過去のブログはこちらhttp://chiba-hanabi.at.webry.info/

1701006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (1月17日)

 皆様、こんにちは。三陽ミュージアムの1月17日~1月22日の予定をご案内します。


 三陽ミュージアムでは、フェア「菜の花まつり」を開催しております。
 前庭の菜の花の花壇では、お正月に合わせるように寒咲きの菜の花2000株ほどがなっております。当館は20周年に合わせ、今年度中(1月~3月)の入館料が、どなたさまも無料となっております。
 公園をお散歩する際など、ぜひ館内にもお立ち寄りくださいませ。
  

 展示室は、1階が手作りのクラフト作品展、2階では写真展を行っています。 

[1階 多目的室]
 館内1階、多目的室では、千葉県森林インストラクター会による「第3回ちばネイチャークラフト展」を開催しております。
 木の実など、自然の素材を使ったクラフト作品をお楽しみください。
 DSCF2987
  
 DSCF2989


 
[2階 市民展示室]
 市民展示室では、佐藤勝彦さんの写真展「果物の花と実の写真展」を開催しております。
 花は見たことがあっても実は見たことのないような植物、またはその逆で果物とその花など、普段はなかなか一緒に目にすることのない、植物の姿をお楽しみください。
 DSCF2998

 DSCF3001

 

[花の里親プロジェクト]
 20周年の特別企画として、当館では毎月20日に展示後の花鉢を差し上げる「花の里親プロジェクト」行ってきました。
 この企画は今月でおしまいとなりますが、今月は1月20日(金)に行います(9:30~配布開始、なくなりしだい終了)。
 今までに植物たちの里親になってくださった皆様、ありがとうございました。どうぞかわいがってやってください。

1701005 三陽ミュージアム 見頃の花(1月13日)

三陽ミュージアムでは、現在フェア「菜の花まつり」を開催しております。屋外花壇の、建物の前に広がる前庭では、寒咲きの菜の花およそ2000株が見ごろとなっています。

 館内のアトリウム花壇は、「フラワーカラーを楽しむガーデン」のテーマで、花壇ごとに色のテーマを決めて、チューリップやプリムラなど、春の花々を中心に植栽した花壇をお楽しみいただけます。
 寒い季節ですが、花が傷みにくいため、花の状態はいつの季節にもまして良いです。館内は暖房も入って暖かくなっておりますので、どうぞごゆっくりご覧ください。

[アトリウムフラワーガーデン]
 アトリウムは、花壇の様子を写真でご紹介します。
 170113_01
 アトリウム中央の花壇は、パステルカラーの色調でまとまっています。ふんわりと、優しい色味の花壇です。 

 170113_02
 チューリップやマーガレットなど、季節を先取りした花々でいっぱいです。

 170113_03
 こちらは黄色い花がメインになった花壇です。

 170113_04
 赤をテーマにした花壇もあります。それぞれ、植わっている花の組み合わせなども楽しみください。

 170113_05



[光庭]
【クリスマスローズ】 キンポウゲ科 ヘレボルス属
 現在光庭で見られるのが、本来の「クリスマスローズ」、「ヘレボルス・ニゲル(Helleborus niger)」です。日本でこの名前で知られる同じ属の交配種に比べると、花はうつむかず、前を向いて咲きます。草丈は20~30cmで花期は冬。色は白です。
 170113_06

 170113_07
 エゴノキの根元で咲いています。



[中庭]
 中庭では、冬の花々が見られます。温室内の花でも、中庭からの方が見やすいものがありますので、ぜひお立ち寄りください。
 170113_08



[温室]
【ウコンラッパバナ】 ナス科 ソランドラ属
 大人の手のひらほどの大きさがある、ラッパ型の花です。つぼみも大きく、握りこぶしほどの大きさで、つやがあります。花は開くと真ん中に茶色のすじが入り、時間が経つと花色の黄色が濃くなります。花は2日ほどで咲き終わります。写真は咲き始めたばかりの花です。中庭の窓越しによく見えます。まだつぼみがたくさんついていますので、お越しの際は探してみてください。
 170113_09

【チランジア ブルボサ】 パイナップル科 チランジア属
 チランジアの仲間は他の植物に着生する種類が多く、土がなくても育つところからエアープランツと呼ばれます。温室2階にはこのエアープランツをたくさん展示している棚がありますが、現在ブルボサという種類が花をつけました。株元が丸く膨らむのが特徴の種類で、赤く色づいた葉の間から、赤い苞と紫色の花が飛び出しています。葉の形も花も独特です。
 170113_10

 170113_11
 チランジアの棚の左下で見られます。

 なお、温室2階では青い色が美しい「タビビトノキの種」を展示しております。1階のあずまやでも終わったあとの花を展示しておりますが、2階の方が種は見やすくなっておりますので、おすすめです。
 170113_12



【オオベニゴウカン】 マメ科 カリアンドラ属
 ボリビア原産。赤い半球形の花が美しい花木で、当館では毎年1月ごろに開花します。花のよく目立つ赤い部分は、雄しべの集合です。学名の「カリアンドラ」も、ギリシア語の「美しい」と「雄しべ」から来ており、その花にちなんでいます。次々に花開き、しばらくの間楽しめます。
 170113_13

 170113_14



[前庭]
 前庭では、現在の主役、寒咲きハナナ(早咲きの菜の花)が見ごろになっています。咲きながら伸びていく菜の花は、脇から次々に花芽を伸ばし、長い間花が楽しめます。2000株という数は、花壇の大きさとしては決して大きくないのですが、工夫次第では広~い菜の花畑にいるような写真も撮れますので、お試しください。
 170113_15

