と植物の写真展」を行っております。秋の花や風景の写真を中心に、いろいろな花々の写真が見られます。
 

 2F (1)

 2F (2)



[コンサート]
 11月16日に、コンサートを予定しています。 

 11月16日(日) 井上バンドコンサート(フォークソングコンサート)
 14:00~  演奏:井上バンド 
         
 会場:三陽ミュージアム1階 モネサロン前

 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。
ギャラリー
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)
  • 1703007【2017桜開花情報】・見頃の花  (3月22日)