三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1711001 三陽ミュージアム 見頃の花(11月1日)

 三陽ミュージアムでは、秋の草花の花壇が美しい時期になっています。
 前庭は、コリウスや宿根サルビア類などが主役で、ローズガーデンでは秋のバラも咲き始めています。館内アトリウムでは引き続き「鶴の恩返し」の花壇を展示しています。徐々に色づき始めた木々も合わせ、この時期ならではの植物の姿をお楽しみください。
 なお、現在前庭の横にある通用路沿いで、千葉秋芳会さんが主催の千葉市菊花展を開催しております。あわせてご覧ください。開催期間は11月11日(土)までです。

 では、今回は外の庭から見頃の植物をご案内します。

[前庭]
 前庭では、コスモスの花壇が終わり、菜の花を植栽しました(花の見頃は1月になる予定です)。現在は、噴水周辺にある花壇で、コリウスなど、秋の色鮮やかな植物がお楽しみいただけます。
 171101_01
 
【ムベ】 アケビ科 ムベ属
 別名「トキワアケビ」といい、常緑性のつる植物です。開花期は5月ごろ、果実は10月頃に実ります。現在、前庭で実が見られます。アケビの仲間ですが、実は開かず、紫色です。
 171101_02

 171101_03

 171101_04
 前庭のレストラン脇では、ツツジの紅葉も始まっています。



[通用路脇花壇]
 菊花展を行っています。愛好家の方が育てた見事なキクの花をこの機会にどうぞご覧ください。
 171101_06

 171101_05



[脇庭]
 花時計そばの門では、赤い実と青い実が競演中です。
【ピラカンサ】 バラ科 ピラカンサ属
 バラ科の常緑低木で、赤や黄、橙色など、美しい色の実をつけるものが多く、庭木に使うことも多いです。「ピラカンサ」は属名で、その中の「トキワサンザシ」「ヒマラヤトキワサンザシ」「タチバナモドキ」や、それらの交配種などの園芸種がありますが、園芸上では、ひっくるめて属名の「ピラカンサ」と呼ぶことが多いように思います。
 171101_08

【ディクロア】 ユキノシタ科 ディクロア属
 「常山(ジョウザン)アジサイ」などの別名がある植物で、花も実も青い色で、楽しめます。6月29日の記事で花をご紹介しましたが、現在実が美しく色づいています。
 寒さにはさほど耐性がないといわれる植物ですが、当館では戸外(地植え)で冬越ししています。
 171101_09

 171101_07
 上がピラカンサ、足元がディクロアです。



[ローズガーデン]
  秋のバラが咲き始めています。
 171101_10
 春のバラ時期とは違った宿根草の花などと一緒に楽しめます。

 171101_11
 こちらの花壇では、ダリアやコスモスが一緒に咲いています。

 171101_12
 上の写真と同じ花壇の花です。サクラの葉が色づき始めました。
 


[アトリウムフラワーガーデン]
 「鶴の恩返し」がテーマです。花壇の花はキクやサルビア、ケイトウなど、秋の花々です。
 171101_13

 171101_14
 秋の花は色や質感など、温かみのあるものが多いように思います。どうぞごゆっくりお楽しみください。



[中庭]
【フォックスフェイス】 ナス科 ソラナム属
 見たまま、狐の顔のような実が特徴のナスの仲間です。和名はツノナスといいます。熱帯アメリカが原産です。切花でよく流通しますが、実だけが観賞用に売っていたり、タネ、まれに鉢物も流通しています。実は食べられません。
 171101_16
 
【ダリア "フーガ シティーオブロッテルダム"】 キク科 ダリア属 
 茎や葉は黒く、花はやや細い花びらで、鮮やかな朱色が目を引きます。秋の庭でずっと咲き続けており、お客様からも好評のダリアです。草丈は80cm程度、花は径が10cm程度の中輪です。とても雰囲気のある花です。
 171101_17

 171101_15
 いずれも中庭のレストラン側で見られます。



[ベランダガーデン]
[植物企画展]
 屋上ベランダガーデンでは、11月5日まで、植物企画展「コリウス展」を開催しています。台風の風に当たり、少し傷んでいるものも中にはありますが、色鮮やかな葉が楽しめます。お越しの際はぜひお立ち寄りください。
 171101_18

 

1710010 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (10月30日)

皆様、こんにちは。三陽ミュージアムの10月31日~11月5日の予定をご案内します。

 三陽ミュージアムでは、館内アトリウムで「日本昔話より~鶴の恩返し」というテーマで、秋の花々をお楽しみいただけます。

10月31日~11月11日までの期間は、千葉秋芳会による「千葉市菊花展」を開催します。
通用路脇とエントランス(切り花展示)にて、菊の愛好家が丹精込めて育てた菊が一堂に集まり、見事に咲いた菊花を観賞できます。
なお、切り花展示は11月2日からとなります。
DSC_0012 (640x427)
DSC_0015 (640x427)
DSC_0016 (640x427)


