三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1210006 ドリーム・セラ会友作品展

10月10日(水)より花の美術館2階市民展示室では、ドリーム・セラの皆様による作品展示「ドリーム・セラ会友作品展」を開催中です。陶芸、写真、切り絵、篆刻、墨彩画、書、七宝焼、水彩画、切り絵、手芸と様々な作品が会場内に展示されております。
ドリームセラ1
ドリームセラ2
ドリームセラ3
ドリームセラ4
花の美術館市民展示
ドリーム・セラ会友作品展
期間:10月10日(水)~10月14日(日)
会場:2階市民展示室

1210005 花の美術館 見頃の花(10月9日)

 花の美術館では、現在「コスモスフェア」を開催中です。前庭ではたくさん花をつけた2000株のコスモス畑が、皆様をお迎えします。館内のコスモス展では、八重咲きなど、いろいろな咲き方や色のコスモスを、鉢植えでご覧いただけます。
 秋になり、ローズガーデンのバラが開き始めました。さわやかな気候の花の美術館で、どうぞごゆっくりお過ごしください。

[中庭]
【コルチカム】 ユリ科 コルキクム属
 ヨーロッパや北アフリカ、アジア西部などが原産の球根植物で、和名はイヌサフラン。秋咲きの園芸品種が一般的にこの「コルチカム」の名前で知られます。サフランやクロッカスに似ていますが、ユリ科の植物です。花の色は紫に近いピンク色、ほかに白花や八重咲きの園芸品種があります。

121009_01


121009_02


 中庭の、温室出入り口付近の芝生で咲いています。また、アトリウム2階の温室出入り口脇からガラス越しに見えるホワイトガーデンでも、たくさん咲いています。

121009_03




[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムの現在の展示テーマは、「印象派クロード・モネから学ぶ」です。
 モネのたくさんの絵画のモデルとなった睡蓮の池がある庭などをイメージした花壇で、ダリアや菊など、秋の花々がご覧いただけます。
 
【ユリ “ローズリリーベロニカ”】 ユリ科 ユリ属
 八重咲きの大きなユリです。桃色の花びらが何枚も重なって、かなりのボリュームと華やかさがあります。香りも良いです。

121009_04


【セロシア “ルビーパフェ”】 ヒユ科 ケイトウ属
 先週10月2日のブログでご紹介した羽毛ゲイトウと同じケイトウの仲間ですが、こちらは背がすっと高くて、ほっそりとした姿をしている、「ノゲイトウ」をもとにした園芸品種です。
 鮮やかなピンク色の花が入ることで、花壇がぐっと明るく見えます。

 

121009_05


121009_06



121009_07


 アトリウムの奥はハロウィンコーナーになっています。変身グッズがありますので、ぜひ、記念撮影などにご利用ください。



[植物企画展]
[光庭]
 館内光庭では、コスモス展を引き続き開催中です。鉢植えのコスモス12種類がご覧いただけます。

【コスモス “シーシェル”】 キク科 コスモス属
 「シーシェル」とは「貝殻」という意味で、丸まって筒状になった花びらが本当に貝殻のようです。白花とピンクの花が見られます。

121009_08


121009_09


[ベランダガーデン]
 屋上のベランダガーデンでは、コリウス展を開催中です。33種類のコリウスが見られます。秋らしい葉の色が多いので、この季節にとても良くなじみます。

【コリウス “シトラスレモン”】 シソ科 コリウス属
 「ハンギングタイプ」というタイプに分類され、横に這って伸びるような性質から、ハンギングバスケットや鉢のふちから垂らすなど、鉢植えに向くコリウスです。色は黄色の葉に、少し赤い色が入ります。葉の大きさはやや小ぶりで、長さが4㎝程度です。

121009_10


121009_11



 

[温室]
【リボンブッシュ】 クマツヅラ科 ヒポエステス属
 アフリカ大陸中央部、西側のギニア湾に面した一帯が原産です。英語名のリボンブッシュの名前で流通します。同じヒポエステス属の植物には葉の色が美しい園芸品種がたくさんありますが、この「リボンブッシュ」は花を楽しむ種類です。3㎝ほどの、細長い花弁の花をつけます。温室2階の橋の脇で、足元で咲いています。

121009_12


121009_13

 


[前庭]
【ソバ】 タデ科 ソバ属
 ソバは一年草で草丈は1mほど。日本では食用によく栽培される植物です。夏にまいて秋に収穫することが多く、「蕎麦の花」は俳句の初秋の季語にもなっています。ひとつひとつの花は小さいのですが、白い花がいっせいにまとまって咲くのではなやかです。花の美術館では、花の門を入って右手側、駐輪場になっている一角で植栽しています。赤花の品種も、だんだん咲き始めました。

121009_14


 121009_15


【サルビア マドレンシス “イエローマジェスティ”】 シソ科 サルビア属
 大型で黄花の宿根サルビアです。メキシコが原産。花の美術館の前庭にはたくさんの種類の宿根サルビア(セージ)類や一年草のサルビア類が植わっていますが、花色は赤、白、青や紫で、黄花の種類はこの「イエローマジェスティ」だけです。草丈は1.5mほどになります。
 

121009_16


121009_17




121009_18


 現在の前庭・コスモス畑の様子です。花数はかなり多いです。



[ローズガーデン]
【バラ “レッチフィールド・エンジェル”】 バラ科 バラ属
 オールドローズとモダンローズの掛け合わせから生まれた「イングリッシュローズ」という、育種家デビッド オースチン作出のバラのひとつです(分類ではモダンローズに含まれます)。オレンジともピンクとも言えないような淡い色がつき、何とも美しいです。

121009_19


121009_20

 ローズガーデンでは、バラが徐々に開き始めています。秋のバラシーズンまでもう少しです。

1210004 秋の洋ラン展


10月2日(火)より、花の美術館では京葉洋ラン同好会による作品展示「第61回秋の洋ラン展」を開催しております。京葉洋ラン同好会は、千葉市を中心に、東金、茂原、市川方面を含め総勢100名程の会員を誇る同好会です。今回も会員の方々が丹精込めて作られた作品の数々で、展示会場内は洋ランの香りに包まれております。
20121004HP1(洋ラン)
20121004HP2(洋ラン)

20121004HP3(洋ラン)
20121004HP4(洋ラン)

花の美術館企画展示
第61回秋の洋ラン展
展示:京葉洋ラン同好会
会場:1階多目的室
期間:10月2日(火)~10月8日(月祝)
ギャラリー
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)
  • 1801006 三陽ミュージアム 見頃の花(1月18日)