過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1409011 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (9月22日)

 皆様こんにちは。三陽ミュージアムの、9月23日~9月28日の予定をお知らせします。

 三陽ミュージアムでは、フェア「コスモスまつり」を開催しています。前庭花壇のコスモスはちょうど見ごろ。そのほか、サルビア類など秋の花々も大変きれいに咲いていますので、どうぞ秋の散策をお楽しみください。
 館内ではハロウィンの飾り付けや、秋の花々の花壇がお楽しみいただけます。魔女などの仮装が楽しめるコーナーもありますので、どうぞご利用ください。
 
 DSCF3387
 
 DSCF3388
 変身して、記念撮影はいかがでしょうか♪


 
 館内・展示室での展示は、1階多目的室が粘土クラフトの展示を、2階展示室は水彩画展を行っています。


[1階 多目的室]
 館内1階の多目的室では、クレイサロンM&M
による粘土クラフトの展示「粘土クラフトの世界 フラワー&スイーツ」を開催しております。

 1_1
 粘土でできた繊細な花がいっぱいです。

 1_2
 本物と見紛う、おいしそうなタルトやケーキも。
 
  

 
[2階 市民展示室]
 市民展示室では、彩による
水彩画展「花・風景・静物」を開催しております。 
 2_2

 2


  
[コンサート]
 9月23日に、コンサートを予定しています。 

 9月23日(火・祝) ガールズポップコンサート
   13:00~  演奏:門西 恋

   14:00~  演奏:小野亜里沙
   15:00~  演奏:上村 叶恵
 
 会場:三陽ミュージアム1階 モネサロン前

 ※コンサートは、特別なチケットなどはいらず、入館していただければどなたでもご覧いただけます。

1409009 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(9月18日)

みなさんこんにちは

今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します


【サルビア・ミクロフィラ/シソ科】 200円
「チェリーセージ」の名で知られます
鮮やかな緋色がきれいな非常に丈夫で育てやすい宿根草です
葉は軽くもむと甘い香りがします
またアブラムシを避ける効果もあると言われています
 
 戸外の日当たりで育てましょう
 水やりは表土が乾いてから与えます
  地植えの場合は夏のよっぽど乾燥する時以外は与えなくても大丈夫です
 夏前に一度切り戻しをすると、秋にまた咲きます
DSC07455 (640x425)
DSC07459 (640x425)
(入口ちかくにて販売中)


【ポットマム/キク科】 400円
秋の代表的な花のひとつ、キクが入荷しました!
つぼみがたくさんついていて、一度に咲く姿はとても見事です

 一年を通して、日当たりと風通しのよい戸外で育てます
 水やりは表土が乾いたら与えます
 花がらはこまめに摘み取りましょう
 春に切り戻しをすると、草丈を低めに仕立てることができます
DSC07450 (640x425)
DSC07451 (640x425)
(入口ちかくにて販売中)


【ガーデンシクラメン/サクラソウ科】 300円
一足早く、ガーデンシクラメンの登場です!
ガーデンシクラメンは耐寒性のある原種のシクラメンをもとに作られたコンパクトサイズのシクラメンで、戸外でも楽しむことができるのが魅力です

 日当たりで管理します
 水やりは表土が乾いたらたっぷり与えます
  水やりの際、花やつぼみに水がかからないように葉の下から株元に与えましょう
 花がらや黄色くなってしまった葉は、元からひねるようにしてそっととります
DSC07463 (640x425)
DSC07466 (640x425)
(売店入口左手にて販売中)


続いて鴨川産レモンを使った商品をご紹介します

防腐剤を使用していませんので、安心してお召し上がりいただけます
レモンにはポリフェノールやリモネンなどの健康成分が含まれています
冬でも花が咲く温かな南房総の鴨川で作られた鴨川産レモンを100%使用した商品です

【レモンマーマレード】 540円
レモンの酸味と甘味のバランスが良く、刻まれた皮の食感がお楽しみいただけます
DSC07488 (640x425)


【レモン酢ドレッシング】 490円
添加物を使用していないので、しぼりたての風味です
サラダはもちろん、味付けや下ごしらえなど毎日のお料理に使いやすくなっています

(※こちらのドレッシングは、完売まで残りわずかとなっておりますのでお早めにどうぞ)
DSC07490 (640x425)

【レモンゴーフレット】 380円
風味豊かなレモンクリームをはさんだゴーフレットです
DSC07493 (640x425)

(売店入ってすぐ左手にて販売中)
DSC07468 (640x425)


商品は全て税込価格表示となっております
いずれも売り切れの際はご了承ください

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにおたずねください
ご来店をお待ちしております

1409009 三陽ミュージアム 見頃の花 (9月18日)

 三陽ミュージアムでは、現在フェア「コスモスまつり」を開催しております。前庭では、2000株ほどのコスモスが見ごろを迎えているほか、館内では、変わった種類のコスモスが見られる植物企画展「コスモス展」を光庭で行っております。また、館内2階のベランダガーデンでは、今週から「コリウス展」が始まり、カラフルな葉が特徴の、秋の観葉植物、コリウスを30種ほど展示しています。

 館内、アトリウム花壇では、今週からテーマが変わり、「ハーベストフェスティバル」になりました。ハロウィンのカボチャや木の実などがふんだんに使われた、秋の花々の花壇をお楽しみいただけます。

 一気に秋へと模様替えした三陽ミュージアムで、どうぞ楽しいひとときをお過ごしください。


[前庭]
 前庭では、噴水の周りの花壇(噴水花壇)のサルビアが咲きそろい、コスモスと共に花壇全体が見ごろになってきました。秋の花壇は、暖色を使った温かみのあるデザインです。
 
