2014年04月

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1404010 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (4月22日)

皆様こんにちは。三陽ミュージアムの、4月22日~4月27日の予定をお知らせします。

 すっかり春らしく花でいっぱいになった三陽ミュージアムでは、館内花壇の模様替えがありました。館内、アトリウム花壇の新しいテーマは「魅惑のパティオガーデン」。南欧風の、色彩にあふれた初夏の庭がお楽しみいただけます。
 このほか、外の庭ではアイスランドポピーや春の1年草の草花類が元気いっぱいで、見ごろを迎えています。春らしくカラフルな庭や草花を、どうぞごゆっくりお楽しみください。  



 館内・展示室の展示は、1階多目的室がレザーアートの作品展、2階市民展示室は版画の作品展を行っております。


[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、
森皮革工房によるレザーアートの作品展「レザーアートの世界」を行っています。
 革で作られた春らしい桜の絵を中心に、様々な作品が並んでいます。革製の盆栽も、とても細かくてみごとです。
  
 1F1

 1F2
 
  
 
[2階 市民展示室]
 市民展示室では、
  版画をつくる会による展示「花と自然」を行っております。
 2F2

 2F1
 植物をテーマとした版画作品がご覧いただけます。

 
  

[体験教室]
 日曜日に、エコデコイの彩色体験教室を予定しています。

エコデコイは、杉のオガ粉など、植物を原料として作った鳥の模型で、置物のほか、ブローチやマグネットなどがあります。

 スズメやメジロなどの小鳥、カワセミ、カモなどの中から、お好きな鳥の模型を選んで、色付けをしていただけます。お子様から大人の方まで、楽しめる体験です!

 
 エコデコイ作り体験
 会場:花工房 
 10:00~11:30、13:00~15:30 
 材料費 各400円

 DSCF1350
 まず、好きな形のものを選び、

 DSCF1356
 彩色します!お手本通りでも、好きなように塗ってもお好みで!

1404009 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(4月17 日)

みなさんこんにちは。
三陽ミュージアムの売店の今週のおすすめ商品をご紹介します。


【西洋シャクナゲ/ツツジ科】 800円
西洋シャクナゲは、花が大きく花色も多彩で、数多くの品種がある人気の園芸種です。
満開になるその姿はとても見事です。
夏の暑さに弱いので、夏の直射日光は避け、西日に当てないようにしてください。
地植えする場合は、戸外の半日陰が良いでしょう。
★シャクナゲ1 (640x425)
★シャクナゲ2 (640x425)

★全体1 (1) (640x425)
(売店入口にて販売中)


【ハイドランジア“星の桜”“ハワイアンレッド”“ギャラクシー”/ユキノシタ科】  1500円
これから見頃をむかえるハイドランジアが入荷いたしました!
アトリウムでも様々なハイドランジアを楽しむことができます。
鉢で育てる場合は、水切れに注意しましょう。植え替えは花後におこないます。
★星の桜 (640x425)
★星の桜2 (640x425)

★ハワイアンレッド1 (640x425)

★ハワイアンレッド2 (640x425)

★ギャラクシー1 (640x425)

★ギャラクシー2 (640x425)

(出入口ちかくにて販売中)


【西洋コマクサ“キングオブハート”/ケシ科】  500円
高山植物の女王の園芸種です。
花はタイツリソウより小ぶりですが、シルバーグリーンの葉も繊細で美しくカラーリーフとしても楽しめます。
高温が苦手なので、夏はなるべく涼しい場所で管理してください。
★西洋コマクサ (640x425)
★西洋コマクサ2 (640x425)

★全体1 (2) (640x425)
(出入口ちかくにて販売中)


【ドレープハット】  1940円
これからの屋外でのガーデニングに大活躍のドレープハットの紹介です。
かぶり方は3パターン楽しめます。
★帽子1 (640x425)
★全体1 (3) (640x425)
(売店入って左壁側にて販売中)


【ポップコーン チョコ味】  320円
手作りポップコーンに塩バター、キャラメルに続いてチョコ味が入荷しました!
売店内のポップコーン売り場で販売中です。
甘くておいしいチョコ味 ぜひお試しください♪
★チョコ味2 (640x425)
★チョコ味3 (640x425)

(売店入ってすぐ左側にて販売中)


また飲料水の販売が拡大しています。
今まで通り売店内と、また受付でもご購入いただけるようになりました!
ぜひご利用ください。
★のみもの (640x425)
★のみもの2 (640x425)





商品は全て税込価格表示となっております。
いずれも売り切れの際はご了承ください。

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにおたずねください。

ご来店お待ちしております。

1404008 三陽ミュージアム 見頃の花(4月15日)

 三陽ミュージアムでは、現在「チューリップまつり」を開催中です。前庭にあるラベンダー花壇では200種4000本のチューリップが、光庭では150種をこえる鉢植えのチューリップが、それぞれお楽しみいただけます。
 天候にもよりますが、今週いっぱい見頃が続くと思われます。ぜひ、いちばん美しい時期のチューリップをお楽しみください。

 では、今週もチューリップ花壇より、見ごろの花をご紹介していこうと思います。

 140415_01
 チューリップの他に、アイスランドポピーやその他春の花々が色鮮やかです!