館内の展示室では、1階の多目的室が「ボタニカルアート展」、2階の市民展示室は「絵画展」を行っています。

[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、「四季の会 ボタニカルアート展」を開催しております。
ボタニカルアートとは、植物をありのままに描くアートです。古くは植物学の研究のために描かれてきた植物画ですが、その精密で繊細な美しさが植物と美術を愛する人々を魅了しています。
 11月4日(土) 13:00~14:00に秋の植物を描く体験教室もあります。(材料費200円) 詳細につきましては、展示室でお尋ねください。
DSC_0019 (640x427)
DSC_0022 (640x427)


[2階 市民展示室]
 市民展示室では、「楽画生(らくがき)展」を開催中です。
植物や景色、人物をモチーフとした油彩画と水彩画の作品が並びます。どうぞごゆっくりお楽しみください。
DSC_0009 (640x427)
DSC_0008 (640x427)



1710009 三陽ミュージアム 見頃の花(10月26日)

 三陽ミュージアムでは、「ハロウィンフェア」を開催中です。館内2階でフォトスポットやハロウィンクイズなどを、飾りつけと一緒に楽しめます。館内は悪天候でもごゆっくりお過ごしいただけますので、ぜひお越しくださいませ!
 171026_01
 アトリウム奥にある、多肉植物の花壇(小さい村)もハロウィンの飾りつけになっています!

 アトリウムの展示は「鶴の恩返し」がテーマの和風の花壇になっており、植物企画展の「秋の多肉植物展」を行っています。また、「コリウス展」をベランダガーデンで開催中です。

[植物企画展]
 別の記事でもご案内しておりますが、10月29日まで、アトリウムで「秋の多肉植物展」を開催しております。当館では通常は見ることのできない秋咲きの多肉植物の花が見られますので、この機会にどうぞご覧ください。
 171026_02

【アロエ ベラチュラ】 ユリ科 アロエ属
 細い葉が特徴のアロエで、20cmほどの長さで茂ります。そこからさらに上に花茎が伸び、花は赤色で内側が白のベル型の花です。全体にほっそりした印象です。
 171026_03

【スタペリア ギガンテア(王犀角)】 ガガイモ科 スタペリア属
 南アフリカが原産の植物で、この属の中では一番大きな花をつけます。独特な茎は太さ2~3cm、花の径は20cm以上になります。花色は薄黄色の地に赤紫色の細い縞模様が入り、表面には長い毛があります。日本には、明治時代の末に渡来しました。
 171026_04

[アトリウムフラワーガーデン]
 171026_05

 171026_06

 171026_07
 キクやケイトウなど、色鮮やかな秋の花々でいっぱいです。



[温室]
【オヒルギ】 ヒルギ科 オヒルギ属
 「マングローブ」と呼ばれる、河口湿地などの海水と淡水が混ざる汽水域に生育する植物のひとつで、高さ10m以上になる高木です。日本では、奄美大島から琉球にかけて自然分布があり、他のマングローブ類に比べると内陸側を好みます。花はガクの部分が赤色でよく目立ちます。温室1階の池の中にあり、橋から見ることができます。
 171026_08

 171026_09

【ホヤ リネアリス】 ガガイモ科 ホヤ属
 多肉質で細長い葉が特徴です。茎が長く垂れ下がり、その先に下向きに白い花をつけます。花は1cmほどの花が10個前後集まって咲き、ひとつひとつが星型をしています。下から見上げると、かわいらしいです。
 171026_10
 
 171026_11
 温室1階、階段のあたりで見られます。



[前庭]
【ジュウガツザクラ】 バラ科 サクラ属
 名前のとおり10月に花をつける桜で、コヒガンザクラの園芸品種といわれています。花の数はごく少ないのですが、秋に開花したあと冬の間も咲き続け、春に花の数が一番多くなります。当館では、前庭の、レストラン側に1本あり、毎年この時期になると開花が始まります。
 171026_12
 花の大きさはサクラ類の中でも小さいです。

 171026_13
 ちらほらと咲いています。



[脇庭]
【ホトトギス】 ユリ科 ホトトギス属
 若葉や花びらにある斑点模様が、鳥のホトトギスの胸の模様に似ていることから、この名前がつきました。日本を含めて東アジアに20種ほどが分布し、それらを交配した園芸品種も多くあります。当館にあるホトトギスは園芸品種で、葉の上側に広がるように花が咲くタイプです。
 171026_14

 171026_15
 園路脇でこんもりとした株になっています。草丈が40cmほどです。



[ローズガーデン]
 秋のバラが咲き始めました。大型ダリアやシュウメイギクなど、他の秋の花も咲いています。
 171026_16
 「ノイバラ」の実。赤い色の実は秋ならではのお楽しみです。

 171026_17
 咲き始めた秋のバラや宿根草が楽しめます。

【ハマギク】 キク科 キク属
 毎年10月頃に見頃を迎えるキクです。東日本の太平洋側の海岸に自生します。葉は少し肉厚で、つやがあります。大型の白い花が一度に開くため、開花すると目を引きます。
 171026_18

 171026_20
 温室脇の斜面で見られます。斜面の下では、画家の名前のバラをたくさん植栽しています。この中からもひとつご紹介しましょう。

【バラ "ピカソ"】 バラ科 バラ属
 朱色の中輪の花で、現在たくさんの花をつけています。花弁は裏側が白く、中央部の花弁が内側にカールし、ユニークです。
 171026_19
 
ギャラリー
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)
  • 1711004 三陽ミュージアム 見頃の花(11月16日)