 前庭からは、群れ咲く菜の花とともに見ごろを迎えている花木をご紹介しましょう。
【ギョリュウバイ】 フトモモ科 レプトスペルマム属
 ニュージーランドが原産で、冬から初夏まで、長い期間にわたって開花する花木です。大きく育つと、5mほどになります。花の径は1cmほどと小さいのですが、よく見ると八重咲きでとてもかわいらしい花です。前庭では赤とピンクの混植をしています。花後に剪定をして形を整えると良いのですが、いつまでも咲いているので毎年剪定の時期に悩みます。
 170113_17
 赤花の品種
 170113_18
 ピンク色の品種

 170113_16
 大きく育って存在感があります。

1701004 三陽ミュージアム 売店の今週のおすすめ商品(1月12日)

みなさんこんにちは
今週の三陽ミュージアム売店のおすすめ商品をご紹介します

【ファレノプシス(コチョウラン)/ラン科】(小)1510円、(中)2160円、(大)6480円
花もちが良く、1か月ほどお花が楽しめるコチョウランです
贈り物で人気のランですが、リーズナブルな価格ですのでこの機会にぜひご自宅で栽培を楽しんでみてはいかがでしょうか
(※ラッピング包装はできませんので、あらかじめご了承ください)

 寒さに弱いので、冬は室内で管理します
  春から秋の気温が保てる時期は屋外に出しますが、
  直射日光に当てないように気をつけましょう
 水やりは水苔が乾いたらたっぷりと与えます
  冬は控えめにしましょう
 肥料は初夏から秋にかけて、あたらしい根が伸びてきたら
  水やり代わりに液体肥料を与えると良いでしょう
 花が終わったら花茎を切ります
  このとき、2、3節残して切ると、二番花が楽しめるかもしれません
 植替えは2~3年に1度、あたらしい植え込み材料で植え替えます
  5~7月ごろが適期です
DSC00922 (640x425)
こちらは白に赤リップの紅白が美しい「モナリザ」という品種のランです
3本立で、豪華な印象です

DSC00926 (640x425)
DSC00924 (640x425)

DSC00928 (640x425)
(売店入口左側にて販売中)


早春にほかの植物に先駆けて咲くプリムラが各種入荷しています
【プリムラ・ジュリアン/サクラソウ科】 220円
早春を彩るプリムラの中でも、特に花色が豊富に揃うジュリアンです
コンパクトで、寄せ植え花材としても人気があります

 日当たりの良い場所で育てます
  寒さには比較的強いですが、寒風や霜の当たらない場所で管理しましょう
  寒さの厳しいこの時期に購入した株は、寒さに抵抗がないので、
  いきなり戸外に出すと枯れてしまうことがありますので注意が必要です
 水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えます
  水やりの際は、葉や花にかけないように注意しましょう
 花がらはこまめにつみましょう
DSC00908 (640x425)
バラ咲きタイプもあります
DSC00910 (640x425)


【プリムラ・ポリアンサ/サクラソウ科】 320円
ジュリアンと同じヨーロッパ地域の原種を元に育成されたプリムラで、ジュリアンに比べて花や葉も一回り大きいタイプです

 育て方は、ジュリアンと同じです
DSC00916 (640x425)


【プリムラ・マラコイデス/サクラソウ科】
 220円
マラコイデスは花茎の先に小さな花を多数つける可憐な印象のプリムラです
株全体に白い粉がつくことから「化粧桜」の和名があります

 日当たりの良い場所で育てます
  プリムラのなかではやや寒さに弱い方なので、今の寒い時期は室内で管理する
  と良いでしょう  日中は軒下かベランダでたっぷり日に当てましょう
  夏の高温多湿が苦手で、日本では一年草扱いとなりますが、
  こぼれだねで出てくることもあります
 水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えます
  水やりの際は、葉や花にかけないように注意しましょう
 花がらはこまめにつみましょう
DSC00912 (640x425)
DSC00914 (640x425)

DSC00918 (640x425)
(売店入口右側にて販売中)


【お楽しみ袋】 2160円
お楽しみ袋が残り4点となりました
ディフューザーやトレイなど、オシャレな雑貨が10点以上入っています
中が見られるので、お好みのセットを探してみてくださいね
DSC00929 (640x425)
DSC00930 (640x425)
DSC00931 (640x425)


【ストール】 1300円
寒い時期にも、おしゃれを楽しみたい方にぴったりのストールです
ポリエステル100%で肌触りがとても良いです
ベージュとネイビーとブラウンと3色あります
DSC00934 (640x425)
巻き方でそれぞれでいろんな楽しみ方ができます♪
DSC00932 (640x425)
(売店内柱近くにて販売中)



いずれも売り切れの際はご了承ください
(鉢花以外は再入荷いたします)

商品はいずれも税込価格で表示をしています

掲載中の商品に関しましてはお気軽に売店スタッフにお尋ねください

ご来店をお待ちしております  
ギャラリー
  • 1701006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (1月17日)
  • 1701006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (1月17日)
  • 1701006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (1月17日)
  • 1701006 三陽ミュージアム 今週の展示・イベント (1月17日)
  • 1701005 三陽ミュージアム 見頃の花(1月13日)
  • 1701005 三陽ミュージアム 見頃の花(1月13日)
  • 1701005 三陽ミュージアム 見頃の花(1月13日)
  • 1701005 三陽ミュージアム 見頃の花(1月13日)
  • 1701005 三陽ミュージアム 見頃の花(1月13日)