[前庭]
【チューリップ “楊貴妃”】 ユリ科 チューリップ属
 花びらの先がとがり、ユリのような形になる「ユリ咲き(L)」に分類されるチューリップで、花の色はごく淡いピンク色です。草丈は50cm程度で、大きさがよくそろいます。優美な花が美女の名前とよく合います。
 140415_02

【チューリップ “ブラックパーロット”】 ユリ科 チューリップ属
 チューリップの分類のひとつ、パーロット咲き(P)のグループの花は、花びらがねじれ、オウム(パーロット)の羽のように見えることから名前つきました。色々な咲き方のチューリップの中でも、特に変わっています。この「ブラックパーロット」は、パーロット咲きのグループの中ではやや花弁が薄めで、花が小さい印象です。黒花で、花びらのふちが大きく切れ込み、とても個性的な姿をしています。
 140415_03

 140415_04
 いっせいに咲いたチューリップ花壇は、端から眺めると、チューリップがカラフルなじゅうたんのようです。



[光庭]
[植物企画展]
 館内、光庭でも植物企画展の「チューリップ展」を開催中です。たくさんのチューリップで彩られています。
 140415_05
 たくさんのチューリップを一度に見比べられますよ!

【チューリップ “フレミングスプリンググリーン”】 ユリ科 チューリップ属
 花びらの中央に緑色の筋が入る咲き方の、「ヴィリディフロラ(V)」に分類されます。花自体の色は、黄色に赤い模様が入り、全体に見てとても変わった姿をした品種です。
 140415_06



[アトリウムフラワーガーデン]
 室内のアトリウム花壇は、来週にテーマが変わり、植え替えになるため、今回のデザインの花壇が見られるのも今週いっぱいとなりました。中央の花壇では大きなヤマボウシの木の新緑がうつくしいです。

【カンパニュラ ロンギステラ】 キキョウ科 カンパニュラ属
 カンパニュラの仲間は、釣鐘型の花が特徴的で、北半球の温帯から亜寒帯にかけて250種ほどが分布します。日本に自生する「ホタルブクロ」も、このグループのひとつです。
 この「ロンギステラ」種は、コーカサス地方原産の宿根草で、釣鐘型の青紫色の花を1株にたくさんつけます。草丈は60cmほどで、花壇の中では大きめですが、花に対して茎が細く、涼しげな印象です。
 140415_07

 140415_08
 青やピンク、白でまとめられた爽やかな花壇。新緑も魅力です。

【ビレア “コーラルシーズ”】 ツツジ科 ツツジ属
 ビレアは東南アジアなど、熱帯地方に分布するツツジの仲間で、華やかな大きな花が特徴です。「マレーシアシャクナゲ」の名前でも流通します。常緑低木で、花の径は5cm程度、この「コーラルシーズ」は、中央が黄色で外側がオレンジ色のやわらかな色味です。
 140415_09

 140415_10
 アトリウムいちばん奥の花壇、クンシラン下で見られます。


 アトリウムのベンチから見える花壇が、現在大変よく盛り上がっています。本来は中庭なのですが、今回はアトリウムの花としてひとつご紹介します。
 140415_11

【キンセンカ “冬知らず”】 キク科 キンセンカ属
 キンセンカの「冬知らず」は、キンセンカ属の「アルウェンシス」種という、ヨーロッパ原産の小型の種類の園芸品種です。耐寒性が強く、茎が長く伸びて這う性質から、冬の寄せ植えや花壇によく使われますが、現在びっくりするほど大きな株に育っています。たくさん花をつけた姿はみごとです。花は径3cmほどと小さいですが、たくさんつき、株全体がオレンジ色に見えます。 

 140415_12
 


[温室]
 温室では、ヒスイカズラが開花中です。そろそろ、今年の開花シーズンのラストスパートという様子になってきました。
 140415_13

 温室では、ランやハイビスカスなどの花々が通年見られます。
 140415_14



[キッチンガーデン]
 現在、キッチンガーデンは夏野菜の植え付け準備で、土壌改良中です。野菜はあまり見られないのですが、見事に咲いた花木がありますのでご紹介します。

【ヒメリンゴ】 バラ科 マルス属
 ヒメリンゴはリンゴと同じ、マルス属の植物で、春に咲く花と、その後になる実を観賞用として、庭木などによく利用します。秋に熟す実はリンゴを小型にしたような形で、赤く色づきます。食用にはあまり適しません。
 当館の、エントランスから見える中庭と、キッチンガーデンにヒメリンゴの木がありますが、今年は驚くほどよく花をつけ、すばらしいです。お越しになった時には、ぜひ見ていってください。
 140415_15

 140415_16



[ベランダガーデン]
【セリンセ マヨール】 ムラサキ科 セリンセ属
 「セリンセ マヨール」は、ヨーロッパ南部が原産の1年草です。葉や茎は、やや白っぽい色をしており、葉に、水を垂らしたような斑点があります。花は茎の先端に、そこだけ垂れ下がるように咲き、紫色です。こぼれ種なのか、次の年も春になると芽が出ることがあります。
 140415_17

