三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。

ホームページはただいま準備中となっております。ご迷惑をおかけしますが、もうしばらくお待ちくださいませ。
お問い合わせ先 043-277-8776

過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1211010 アトリエティーローズ作品展

11月20日(火)より1階多目的室では、アトリエ・ティーローズによるカルトナージュ作品展~聖夜を彩るカルトナージュ2012~を開催しております。
カルトナージュとは、フランスの伝統工芸で厚紙細工という意味です。
厚紙を切り、好みの形に組み立てたものに布地や紙を貼って、インテリヤ小物やステーショナリーなどに仕上げます。
自分の好きな大きさ、好きな色、柄で作れるのが最大の魅力です。
期間中は、簡単なオーナメントやリボントレイ作りの体験教室も随時受け付けております。
この機会にぜひご体験ください。
ティーローズ①
ティーローズ②
ティーローズ③

2階多目的室 企画展示
アトリエ ティーローズ カルトナージュ作品展~聖夜を彩るカルトナージュ2012~
展示期間:11月20日~11月25日(日)

1211009 花の美術館 見頃の花(11月20日)

 花の美術館では、現在ひとあし早くクリスマスが楽しめる「フローラルクリスマス」を開催中です。館内アトリウムでは、「サンタの住むアトリウム」のテーマで、サンタクロースがプレゼントを準備している様子をイメージした花壇や、たくさんのクリスマスツリーをお楽しみいただけます。
 外の花壇はビオラや葉ボタンなど、冬の間も目を楽しませてくれる花々に植えかわりました。だんだん冬の足音がきこえてきた花の美術館で、どうぞごゆっくりお過ごしください。

121120_01
 館内入り口のツリーです。

 121120_02
 入り口のツリーの飾りは、ラベンダーとローズのポプリが入った花のサシェ(香り袋)です。
 さわやかな香りもお楽しみいただけます。

[アトリウムフラワーガーデン]
【プリンセチア “ルージュ”】 トウダイグサ科 トウダイグサ属
 プリンセチアは、サントリーフラワーズが開発したトウダイグサ属(ユーフォルビア)の新品種で、隙間なく広がる華やかなピンク色の葉が特徴です。「プリンセス」と「ポインセチア」を組み合わせ、この品種名になったそうです。この濃いピンク色の他に、ピンク色、淡いピンク色、白があります。

 121120_03


【ストック “キスミー”】 アブラナ科 マッティオラ属
 アブラナ科のストックは早春を彩る花のイメージが強いのですが、最近は耐寒性の種類が次々に登場して冬花壇をにぎわしています。この矮性(わいせい=丈が低い)品種の“キスミー”シリーズも、そんな耐寒性のある品種です。また、香りが楽しめるのもストックの魅力のひとつです。
 
 121120_04

 121120_05

[植物企画展]
 アトリウムの中庭側では、植物企画展「ポインセチア&シクラメン展」を開催しています。

【ポインセチア “プリメーロ ジングルベル”】 トウダイグサ科 トウダイグサ属
 濃い赤の中に、白い雪のような模様の入る美しいポインセチアです。あまり横には広がらずに、すらりとした形をしています。
 
 121120_06

【シクラメン “冬桜”】 サクラソウ科 シクラメン属
 シクラメンは冬に咲くサクラソウ科の植物で、冬咲きの室内植物として人気があります。この「冬桜」は、がくの部分も花びらのようになった変わり咲きのシクラメンです。花はピンク色でかわいらしいです。

 121120_07

 121120_08



[温室]
【ビヨウタコノキ】 タコノキ科 タコノキ属
 ビヨウタコノキは熱帯域に分布する植物で、幹から直接伸ばす気根をタコの足に見立て、この名になったようです。雌雄異株で、花の美術館では雄花が見られます。白い苞(ほう)の間から、ふさ状になった雄しべのようなもが見えます。

 121120_09

 121120_10
 温室2階の、橋の手前で見られます。高いところで咲いています。

【ドラセナ デレメンシス “ロンギー”】 リュウゼツラン科 ドラセナ属
 熱帯アフリカ原産のドラセナの一種で、斑入りの種類は観葉植物として流通しています。斑入りの種類が多く、葉が美しいです。温室のものは現在2mほどで、白い花をつけています。小花の集まった球形の花です。

 121120_11

 121120_12
 エレベーターの脇で、高いところに植わっているため、上の方で咲いています。



[前庭]
【サフラン】 アヤメ科 クロッカス属
 秋に花を咲かせるサフランは、赤色の花柱(かちゅう=雌しべの一部分)を乾燥させたものが古くから薬用や染料、香料として利用され、ひとつの花からごく少量しかとれないことから、大変貴重な交易品として扱われました。
春咲きのクロッカスの花と同じような姿をしています。

 121120_13

 121120_14
 


[脇庭ボーダーガーデン]
【ツワブキ】 キク科 ツワブキ属
 ツワブキ(石蕗)は、日本国内や中国に2種が分布する植物で、幅広で常緑の丸い葉が特徴で、秋に黄色い花をつけます。日本庭園など庭植えにするほかに、フキと同じように葉柄の部分を食用にします。
 
 121120_15

 121120_16




[ローズガーデン]
【バラ “フリュイテ”】 バラ科 バラ属
 外側は濃い赤色、内側は濃い橙色と濃淡のある花色で、ひとつひとつの花がとても美しいです。ローズガーデンの、パルコース側の出入り口近くでよく咲いています。
 
 121120_17

 121120_18
 アーチの左わきで見られます。
 ローズガーデンは、もうしばらくバラの花が楽しめます。

1211008 第9回 楽画生展

11月20日(火)より花の美術館2階展示室では、油彩画の会「楽画生(らくがき」の皆さんによる作品展「第9回油彩画の会 楽画生展」を開催しております。「楽画生」は、美浜区磯辺公民館で毎月第1、第3土曜日の午後に油絵を描いて楽しんでいるグループです。どうぞお楽しみください。
楽画生①
楽画生②
楽画生③
楽画生④
2階市民展示
油彩画の会楽画生(らくがき) 楽画生展
展示期間:11月20日(火)~11月25日(日) 
ギャラリー
  • 201804 三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館) 開館中です!
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)
  • 1804005 三陽ミュージアム 見頃の花(4月17日)