三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市花の美術館)の公式ブログです。
ホームページはこちらhttp://inage-kaihinkouen.jp/flower/index.html
過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1708004 三陽ミュージアム 見頃の花(8月12日)

三陽ミュージアムでは、現在フェア「トロピカルパラダイス」を開催しております。
 冷房が入って涼しい館内で、南国の植物をお楽しみください。

 屋外花壇では、ヒマワリを始め、ジニアやマリーゴールドやポーチュラカなどの夏の1年草、宿根草類が咲いています。どうぞ、そちらもあわせてご覧ください。

[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムでは、冒険をテーマにした、「フローラルアドベンチャーガーデン」を展示しています。3人まで乗ることのできる流木でできた帆船や、石の洞窟などのあるわくわくするような花壇です。
 170812_01
 入り口では色鮮やかなブーゲンビレアの花や、赤い樹皮のヤシの木が南国らしさを盛り上げています。

 170812_02
 帆船「フローラルアドベンチャー」号の周りの花々は、乾燥地に生育するものを中心に植栽しています。

 170812_03
 通路に沿った細長い花壇では、花々と一緒に立体アートも展示しています。

 170812_04
 中央の花壇はジャングルを思わせる、シダや観葉植物の花壇です。大きな石の洞窟に入ることができます。


 
[中庭]
 中庭では、夏の花木や宿根草が見ごろになっています。
 170812_05
 こちらの中からいくつかご紹介しましょう。

【ミソハギ】 ミソハギ科 ミソハギ属
 7月後半頃から開花する宿根草です。当館では、花壇の一部になっていますが、もともと日本各地に自生する花です。お盆の時期に開花し、この花に水をつけて禊ぎ(みそぎ)をする風習から、「禊萩」を略したのが名前の由来ではないかといわれます。「ミソハギ」のほかにも、お盆に関連する別名で「水懸草(みずかけぐさ)」や「精霊花(しょうりょうばな)」があります。 
 170812_06

【ヘリアンサス "レモンクィーン"】 キク科 ヘリアンサス属
 ヒマワリと同じ仲間の宿根草です。茎が細く、1年草のヒマワリよりも繊細な姿をしています。草丈は150~200cmほどです。7月はじめ頃までに切り戻しをしておくと、やや低めに仕立てることができます。
 レモンイエロー色の花が涼しげな品種です。
 170812_07

【サルスベリ】 ミソハギ科 サルスベリ属
 中国原産の落葉樹で、夏に花が咲く花木です。花の大きさは径4cmほど、円錐型にまとまって咲きます。花色は紅色、桃、紫、白があります。庭植え、公園樹、街路樹などに使われます。花や葉だけではなく、幹肌の美しさも特徴です。
 170812_08

 170812_09
 花を近くで見ると、縮れた花弁と黄色い雄しべの集まりが特徴的です。


[植物企画展]
 中庭と光庭では、植物企画展「グリーンカーテン見本展」を開催しています。中庭では、つる植物の中でも花が咲いたり、実がなったりするものを中心に展示をしています。ご家庭で実際に育てる際の参考にご覧ください。
 170812_10



[温室]
 温室では、年間を通して熱帯や亜熱帯の花々が見られます。現在は、ハイビスカスやプルメリアなどが花の時期を迎えています。今回は、温室の2階で見られる花の中から見ごろのものをご紹介します。

【グロッバ】 ショウガ科 グロッバ属
 花の形がとても変わっていて面白いので、ついついこのブログで紹介しがちな花です。弓状にピンク色や白の苞が伸び、その中から飛び出すように花が咲きます。主に夏に咲く花で、面白い形をぜひじっくり見てもらいたいと思います。
 170812_12
 黄色い部分が花で、ブログ担当には鳥のような形に見えますが、どうでしょう。

 170812_11
 温室2階、コチョウランやクルクマと一緒に見られます。

【サガリバナ】 サガリバナ科 バーリングトニア属
 東南アジアから、太平洋諸島に分布する植物です。熱帯では日陰樹や防風樹として栽培します。花は夜に開き、薄赤く色づいて放射状に広がるたくさんの雄しべがなんとも繊細です。朝早く見ると、まだ咲いている状態の花が見られることがありますが、午前中の早い時間にはほとんど落ちます。当館のものは木が小さいため、花自体が少なく、見やすい場所で咲くことがまれです。今回は下のほうの枝に花がついたので、機会があればぜひご覧ください。
 170812_13

 170812_14
 温室2階で見られます。タコノキやタビビトノキの近くです。

 170812_15
 自生地では落ちた花が川に流れる様子を楽しむということから、近くに水盆を置いて落ちた花が浮かぶように展示しています。

 
 
[前庭]
 夏の花々が花壇を彩っています。ヒマワリも咲きそろってきました。
 170812_16

 170812_17
 大人の背丈には届かない小さめのヒマワリですが、2000本ほど植わった花壇で見ごろとなっています。
 「モネパレット」という品種で、いろいろな色の花が楽しめます。



[脇庭]
 脇庭は建物横にある通路沿いの花壇です。宿根草や低木などを植栽しています。

【ソラナム ラントネッティー】 ナス科 ソラナム属
 原産は南米のアルゼンチンからパラグアイです。2mほどになる低木で、鮮やかな紫色の2.5cmほどの花をたくさんつけます。ナスと同属のため、花のつくりがよく似ていて面白いです。
 170812_19
 
 170812_18
 夏の間は、花の色よりも葉の緑色がよく目立ちます。



[ローズガーデン]
 まもなく夏のバラの剪定を行う予定です。現在は宿根草が元気に咲いています。
 170812_20

1708003 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月8日)