 140415_18
 ベランダガーデンの端で、花壇の中で見られます。半日陰も性に合っているようです。



[日時計花壇(前庭)]
【ハナビシソウ】 ケシ科 エスコルチア属
 北アメリカ西部が原産の1年草または、短命な多年草で、別名「カリフォルニアポピー」。草丈は伸びると60cmほどで、葉が細かく切れ込みます。長く伸びた花茎の先に、径5cmほどの花をつけます。花は濃い黄色や橙色が基本ですが、クリーム色やピンク色になる品種、八重咲きになる品種などもあります。
 140415_19

 140415_20
 日時計の花壇は、前庭の建物側にあります。

1404007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (4月15日)

皆様こんにちは。三陽ミュージアムの、4月15日~4月20日の予定をお知らせします。

 三陽ミュージアムでは、現在「チューリップまつり」を開催中です。前庭では200種類・4000本のチューリップが、館内・光庭の展示では150種類ほどのチューリップの鉢植えが、それぞれご覧いただけます。
 このほか、外の庭ではアイスランドポピーの花も見ごろを迎えています。お天気が良いととても気持ちのいい季節です。是非たくさんの皆様のお越しをお待ちしております!  


 館内・展示室の展示は、1階多目的室が押し花の作品展、2階市民展示室は織物の作品展を行っております。


[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、
ふしぎな花倶楽部・鈴輪押花会による押し花の作品展「花園へようこそ」を行っています。
 花そのものを楽しむフラワーアレンジのような作品から、静物画、風景画のような作品まで、押し花で作られた様々な作品をお楽しみいただけます。
 
 DSCF7292

 DSCF7296
  
 
 

[2階 市民展示室]
 市民展示室では、
  ウィーヴィングフレンズによる織物の展示「草木の恵みを織る」を行っております。
 
 DSCF7289

 DSCF7290
 カラフルな色がついていたり、模様があったりと、様々な表情の布をご覧いただけます。

 

[コンサート]
 日曜日に吹奏楽のコンサートを予定しています。 

 4月20日(日) 14:00~  スプリングコンサート  演奏:WIND ORCHESTRA 楽

 会場:三陽ミュージアム1階 モネサロン前

 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。

1404006 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(4月10日)

みなさんこんにちは。
三陽ミュージアムの売店の今週のおすすめ商品をご紹介します。


【エラチオールベゴニア/シュウカイドウ科】 400円
鮮やかな色合いのエラチオールベゴニアが入荷しました。
開花期が長く、ほぼ一年中楽しめる花鉢で、一鉢飾るだけでお部屋全体がパッと明るくなります。

日本では真夏以外は出回る馴染みのある花鉢です。
真夏の高温多湿に弱いため、真夏は切り戻し、戸外に出し家の北側の風通しのよい明るい日陰で管理すると良いでしょう。
★リーガー1 (640x425)
★リーガー2 (640x425)
(売店入口にて販売中)


【ハナキリン/トウダイグサ科】  300円
ピンクの花は「苞(ほう)」と呼ばれる葉が色づいたもので、15℃ほどの温度があればほぼ一年中見ることができます。
茎が上へ上へと伸びていく性質があり、バランスを保つために成長期に短く切り戻しをすると良いでしょう。(※低温の時期は切り戻しは避けます。)
乾燥に強い多肉植物なので、水やりは控えめにします。
★ハナキリン1 (640x425)
★ハナキリン2 (640x425)
(売店入口にて販売中)


【パイナップル/アナナス科】  500円
かわいらしいミニサイズのパイナップルの鉢が入荷しました!

パイナップル科の植物は一代に一回しか花が咲かないため、そのままにしておくと枯れてしまいます。
実が萎れてきたら、実とその上にある葉の間で切り取り、葉の付いた部分を培養土などに植えておくとそこから根が出てふやすことができます。
水は鉢土が乾いたら水を与え、夏は戸外、冬は室内の日当たりで管理をしてください。
★パイナップル1 (640x425)
★パイナップル2 (640x425)
(売店入口にて販売中)
★全体1 (640x425)


【バードベル】  1000円
鳥のベルです。
木の枝などに引っ掛けるとポイントになって、とてもかわいいです。
★とり3 (640x425)
★とり2 (640x425)
★とり1 (640x425)
(売店入口にて販売中)


【木の葉】  800円
木の葉のかたちをした置物です。
まるで本物みたい!
鉢の前などに置くとナチュラルな空間を演出できます。
★このは2 (640x425)
★このは1 (640x425)
(売店入口にて販売中)
★全体2 (640x425)


商品はすべて税込価格表示となっております。
いずれも売り切れの際はご了承ください。

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにおたずねください。

ご来店お待ちしております。
ギャラリー
  • 1705006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (5月23日)
  • 1705006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (5月23日)
  • 1705006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (5月23日)
  • 1705006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (5月23日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)
  • 1705005 三陽ミュージアム 見頃の花(5月17日)