三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1711003 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (11月14日)

皆様、こんにちは。三陽ミュージアムの11月14日~19日の予定をご案内します。

 三陽ミュージアムでは、今週からフェア「フローラルクリスマス」が始まりました。毎年大変人気のある、本物のモミの木やポインセチア、シクラメンなど、クリスマスや冬の時期の花々で彩られた花壇をぜひお楽しみください。
 今年は花壇に真っ白な教会や、木でできたトナカイが引くそりが登場。記念撮影にもオススメです!
 DSCF9908

 館内の展示室では、1階の多目的室でクレイクラフトの作品展を、2階の市民展示室では写真展を行っています。

[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、クレイサロンM&Mによる「花いっぱいのクレイクラフト展」を開催しております。
 アレンジメントや絵画のような作品など、花がモチーフになった作品がたくさんご覧いただけます。細部まで美しく作られた立体感のある作品をどうぞお楽しみください。
 DSCF9883

 DSCF9893
 作品作りの体験も行っております。詳しくは展示室でお尋ねください。



[2階 市民展示室]
 市民展示室では、花の会による写真展「花四季彩彩」を開催中です。花の様々な表情を写した写真がご覧いただけます。
 DSCF9902

 DSCF9899

1711002 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (11月.7日)

皆様、こんにちは。三陽ミュージアムの11月7日~12日の予定をご案内します。

 三陽ミュージアムでは、館内アトリウムで「日本昔話より~鶴の恩返し」というテーマで、秋の花々をお楽しみいただけます。今週が最終週となります。 まだご覧になっていない方はぜひこの機会にお越しください。

11月11日まで、千葉秋芳会による「千葉市菊花展」を開催中です。
通用路脇とエントランス(切り花展示)にて、菊の愛好家が丹精込めて育てた菊が一堂に集まり、見事に咲いた菊花を観賞できます。
DSCN0806 (640x480)
DSCN0809 (640x480)
DSCN0811 (640x480)



館内の展示室では、1階の多目的室が「洋ラン展」、2階の市民展示室は「絵画展」を行っています。

[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、京葉洋ラン同好会による「秋の洋ラン展」を開催しております。
秋咲きのカトレアを中心に様々な原種と交配種の洋ランの数々をご覧いただけます。
ランに魅了された愛好家の方々が作り上げた美しい洋ランの世界をお楽しみください。
DSCN0798 (640x480)
DSCN0803 (640x480)


[2階 市民展示室]
 市民展示室では、「アトリエ花園絵画展」を開催中です。
植物や景色をモチーフとした油彩画と水彩画の作品が並びます。どうぞごゆっくりお楽しみください。
DSCN0783 (640x480)
DSCN0782 (640x480)



1711001 三陽ミュージアム 見頃の花(11月1日)

 三陽ミュージアムでは、秋の草花の花壇が美しい時期になっています。
 前庭は、コリウスや宿根サルビア類などが主役で、ローズガーデンでは秋のバラも咲き始めています。館内アトリウムでは引き続き「鶴の恩返し」の花壇を展示しています。徐々に色づき始めた木々も合わせ、この時期ならではの植物の姿をお楽しみください。
 なお、現在前庭の横にある通用路沿いで、千葉秋芳会さんが主催の千葉市菊花展を開催しております。あわせてご覧ください。開催期間は11月11日(土)までです。

 では、今回は外の庭から見頃の植物をご案内します。

[前庭]
 前庭では、コスモスの花壇が終わり、菜の花を植栽しました(花の見頃は1月になる予定です)。現在は、噴水周辺にある花壇で、コリウスなど、秋の色鮮やかな植物がお楽しみいただけます。
 171101_01
 
【ムベ】 アケビ科 ムベ属
 別名「トキワアケビ」といい、常緑性のつる植物です。開花期は5月ごろ、果実は10月頃に実ります。現在、前庭で実が見られます。アケビの仲間ですが、実は開かず、紫色です。
 171101_02

 171101_03

 171101_04
 前庭のレストラン脇では、ツツジの紅葉も始まっています。



[通用路脇花壇]
 菊花展を行っています。愛好家の方が育てた見事なキクの花をこの機会にどうぞご覧ください。
 171101_06

 171101_05



[脇庭]
 花時計そばの門では、赤い実と青い実が競演中です。
【ピラカンサ】 バラ科 ピラカンサ属
 バラ科の常緑低木で、赤や黄、橙色など、美しい色の実をつけるものが多く、庭木に使うことも多いです。「ピラカンサ」は属名で、その中の「トキワサンザシ」「ヒマラヤトキワサンザシ」「タチバナモドキ」や、それらの交配種などの園芸種がありますが、園芸上では、ひっくるめて属名の「ピラカンサ」と呼ぶことが多いように思います。
 171101_08

【ディクロア】 ユキノシタ科 ディクロア属
 「常山(ジョウザン)アジサイ」などの別名がある植物で、花も実も青い色で、楽しめます。6月29日の記事で花をご紹介しましたが、現在実が美しく色づいています。
 寒さにはさほど耐性がないといわれる植物ですが、当館では戸外(地植え)で冬越ししています。
 171101_09

 171101_07
 上がピラカンサ、足元がディクロアです。



[ローズガーデン]
  秋のバラが咲き始めています。
 171101_10
 春のバラ時期とは違った宿根草の花などと一緒に楽しめます。

 171101_11
 こちらの花壇では、ダリアやコスモスが一緒に咲いています。

 171101_12
 上の写真と同じ花壇の花です。サクラの葉が色づき始めました。
 


[アトリウムフラワーガーデン]
 「鶴の恩返し」がテーマです。花壇の花はキクやサルビア、ケイトウなど、秋の花々です。
 171101_13

 171101_14
 秋の花は色や質感など、温かみのあるものが多いように思います。どうぞごゆっくりお楽しみください。



[中庭]
【フォックスフェイス】 ナス科 ソラナム属
 見たまま、狐の顔のような実が特徴のナスの仲間です。和名はツノナスといいます。熱帯アメリカが原産です。切花でよく流通しますが、実だけが観賞用に売っていたり、タネ、まれに鉢物も流通しています。実は食べられません。
 171101_16
 
【ダリア "フーガ シティーオブロッテルダム"】 キク科 ダリア属 
 茎や葉は黒く、花はやや細い花びらで、鮮やかな朱色が目を引きます。秋の庭でずっと咲き続けており、お客様からも好評のダリアです。草丈は80cm程度、花は径が10cm程度の中輪です。とても雰囲気のある花です。
 171101_17

 171101_15
 いずれも中庭のレストラン側で見られます。



[ベランダガーデン]
[植物企画展]
 屋上ベランダガーデンでは、11月5日まで、植物企画展「コリウス展」を開催しています。台風の風に当たり、少し傷んでいるものも中にはありますが、色鮮やかな葉が楽しめます。お越しの際はぜひお立ち寄りください。
 171101_18

 

ギャラリー
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)
  • 1712004 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(12月14日)