 140918_01

 コスモスも現在、大変きれいに咲いています。まだ草丈も伸びきらず、現在が一番きれいに見られる時期です。また、当館のコスモス花壇では、ボランティアの方々に花がらを摘んでもらい、できるだけきれいな状態の花壇が見られるよう管理しています。
 140918_02
 種になってしまった花や、傷んだ花を切り取る花がら摘みは、地味ながら大切な作業です。

 【花がらをとる前】
 140918_03
 ↓ ↓ ↓
 【花がらをとった後】
 140918_04
 ご家庭でも、花がらを摘むと、株が長持ちしますし、ずいぶん印象が違って見えますよ。



[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムはハロウィンの飾り付けでいっぱいの花壇です。今回はそれぞれの花壇の写真と、入ってすぐの花壇から、見ごろの花をご紹介しましょう。

 140918_05
 館内に入ってすぐの花壇は、ハロウィンの飾り付けがされた家の玄関です。花壇の中にもカボチャがたくさん。

 140918_06
 玄関の裏側の花壇です。今回は、この花壇からお花を紹介しようと思います。

【カッシア “アンデスの乙女”】 マメ科 カッシア属
 和名はハナセンナ、学名は「Cassia corymbosa(カッシア コリンボサ)」といいます。「アンデスの乙女」というのは、流通用の通称ですが、この名前で売られていることが多いです。ブラジル中部から、アルゼンチンが原産の落葉低木で、花が1.5cmほどの黄色い花で、たくさん咲きます。
 140918_08

【ペニセタム “パープルマジェスティ”】 イネ科 ペニセタム属
 以前のブログでは「ミレット」という名前でご紹介しましたが、そちらは通称で、この「ペニセタム」というのは属名です。紫色の花穂が美しいイネ科の植物で、花壇のワンポイントとして活躍中です。今回の花壇では、この種類に限らず、イネ科などの細長い葉や穂を楽しむ花々(グラス類)が多く使われています。
 140918_09

【フォックスフェイス】 ナス科 ソラナム属
 熱帯アメリカが原産の低木で、園芸上では1年草として扱います。和名は「ツノナス」といい、ナスの仲間ですが、食べられません。切り花や、鉢植えとして、実を観賞して楽しみます。「フォックスフェイス(狐の顔)」の名の通りの、おもしろい形の実です。
 140918_10

 140918_11
 アトリウム、その先の花壇ではお城や、収穫物でいっぱいのカボチャの馬車がありますよ!

 140918_11_2
 カボチャの馬車の花壇は、中に入れるようになっています。記念撮影をどうぞ!

 
 このほか、アトリウムのいちばん奥の花壇は、多肉植物を使った小さな村です。
 140918_12
 よく見ると、人や動物がいます。

 

[植物企画展]
[光庭]
 光庭では、植物企画展のコスモス展を開催中。八重咲きなど、たくさんの種類のコスモスを展示しています。
【コスモス “ピンクポップソックス”】 キク科 コスモス属
 草丈は60cmほど、コンパクトなサイズのコスモスです。現在、一重咲きのものが咲いていますが、アネモネ咲きや八重咲きのタネが交じった混合品種です。花の中央の濃いピンク色がかわいいです。
 140918_13

 140918_14



[ベランダガーデン]
 ベランダガーデンでは、10月26日まで、様々な葉の色や形が楽しめる観葉植物、コリウスを展示しています。とてもたくさんの種類が一度に見られ、秋が深まって涼しくなってくると、葉の色が一層鮮やかになるのでおすすめです。
【コリウス “ピンクドロップ”】 シソ科 コリウス属
 枝が横にのび、葉の大きさはやや小さめの「ハンギングタイプ」のコリウスです。明るい葉色の中央部がピンク色になり、とてもキュート。ほかの種類と合わせて寄せ植えににても、とても相性が良いです。
 140918_15

 140918_16
 コリウス展では、30種類以上のコリウスが見られます。これからさらに株が茂ってくると思います。



[キッチンガーデン]
【オクラ “シマオクラ”】 アオイ科 トロロアオイ属
 オクラは、東北アフリカ原産の植物で、「オクラ」の名前も現地語からきています。粘りのある実の部分を食用にします。この「シマ(島)オクラ」は、沖縄地方でよく育てられる品種で、丸みのある葉の形が特徴です。キッチンガーデンではたまに咲いているのが見られ、花は薄黄色のハイビスカスによく似た形の花で、径7~8cm程度です。
 140918_17

 140918_18
 キッチンガーデンでは、夏野菜と冬野菜が同居中です。



[ローズガーデン]
【ヒガンバナ】 ヒガンバナ科 リコリス属
 日本、中国が原産の球根植物です。葉が出る前に花だけ先に咲かせ、毎年、秋のお彼岸の頃に見ごろを迎えます。茎を囲むように、いくつかの花を半球形につけ、花の中から飛び出す雄しべが華やかな印象です。当館で見られるのは赤い花ですが、白花もあります(以前ご紹介したシロバナマンジュシャゲとは別種です)。
 140918_19

 140918_20
 ローズガーデンの、パルコースに近いエリアで見られます。
ギャラリー
  • 1409011 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (9月22日)
  • 1409011 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (9月22日)
  • 1409011 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (9月22日)
  • 1409011 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (9月22日)
  • 1409011 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (9月22日)
  • 1409011 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (9月22日)
  • 1409009 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(9月18日)
  • 1409009 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(9月18日)
  • 1409009 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(9月18日)