 皆様、こんにちは。三陽ミュージアムの8月8日~8月13日の予定をご案内します。

 三陽ミュージアムでは、フェア「トロピカルパラダイス」を開催中です。「フローラルアドベンチャーガーデン」というテーマでアトリウム花壇の展示を行っています。
 観葉植物や多肉植物を使用し、冒険をしている気分になるような花壇をお楽しみいただけます。

 現在、夏休みの特別企画で、開館日の9時半から16時までに入館した小学生に、プール入場券のプレゼントがあります!たくさんの皆様のお越しをお待ちしております。

 また、夏休み期間は館内で植物を探すゲーム「フラワーハンター」を開催中です!この機会に、花の名前を覚えて花博士になってみませんか?
 DSCF7930
 
 館内の展示室の展示は、1階の多目的室が食虫植物の展示、2階の市民展示室では絵画展を行っています。

【お知らせ:交通のご案内】
 海浜公園プール開園期間のため、駐車場が混みあう場合があります(特に土・日は朝のうちに満車になることが多いです)。お越しの際は、公共交通機関のご利用をお勧めします。

 
[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、田辺直樹さんによる食虫植物の展示「不思議な食虫植物の世界を知ろう!」を開催しております。
 普段の当館では見られないような珍しい種類もあります。展示室内では、育て方なども相談できますよ!どうぞ、この機会にお越しください。
 DSCF7942

 DSCF7938
  
 

[2階 市民展示室]
 市民展示室では、先週に引き続き柴田信子さんによる絵画展を開催しております。海のイメージの、青色を基調にした作品が多く、夏らしくさわやかな印象を受けます。ごゆっくりお楽しみください。
 DSCF7923

 DSCF7925



[コンサート]
 8月11日にコンサートの予定があります。

 8月11日(金・祝) ハワイアンコンサート 13:30~  出演:サウンズ・アロハ
 会場:三陽ミュージアム 1階 モネサロン前

 
※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。

1708002 三陽ミュージアム 見頃の花【縮小版】(8月4日)

 三陽ミュージアムでは、フェア「トロピカルパラダイス」を開催中です。館内、外庭とも、夏の花々が元気に開花中です!
 館内のアトリウム花壇では、「フローラルアドベンチャーガーデン」というテーマで、南国の島やジャングルを冒険するような気分で楽しめる花壇の展示をしています。
 また、夏休みの催しで「フラワーハンター」という植物を探して名前を覚えるゲームを館内で実施中。ぜひチャレンジしてみてください!

 それでは今回は、現在の花壇の様子を中心に、写真でご案内しようと思います。

[前庭]
 前庭の花壇ではマリーゴールドやポーチュラカ、ニチニチソウ、ブルーサルビアなど、夏の1年草が元気に咲き競っています。

 170804_09
 こちらはエントランスにある当館のキャラクター、はなちゃんのトピアリーです。日付の入った看板前で記念撮影できますよ。
 手前に並んだニチニチソウは、千葉大学教育学部附属特別支援学校の中等部の生徒さんが作った苗を栽培しているものです。きれいに育っています。

 170804_10
 今日は曇っているので、ポーチュラカの開きがイマイチですが、とてもカラフルな花壇です。

 170804_11
 館内の屋上ウッドデッキから見下ろすと、花壇が模様になっているのが見えます。夏の花壇は柑橘の果実をイメージしたデザインです。

 170804_12
 ヒマワリの花壇はあと1週間ほど、と前回の記事でご案内しましたが、咲き揃うにはもう少しかかりそうです。


 
[アトリウムフラワーガーデン]
 170804_01
 エントランスの風除室には大きな宝箱。でも中身は宝物ではなく、貝殻や草花です。

 170804_02
 入ってすぐの花壇は、乾燥地の植物を中心に植栽しています。流木の大きな帆船には乗ることができ、お子様に好評です。

 170804_03
 アトリウム中央の花壇は熱帯ジャングルのような、シダ植物や観葉植物が中心になった花壇です。石造りの洞窟があります。



[中庭]
 170804_05
 中庭では宿根草を中心に、花がたくさん咲いています。この時期大きな花よりも細かい花が多いですが、色あざやかです。

 170804_06
 中庭の一角では、ベニカノコユリが咲いています。

[植物企画展]
 中庭の建物沿いで、「グリーンカーテン見本展」を開催しています。
 170804_04
 花が咲くもの、実がなるものなど、つる植物でグリーンカーテンを作成中です。ここのほかに、光庭でも違うつる植物でグリーンカーテンを作成していますので、あわせてご覧ください。 
 

 
[温室]
 170804_07
 熱帯、亜熱帯の植物が茂る温室は、1階から2階に階段で上がるつくりになっています。2階の中心はランの花壇。ランのほかにも咲いている花がありますので、ごゆっくりご覧ください。
 なお、この時期温室は蚊が多く飛びます。当館の入り口にある受付に虫よけをご用意していますので、お気軽にご利用ください。

 

[ベランダガーデン]
 170804_08
 夏の花々を使った寄せ植えを展示しています。もりもりと元気に育っています。
ギャラリー
  • 1708007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月22日)
  • 1708007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月22日)
  • 1708007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月22日)
  • 1708007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月22日)
  • 1708007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月22日)
  • 1708007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月22日)
  • 1708007 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (8月22日)
  • 1708006 三陽ミュージアム 見頃の花(8月19日)
  • 1708006 三陽ミュージアム 見頃の花(8月19日)